競馬

2018年 マイラーズC フローラS 福島牝馬S 回覧 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はいつもの縦目に加えて紐抜けも追加されました(´・ω・`)

マイラーズC

ロジクライの評価を下げたまではよかったですが、それ以上にヤングマンパワーが沈みました(´・ω・`)
正直、今までの成績で考えても上位3頭はともかく他のメンバーにここまで負ける馬ではないはずなので、喉の手術の影響があったのかなという気はします。
一応敗因はこの線を本線で考え、能力落ちも視野に入れながら考えたいです。

ロジクライはペースが速かったとも言えますがやはり根本的に能力が足りなかったと。
ベルキャニオンにも最終的には競り負けているので、単純に川田騎手が無理にハナを奪いいったことだけが敗因ではないと思います。
ただ、上位3頭との実力差はハッキリしたと思いますが、4着以下の馬達の中では上位かなと思えるくらいには粘っています。
安田記念に向かわず、ローカルG3に向かうようなら積極的にねらっていいかなと思います。

勝ったサングレーザーは「マイル4歳世代ではペルシアンナイトと並んでツートップだよな」と確認できた内容でした。
モズアスコットも決して弱い馬ではないと思いますが、G1で勝ち切れるかというと少し力が足らないかなと思います。
上位に来るだけの力はあると思うので展開次第では勝つと思いますが、現状ではやはり一枚評価は下げざるを得ないです。
ただ、本番で一つ利点があるとすれば、スタートと位置取りです。
今回のスタートはかなり良く位置取りも理想的といえる位置でした。
エアスピネルもスタートが良いですが今回の競馬を見る限り、安田記念では昨年同様後方の競馬をする可能性が高いと思います。
スワーヴリチャードもスタートが良い馬ではないので、後ろに有力馬が固まる可能性が高いです。
それを考えるとこの馬に本命を打つのも面白いかなと現状は思っていますが、あとは本番での人気次第ですね。

3着のエアスピネルは中山記念の回避での一頓挫の影響があったのか、暑さの影響があったのか、分かりません。
正直能力的にはサングレーザーと見劣らないと思っているので個人的にこの負けはあまり気にしないです。
ただ、昨年の安田記念のような位置取りになると買い辛いなというのが正直なところです。

9着のブラックムーンもここまで負ける馬ではないはずです。
ただ、最強競馬ブログランキングのコメントでも言ったようにこの馬は関屋記念の敗因が暑さの影響だったはずです。
今日の気温は30度までいかなかったですが、関屋記念の敗因コメントが真実ならそれなりの影響はあったはずです。
外を回る競馬でしたが、同じような位置取りにいたガルバルディにここまで差が離される馬ではないはずです。
これから基本夏場は無視しようと思います。

–スポンサードリンク–

フローラS

こちらは正直直線向いた時は「もろた」と思ったのですが、パイオニアバイオがノームコアに競り勝ちました。
未勝利上がりは基本人気し辛いので全くノーマークだったわけではないですが、展開利がないと厳しいだろうなと思っていました。
ポジション取りはともかくかなり外々を回されるだろうなと思いましたし、能力もノームコア、サトノワルキューレ、サラキア、レッドベルローズあたりはもちろん他の馬と見比べても劣るだろうなというところがありました。
この馬を買うならラブラブラブかオスカールビーあたりを買おうと思ったくらいです。
しかし、今回のレースはかなり強い内容です。
サトノワルキューレには流石に劣ると思いますが、着順通りの評価はしていいかなと。
オークスでどの馬を本命にするかによりますが、ラッキーライラックを本命にするなら買い目には入れる可能性が高いです。

本命のノームコアは3着。
内容的にはパイオニアバイオに完敗といっていいと思います。
大外枠だったとはいえ、展開やコース取りはノームコアに利がありました。
逆転が不可能というレベルではないと思いますが、パイオニアバイオは未勝利戦から明らかに成長しているのでさらに差を広げられる可能性の方が高そうです。

勝ったのはサトノワルキューレでした。
あの競馬で勝たれるならしょうがないかな、ですかね。
ほぼ予想通りの競馬でした。
単純に能力が抜けていたという評価でいいと思います。
おそらく本番では2番人気か3番人気になると思いますが、昨年のアドミラブルを思い出すのは私だけでしょうか。

