競馬

2017年 関屋記念 エルムS 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関屋記念はマルターズアポジーが自分のペースを作り、楽々と逃げ切りの勝利。
伊達にG1戦線で戦ってきた訳ではありませんね。

マイネルハニーが積極的に前にいかなかったのも大きいかなと思えるレースでした。
この馬がマルターズアポジーを潰しにいかないまでも早めに競り駆けてくると思ったのでマルターズアポジーの評価も下げましたが、こうなるとマルターズアポジーにとって良い展開にはなったかなと。

本命のロードクエストはあの内容で勝てないとなるとちょっと厳しいかなという判断をしないといけないと思います。
マルターズアポジーやウインガニオンに負けるのはまだしも、ダノンプラチナもヤングマンパワーも万全ではなかったでしょうしこれらに負けるのはちょっと上のクラスだと厳しいのかもしれません。

逆にダノンプラチナやヤングマンパワーはこれからに期待が持てる内容です。
ウインガニオンはちょっと甘く見ていました。
あまり人気にはならないと思うのでちょっと次回は積極的に狙ってもいいかなと思います。

トーセンデュークも良い負け方をしてくれたのでメンバーが手薄なところになれば積極的に狙いたいですね。

こちらはロンドンタウンがテイエムジンソクとドリームキラリを差し切り勝利。
地方重賞に続いての重賞勝利ですね。

このレースは内に回った馬が結果的に良かったかなといったところ。
ただ、それでもテイエムジンソクのパフォーマンスというか騎乗はちょっと物足りませんでした。
今回ドリームキラリを切ったのも逃げたドリームキラリをもっと早めに潰すと思ってたところがあるので、そのドリームキラリが残ってロンドンタウンにも差し切られるとなるとうーんという結果です。
決して悪い騎乗ではないのですが、能力を出し切ったというとちょっと疑問かなと思えます。

対抗のコスモカナディアンは速い馬場だとやっぱりちょっと苦しいかなと。
4コーナーの時点ではまだ勝負になる位置取りだったはずです。
多少苦しいところはあったにしろ、もう少し上位に迫れてもおかしくはない位置取りかなと。
まぁその可能性はあったのでしょうがないです。

馬券的には今回も単狙いで外しました。
最近ちょっと馬券が微妙なので主観を多めに入れてますが、それでも微妙ですね。
何とか修正していきたいです。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*