競馬

2018年 クイーンC 予想【重箱の隅をつついてみたが逆らう理由はなかった】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クイーンC

馬場状態は見る感じでは内外差はないといった感じでしたが、前の方が止まらない感じでした。
如何にコースロスなく回れるかが重要になりそうです。

◎ツヅミモン
〇マウレア
▲ハトホル
☆ナラトゥリス
△テトラドラグマ
×ライレローズ
×アルーシャ

色々ほじくり回して考えて見ましたがツヅミモンとマウレアはあまり逆らう理由がありませんでした。
まずポジション取りでどうなるか考えましたが、マウレアがアルーシャより後ろになる可能性は低いかなと。アルーシャのスタートはそこまで良くありませんし、ポジション的にはマウレアの方が前に行けるはずです。
問題はライレローズの動きでこの馬がゲートから出ていくかどうかですね。
出ていけば、ツヅミモンから2列後ろになる可能性はあるかなと。ただ、ライレローズが逃げて、ツヅミモン→マウレアと続くパターンもあるのでライレローズがスタートでポジションを取りにいってもそこまで影響ない可能性もあります。まぁどちらにせよアルーシャより後ろになる可能性は低いはずです。

ツヅミモンは変な出遅れでもしない限り1番手か2番手にいるはずです。スタートから反応が良くスッとポジションを付けられます。
よほどの事がない限り変なポジションにはいないはずです。

さらにこの2頭の強みは直線で追い出した時の加速力です。
今回はある程度上がり勝負になると見てるので早めに抜け出せるのは強みです。
粗を探してみましたが他の馬の粗の方が目立つ形になりました。

本命はツヅミモンです。
こちらを上に取ったのは鞍上とオッズ、そして位置取りです。
ぶっちゃけどれもこちらの方が上でした。
鞍上は言わずもがな、オッズは単オッズはともかく複オッズが2倍付近と意外と付いてます。
位置取りもこちらは不安点は少なく、マウレアは若干ツヅミモンよりスムーズにいけない可能性があるかなと思います。
あとは能力の問題でそれに関しては正直マウレアの方が高いかなという気はしますが、シンザン記念のアーモンドアイはラッキーライラックやリリーノーブルよりも上の可能性があると思ってますし、それならツヅミモンも十分に太刀打ちできる可能性はあるかなと。

対抗はマウレアです。
正直上記に上げた三つの理由で対抗に下がっただけです。
戸崎騎手の大へぐりがない限りは大丈夫だと思います。

人気馬2頭を上位に挙げたのでちょっとここからは責めます。

単穴にハトホルにしました。
前走は直線でスムーズに追い出せずに4着でした。
正直スローペースの上がり勝負で突っ込んでくると思いませんでした。
直線もスムーズではなかったでしたし、フェアリーSのレベルがそこまで高くないと見てもこのメンバーならそう大差はないと思います。
ある程度は上がり勝負になると思っていて、内を突けばチャンスはあるはずです。
外を回ったらノーチャンスだと思っていて吉田隼騎手が外を回す騎乗しかしてないので内を突くのは正直5回に1回あればいいかなと思いますが、思った以上に人気していないので単穴にしました。

推奨馬にナラトゥリスです。
ハトホル同様、内を突いてくればチャンスはあるはずです。
今回馬券に絡むのは「好位(逃げ)から抜け出してくる馬」か「内から突いてくる馬」だと思ってます。
「好位(逃げ)」の馬はツヅミモンとマウレアでいいので、「内から突いてくる馬」はハトホルとナラトゥリスを抑えておきたいのです。

抑えにテトラドラグマにしました。
前走はちぐはぐした競馬でノーカウントでいいはずです。
前に行く馬の中の抑えとしてこの馬にします。
正直この馬が連に絡むとなるとツヅミモンよりマウレアの方が濃いかなという事で抑え評価にしました。

入着アリにライレローズとアルーシャ

最強競馬ブログランキングではオハナについてコメントしています。

クイーンC:馬体重の調整が微妙だったようで少なくとも前日予想では評価しない。あまり減っていないようなら買い目には入れると思う。

–スポンサードリンク–

雲雀S

本命はロワアブソリュー。
近2走は少し不甲斐ない競馬が続いていますが左回りに戻れば2走前くらいの走りはできるはずです。
もともと重賞でも活躍していましたし、1600万条件でも好走していた馬。
ムーア騎手で多少は人気になるかもしれませんがここは狙っても大丈夫かなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*