4着のサラキアは出負けして後方からです。
これも仕方ないです。
直線での進路も比較的マシだったと思いますが、まぁスムーズとは言えなかったです。
出遅れなかったら2着はあったと思いますが、このレース振りだと出遅れた時点で上位3頭には勝てなかったかなと思います。

ちょっと注目してたレッドベルローズは7着。
スタート直後は良いポジションが取れましたが、外に寄れたようで徐々にポジションが下がっていきました。
直線では十分に見どころがあったと思うので評価はあまり落ちないですね。

もう一頭の注目してたノーブルカリナンは大きく馬体重を減らしていました。
さらには落鉄もあり、1コーナーで不利を受けていました。
直線では一瞬「おっ」と思わせるところがあったので体を戻してきてたて直してほしいですね。

あとはウスベニノキミも注目しておきたいです。
この馬も1コーナーで不利を受け、直線でもあまりスムーズではなかったです。
直線でも顔が横を向いてあまり真面目に走ってるようには見えません。
秋になったら面白い存在になってる可能性もあるかなと思います。

–スポンサードリンク–

福島牝馬S

カワキタエンカさん、侮ってごめんなさいm(_ _)m
最近謝ってばかりのような気がします。

ただ、それくらいカワキタエンカは強かったです。
前、内の馬が軒並み沈んでる中、カワキタエンカだけが逃げ粘ります。
さらに言えば、トーセンビクトリーとデンコウアンジュに早めに並びかけられてそのまま沈んでもおかしくない展開でした。
しかし、その2頭を差し返し2着まで粘ります。
内が伸びない、前がほとんど沈む流れ、そういう事を考えるとかなり強い内容です。
消した理由の不利をほとんど受けているはずなのに2着に粘ったのは侮ってごめんさないという他ありません。

ヴィクトリアマイルはアエロリットがいるので難しいところではありますが、それでも安易に消せない馬かなと思います。
というより本命にする可能性すらあります。
今のところ買いたい馬がアエロリット、リスグラシュー、レーヌミノル、そしてカワキタエンカです。
そして、本命候補がリスグラシュー、レーヌミノルに加えてカワキタエンカまで追加されました。
いやぁ4歳馬強くて困ります(

勝ったキンショーユキヒメはようやく重賞勝ったかというところですね。
デイジー賞を勝ったあたりから注目して秋華賞でも本命にしてたくらいには追っていた馬です。
昨年はちょっと足りないかなと思っていましたが、今年になってまた力を付けてきたかなと思います。
正直、このレースはカワキタエンカの強さが際立ったレースなのでヴィクトリアマイルでは厳しいと思いますが、これからも注目しておきたいです。

3着にはデンコウアンジュ。
うーん、まさか蛯名騎手がこういう乗り方をするとはいったところですね。
正直、今回のレースのイメージはデンコウアンジュとキンショーユキヒメのレース運びは全くの逆でした。
昨年と似たような負けなので評価自体落とす必要はないと思います。
ただ、賞金面でヴィクトリアマイルにでるのは厳しそうですね。

最強競馬ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメント

  1. くま子 より:

    お疲れ様です♪

    キンショーユキヒメ本命はお見事でした。
    VMは有力所が差しが多そうなので
    あえてカワキタ、ジュールの前残りに期待したい所存です。

    マイラーズはヤングマン祭りに期待したのですが
    コメントだと高速馬場が良くなかったとありました。
    安田記念もスワーヴが早めに捲ってくると
    フローラみたいに先行の馬が恵まれるのかな?と
    安易に予想してます( *´艸`)

    1. レコ より:

      紐抜けでしたけどね(
      カワキタエンカには期待したいですがノリさんアエロリットが怖いです(白目

      道場ではヤングマン祭りでしたねwww
      関屋記念でも高速馬場だったので高速馬場が影響というよりは、休み明けでという方が本筋かなと私はレース後コメント見て思いましたね。

      安田記念はロゴタイプみたいな安田記念になる可能性は十分にありそうですよね。

コメントを残す

*