パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2017年 阪神JF 予想

投稿日:

中日新聞杯は先週、中京で開催が行われていたのになぜか開幕週と勘違いして昨年の馬場を例に取ってしまいました。
単なるど忘れですが、クソ的外れな予想をしていたと思います。
まぁそこまで影響が大きかったかというとそうではないんですけどね。

今週はちゃんと昨日の馬場チェックで。
馬場状態は内外差はあまりない感じですが、あまり後方からだと前が止まらないので少し厳しいかなといった感じです。
気持ち前有利程度でそこまで大きな差は出ないと見ます。

レースはサヤカチャンかラスエモーショネスがいく形でしょうかね。
内枠に先行馬が揃っている感じでコーディエライトはそこまで前にいくのかどうかというところ。
ただ、スタートから先頭に取り付けるまでの脚は速いのでそこまで後方にはならないはずです。どんなに後ろでも3番手といったところでしょうか。
ペース自体はサヤカチャン、ラスエモーショネスが両方ともペースを上げたい感じではないのでミドルよりのスローになる感じですかね。
ロックディスタウンは前に馬を置きたい感じなので、モルトアレグロの後ろ、10番手から15番手あたりでしょうか。
ラッキーライラックは5~7番手あたり。
リリーノーブルが少し読み辛く、ここ2走のスタートの良さならコーディエライトの後ろあたりに付ける可能性も高そうですが、そこまで積極的に前に付ける素振りはないのでもしかしたら10番手あたりになる可能性もあるかなといったところです。ハイヒールがアルテミスSのように出遅れれば、ラッキーライラックと並ぶような形になると思いますがまぁ何とも言えません。

ちょっと今回は本命を決め辛いので人気馬各馬についてオッズの妥当性を検証してみました。

※ロックディスタウン

札幌2歳Sではスタートで少し行きたがる面もあり、前に馬をおかないとまともに力が発揮できない可能性はそれなりにありそう。
コーディエライトの後ろに付けるのは前に壁ができ辛いはずなので少なくともモルトアレグロよりは後ろになる可能性が高い。
モルトアレグロを前に付けてうまく馬群に入れる形になるかなと。
ただ、その場合好位ポジションにつけたリリーノーブルを負かせるかというとそこまでの実力差はないように思える。
スローになった場合にはトーセンブレスとの末脚勝負でも分が悪いようにも見えるのでオッズ程の勝率はないように見える。

※ラッキーライラック

単純にアルテミスSのレベルがどうか?
個人的にアルテミスSではラテュロスの方を評価したいレースではある。
ただ、レース展開的には一番無難に回ってこれる一頭だと思われる。
おそらく能力はほぼ間違いなく発揮できるはず。
あとは足りるかどうか。
ロックディスタウン、トーセンブレスに多少の不利があってもこの馬達に負ける可能性はそれなりに高そうで、コーディエライトより能力が高いか?と言われるとそれも疑問視するところ。
展開面の利はありそうなので大崩れはなさそうだが、勝ち切るまでとなるとオッズ程の信頼度はないように見える。

※リリーノーブル

個人の評価ではこの馬の能力を一番高く評価している。
ハイヒールが出遅れ、4~5番手位置を付ければこの馬が勝つ可能性高そう。
あるとすれば自分が能力評価を見誤ってるくらい。
ただ、課題は位置取り。ハイヒールの出遅れ率は3割程度と見積もる。ハイヒールが出遅れなければ、位置取りは厳しくなりこの馬の勝率はグンと下がる。
詰まる可能性や仕掛けが遅れる可能性はありそう。
出遅れなくても位置を取れる可能性はあるが、ハイヒールが出遅れても位置を取らない可能性もあるのでこのへんは相殺。
6倍前後だと少し足りない感じがある。

※ソシアルクラブ

新馬戦は圧巻の勝ちではあったもののメンバー的にはちょっと疑問レベル。
出遅れ、直線詰まりで着差以上の勝ちであった事には間違いない。
能力を図るにはちょっと材料が足らない。
おそらく後方からなのでこの馬自身の能力は発揮できるはず。
ただ、トーセンブレスと比べるとトーセンブレスの方を評価したい馬ではある。
前述の3頭に比べると足らないという感じ。

