競馬

2017年 菊花賞 有力馬能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュゼエイリアン、ジョーストリクトリは流石にOPクラスの馬かなという評価。

有力馬能力評価ランキング

1位:アルアイン
能力評価:A-

セントライト記念ではちょっと評価を改めないといけないかなとは思う。
少し評価を落とし過ぎていた。
内容的には完敗だが、それ以上に負ける可能性も見ていたのでこれならG1でもやれるかなという事でA-。

2位:キセキ
能力評価:B+

休み明けから2連勝はちょっと力が違うなといったところ。
神戸新聞杯はレイデオロとは力差があるかなといったところ。
少なくともG2クラスはすぐにでも勝てると思うのでB+のまま。

3位:ミッキースワロー
能力評価:B+

セントライト記念はアルアインをほぼ完ぺきに封じての一着。
これくらいは評価しないとまずいかなと思う。
菊花賞で完封するようならもう少し評価を上げても良いかもしれない。

4位:サトノアーサー
能力評価:B

きさらぎ賞、毎日杯を考えるとこのくらいの力はあってもいいはずですが、ダービーではアドミラブルとの力差はくっきり出てしまったかなという馬。
ポジショニング等の不利があったのは考慮できるので着順程の負けでない事は確かですが、G1タイトルまでとなるとちょっと成長が欲しいかなと思う。
神戸新聞杯では掛かった影響もあるので着順程評価を落とす必要はないが、後ろからとなるのが問題か。

5位:ブレスジャーニー
能力評価:B

少なくとも2歳戦まではこの馬とレイデオロ、サトノアーサーの3強だと思うくらいには強かった。
あの当時から順調な成長曲線を描いているという期待込みでのB評価。

6位:サトノクロニクル
能力評価:B

前走は内から抜け出せない状態からの3着。
ラジオNIKKEI賞は状態面の問題なので評価を落とすものではない。
評価は据え置き。

7位:クリンチャー
能力評価:B

能力的にはこれくらいは評価しても良いとは思っている。
ただ、スタートの悪さが問題でここをクリアできるかどうか。
大枠や今回のような長距離戦ならなんとかなるか?

8位:ダンビュライト
能力評価:B-

神戸新聞杯は思った程成長はしてくれなかったかなとは思う。
ただ、G2クラスなら戦えるとも思わせてくれた。
評価は一段階上げてのB-。

9位:プラチナヴォイス
能力評価:C+

少なくとも前走のセントライト記念で能力自体はある事は再確認できた。
ただ、雨駄目、抜け出すと刺さる等気の悪さが目立つ。
まともに走れればこれくらいの力はあるという評価をしてC+。

10位:ベストアプローチ
能力評価:C

青葉賞で少なくともG1で活躍しそうな一級品とは力差があったとは思っている。
ダービーではメイチではなかったはずで、道中の不利も合わせて着順程の評価を落とす必要はない。
前走を見るとG2クラスでは厳しいがG3クラスなら…。

11位:ウインガナドル
能力評価:C-

ラジオNIKKEI賞は恵まれた面がある。
とはいえ新潟記念で4着にきたのは評価しないとまずいかなと。
とはいえ、G3戦線が現状では限度だとは思うが…。

11位:マイスタイル
能力評価:C-

ダービー、弥生賞は横山騎手の好騎乗なので着順程評価は高くしなくても良い。
ただ、そこまで評価を落とす必要もないかなというところ。
神戸新聞杯はあんなものと言えばあんなものなのでG3を今後勝てるかどうかくらいの評価で良い。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*