パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2018年 スプリングS 阪神大賞典 予想【出遅れ四天王をどう取り扱うか】

投稿日:

スプリングS

馬場状態はフラワーCこそ外差し決着でしたが、カンタービレが内の馬を掃除した結果なのでこのレースだけ特殊と見て以前内を有利と見ます。
レース展開はおそらくエポカドーロが引っ張る展開。コスモイグナーツはハナにこだわる馬ではないですが、積極的に押してはいくのである程度は流れるはずです。
ミドル~ハイペースで見ます。

レース隊列はちょっと読み辛いです。というのもステルヴィオ、カフジバンガード、ゴーフォザサミット、マイネルファンロンのスタートが不安定だからです。

ステルヴィオはダノンプレミアムがいるレースでは常に後方です。サウジアラビアRCではレース後に前に行きたかったといい、朝日杯FSでも道中上げようとするものの詰まっています。
おそらく2L目が速いと駄目だと思うのですが、今回もそれなりに速いエポカドーロがいます。分かりません。

カフジバンガードが常に出遅れます。出遅れなければこうやまき賞のように前にいくような気もしますが、出遅れるかもしれません。分かりません。

ゴーフォザサミットは前走少し行き脚が付かず、挟まれた結果後方になってしまいます。もともとスタートが安定して良い馬ではないです。
マイネルファンロンが出遅れなければ外から被せられて前回の二の舞になるかもしれません。どうなるか分かりません。

マイネルファンロンは前走出遅れました。そもそもそんなスタートも良くはないです。内の3頭があまりスタートが良くないなので出遅れても何とかなるかもしれません。
しかし、内の3頭も出遅れなければ前に行きたい馬です。すんなり内に切り込めるでしょうか。分かりません。

この4頭、全頭スタートが安定しない癖に前に行きたい馬達です。
全くの困ったちゃんです。しかもそこそこ能力は高い馬達です。厄介です。
この馬達は全馬ぶった切りたいですが、これだけ外に固まってると一頭くらいは好位ポジションに付けるはずです。
一頭だけ好スタートを切ったというシチュエーションを除いて取り捨てをやるしかありません。
ただ、大外にライトカラカゼがいるので基本的には評価を下げる方向でいいと思います。

◎ハッピーグリン
〇エポカドーロ
▲バールドバイ
☆ルーカス
△ステルヴィオ
×ゴーフォザサミット
×マイネルファンロン

本命はハッピーグリンにしました。
出遅れ四天王は正直高く評価したくないので基本的は内枠の有力馬から選びたいです。
ハッピーグリンもスタートはそこまで良い方ではありません。正直外の4頭が厄介過ぎたので四天王と呼んだだけです。
ただ、短距離路線を使ってきただけあって中距離ではそこそこスムーズにポジションが取れます。
外にビッグスモーキーがいるのでそれよりは後ろになると思いますが、すぐ内にエポカドーロがいるので極端には悪くならないはずです。
おそらく最悪でもレノヴァールの横か後ろで7~10番手あたりに付けると思います。
ある程度は前は流れると思っているので前過ぎず、後ろ過ぎずで内を回りやすいこの馬に展開が向くはずです。
詰まる等がなければ上位の可能性は高いと見て本命にしました。

対抗にはエポカドーロです。
不安が少ないのはこの馬だと思います。ハッピーグリンとは違い、不利を受ける可能性も少ないはずです。
ただ、オッズ程の信頼度があるかと言われると微妙です。
不安点の一つとしてペースがそこまで速くならない可能性もありますが、コスモイグナーツと競り合うとかなり流れるはずです。
ビッグスモーキーやライトカラカゼよりは前にいきたいという心理が働くとちょっと危ういかなと。
ただそれが起こる可能性はそこまで高くはないと思うので対抗にしました。

単穴にバールドバイです。
一番展開が向くのはこの馬かなと。
内枠で好ポジションを付けられる可能性が高いと思います。
能力的には少し足らないかなとも思うので単穴にしました。

推奨馬にルーカスです。
内枠で好ポジションを付けられそうという理由です。
ただ、正直能力はホープフルS時点ではステルヴィオより2枚くらいは下だと思います。
個人的にはカフジバンガードより若干能力が高いかなというところでこのメンバーの中ではここまで人気になるほどではないと思います。
ただ、枠はいいです。無理に嫌う必要はないとみました。

抑えにステルヴィオにしました。
能力は抜けてるかなと思います。
朝日杯FSでも直線で蓋をされて追い出しが遅くなった中での2着です。ダノンプレミアムと直接戦った中で格付けが明確についていないのはこの馬が筆頭だと思います。
また、この馬は2L目が速いとついていけないだけで今回は1800Mでスタートからついていける可能性があります。
正直皐月賞よりダービーの方が面白いんじゃないと思ってます。ロードカナロア産駒ですけど。
外の4頭の中では一番マシと見て抑えにしました。

入着アリにゴーフォザサミットとマイネルファンロン

最強競馬ブログランキングではカフジバンガードを切った理由を書いてます。

--スポンサードリンク--

阪神大賞典

◎カレンミロティック
〇レインボーライン
▲サトノクロニクル
☆アルバート
△クリンチャー

こちらも正直あまり買いたくないレースです。
クリンチャーは単純に人気し過ぎ、アルバートは福永騎手に乗り変わりでどうか、サトノクロニクルは単純に能力が一枚下じゃないかな、レインボーラインは有馬記念で前にいこうとしなかったのが気になる。といったところです。
という事で思い切って穴から攻めます。

本命はカレンミロティック。
アルゼンチン共和国杯は正直少し物足りないですが、京都大賞典は直線で不利を受けました。
前に馬を1~2頭おきたいこの馬にとってヤマカツライデンやトミケンスラーヴァの存在はありがたいはずです。
また今回は調教も良いようです。
十分に可能性はあるとみました。

対抗にはレインボーラインです。
ジャパンカップでは後ろ過ぎたというコメントがあったので有馬記念ではある程度前に出していくと思いましたが出していきませんでした。
もともと行く気がなかったように見えます。
ただ、もしポジションを取りにいくようなら面白いかなと思うので対抗にします。

単穴にサトノクロニクルにしました。
能力的には一枚落ちるかなとは思いますが、AJCCや日経新春杯クラスのG2レベルなら通用すると思ってる馬でもあります。
今回はそれよりは若干レベルは高いと思いますが、戦えるメンバーではあると思います。
距離適性があるようなら面白いかなと。

推奨馬にアルバートです。
素直に見ればこの馬なんですが、乗り変わりが若干気になります。
レインボーラインやシュヴァルグランのレースから長距離はそれなりに評価してる騎手ですが、この馬はもともとお手馬でした。
変に追い出しが遅くなるとこの馬の持ち味が活きない可能性も高いので評価はここまで。

抑えにクリンチャーです。
人気を考えれば切っても良かったですが、他に買いたい馬もいません。
人気薄のカレンミロティックを本命にしてるので抑えても問題ないはずです。

最強競馬ブログランキング

--スポンサードリンク--

沈丁花賞

本命はマッスルマサムネ。
出遅れ癖があるので信頼し辛いところはあるが、500万条件は突破できる力はあるはず。
単勝は売れているが、おそらく20倍は付くはず。
まともにレースができるまでは狙ってみたい。

スポンサードリンク

-競馬
-,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.