※マウレア

この馬もラッキーライラック同様、単純に力的にどうかという面がある。
また、位置取りも後方になる可能性が高い。
能力はもしかしたら見誤ってる可能性があるが人気馬の中では一番展開が向かないはず。
人気馬の中では一番足らなそう。

人気馬上位5頭だけまとめてみましたが、とりあえずマウレアは切れそうです。
ソシアルクラブはトーセンブレスを本命にするならそれなりの評価という感じで、ラッキーライラックは3連複系の軸なら、ロックディスタウンは単系の本命にするのには心もとないが切るまでは流石に無謀かなといった感じです。
本命にするならリリーノーブルですが、位置取りの不安がある以上そこまで高い信頼度はおけなさそう。10倍くらいついてくれれば本命で良かったと思いますが、一桁台だと流石に厳しいかなといったところ。

他に注目馬と思ってる2頭についても少し触れておきます。

※トーセンブレス

新馬戦は圧巻。
出遅れ癖に難ありで前走はそれもあっての負けのように見える。
クラシックに乗れる器だとは思うので単純な能力比較ならオッズは過小評価に見える。
展開面もスローになる可能性が高く、上がり勝負ならこの馬に一番分があるはず。
ただ、大外を回る事になると思うのでそこはマイナス。
外を回ってロックディスタウンを負かせるかとなると4:6くらいで若干分が悪いと見る。

※コーディエライト

大外枠だが位置取りはそこまで苦労しないはず。
モルトアレグロは前に付ける馬だが積極的に位置を取りにいかない馬なので譲るはず。
外枠で若干の不利はあれど、不利などで能力を発揮できないという事はない。
あとは力関係だけ。
展開利があれば、ロックディスタウン、リリーノーブルにも勝てると思うが圧倒的有利という訳ではなさそうなのでそこまでは見込めないか。

本命はコーディエライトにしました。
正直どの馬も一長一短で取り捨ては難しかったです。
この馬は最上位に評価したのは脚質的な面もありますが、前走が明らかに万全ではなかったからです
発汗がひどい状態で休み明けにしてもひどいなと思うような状態でした。
ファンタジーSでは本命にしていたので「ああ、これはやばいかな」と思ったのにしっかりと2着に逃げ粘ります。
この時点で概ね阪神JFの本命はこの馬にしようと思っていた訳ですが、今回の枠とリリーノーブルの存在、さらに加えるとトーセンブレスが思った以上に人気がなかったのでかなり迷う形となりました。
ただ、この馬は「他の人が思っている以上に強い」と思ってもいるのでここはこの馬を本命します。

対抗はリリーノーブルです。
正直位置取りさえ取れればこの馬が一番勝つ可能性は高いと思います。
ただ、その位置取りが今回は難しそうではあるので対抗にしました。

単穴にトーセンブレスです。
あの新馬戦からここまで人気が下がるとは正直思ってませんでした。
ディープ産駒の中ではこの馬が一番手という評価です。
この馬の本命も考えましたが、上位2頭の方を狙いたかったので単穴まで。

推奨馬にロックディスタウンです。
勝率だけで言えば、この馬とリリーノーブルの2トップだとは思っています。
ただ人気程の信頼度はないと見てこの評価にしました。

抑えにラッキーライラックです。
展開面で一番無難に回ってこれそうなので流石に抑えない訳にはいきませんでした。

入着アリにモルトアレグロとソシアルクラブです。
ソシアルクラブは切っても良かったですが他に買いたい馬がいなかったので入着アリの評価。
モルトアレグロは2走前に負けていますがこれはスタートで不利があってのもの。まだ芝の良馬場では底を見せていないので抑えておきたいです。

ラッキーライラックより評価していたラテュロスは乗り変わりがマイナスと見て切りました。

最強競馬ブログランキングでは阪神JFについてコメントしています。

スポンサードリンク

-競馬
-, ,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.