競馬

2018年 フィリーズR 金鯱賞 中山牝馬S 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリーズR

私のレースは1秒で終了しました(白目
まぁ落馬はしょうがないです。そういうリスクはやっぱりあるもんですからね。
ただ、能力が物差しが分からないので次回ちょっと困りそうです。

レースは大方の予想通り差し決着でした。
リバティハイツが1着になってくれたのでアマルフィコーストが無事だったらという残念さはあります。
リバティハイツが桜花賞に向けてというと、桜花賞で出てくる馬にもよりますが、ペースが上がるようならチャンスありってところですね。
テトラドラグマが回避したのでコーディエライトとラブカンプーがまた一緒に出てくるようならチャンスありだとは思います。
とはいえ、それなりに人気はすると思うので積極的には買わないと思います。

2着にアンコールプリュでした。
まぁ馬券に絡むならスムーズに外に出せた時だけだと思っていたので今回はそういうパターンだったという事で無印にした事にあまり後悔はないです。
ただ、内容的には2番目に強い競馬をしたと思います。他の馬は馬群を捌いてロスなく立ち回ってきたのでロスをしながら回ってきたこの馬は強い競馬をしています。
出遅れ癖があるので桜花賞でも後ろからになるでしょうが、今回のようにスムーズに出せるかどうかがカギかなと。

3着にはデルニエオールでした。
内から捌く馬という意味ではこの馬も候補ではありました。
ただ、騎手はともかく馬が馬群突破をして勝ってきた訳ではないので軽視してしまいました。
桜花賞でも評価しないと思いますが、ここから急激に成長するとかありえそうな気もするので警戒はしておきたいです。
特にハイペースで前目につけた中で最先着という部分は評価しておきたいです。

4着のアンヴァルが一番強い競馬だったと思います。
少し出遅れ気味で最後は内が詰まりながらも追いかけてきました。
もう少しスムーズだったら1着まであったと思います。

モルトアレグロはスタート直後アマルフィコーストにぶつかった影響もありますが、ペースで沈んだかなと。
今回の予想で後悔があるとしたらこの馬に印を打った事ですね。
この馬の変わりにアンコールプリュかデルニエオールに印を打つ選択肢はあったと思います。

–スポンサードリンク–

金鯱賞

金鯱賞はスワーヴリチャードが掛かりながらも最後の直線でサトノノブレスを捉えました。
サトノダイヤモンドが意外というか妥当というかしっかり3着を確保しました。
内容的には昨年の京都記念のマカヒキより良いと思います。

これならサトノダイヤモンドは4歳世代にも負けない、というより古馬世代ではいまだにトップと思っていいかなと思います。

中山牝馬S

こちらはカワキタエンカが逃げきり勝ちを収めました。

調教をどう判断したら良いかが分からなかったので無印にしたのは失敗です。
あとペースを完全に読み違えました。
ただ、それを差し引いてもマキシマムドパリが上位にきていたかは疑問です。
スタートから行き脚が全くついてませんでした。
過去、関東圏の輸送ではオークス以外では体重を大きく減らしており、今回も-8kgと大きく減らしています。
それでも中京への輸送である4歳の愛知杯では-10kgだったところを5歳、6歳では増減がなくなっているので輸送による崩れはあまりないかなと思っていたのが失敗でした。
今回で引退なのでこの反省はあまり意味がないですが、まぁ教訓として覚えておきたいです。

エテルナミノルはスタートで前に付けられず、駄目な場合は10番手くらいになるだろうなと思っていましたがその通りになりました。
スローで内に包まれてどうしようもなかったと思います。

キンショーユキユメも蛯名騎手がゆったりまったり回してきました。
デンコウアンジュのようなイメージで乗る可能性があるかなと思っていましたが、まぁそんな感じです。
L4で11秒台で4つ刻んでいくようなレースが得意な馬なので早めに捲ってこれば普通に馬券圏内だったと思います。
次回も積極的にねらっていきたいです。

最強競馬ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*