競馬

2017年 菊花賞 富士S 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは菊花賞。
内伸び、逃げ先行有利と予想した時点で終了です
実際に日曜日の馬場を見るとかなりの外差し馬場でした。
逃げた馬達は4コーナーから徐々に潰れはじめ、失速する馬が多かったです。
6番手までにつけたマイスタイル、アダムバローズ、ウインガナドル、トリコロールブルー、ステッフィリオ、ベストアプローチは下から1~6番目を独占です。
如何に前にいた馬がきつかったレースかという部分でしょう。

そんな中7番手につけたダンビュライトが5着まで粘ったのは流石武豊騎手であると同時に、能力的も高いものを見せてくれました。
馬場適正などもあったと思うので他の馬より格段に高く評価するという事はないですが、古馬重賞戦でも一定以上の力は見せてくれると思います。

勝ったキセキはデムーロ騎手の騎乗よりもキセキのパフォーマンスが高いなと思わせる内容です。
出遅れはまぁ予想通りでした。ポジショニングもこの馬場状態ならほぼベターといった感じで、外差し馬場が有利に働いた部分が大きいと思います。
次走がどこになるか分かりませんが、有馬記念、大阪杯あたりなら高い評価で買うと思います。
ただ、今回のような騎乗で春の天皇賞で通用するとは思わないので、やはり長距離戦なら評価は下げると思います。
しかし今回に限ってはデムーロ騎手ごめんなさい。

2着のクリンチャーは出遅れ後方からになりました。
出脚の鈍い馬なので先頭集団に取り付けられるか疑問だったので評価を下げましたが、それが良い方にでました。
能力評価でもG2クラスなら勝負になるとは見ていたのでこのくらいは走ってもおかしくないと思っていたので驚きませんが、おそらく事前に外差し馬場と読んでも買ってないです。
先頭集団に取り付けられなくてもある程度無理に前目につけると思っていたのでそこで評価を落としましていたと思います。
実際にはじわじわとポジションを上げ4角でダンビュライトを捉える形でした。ぶっちゃけスタートの悪いクリンチャーであそこまでしっかり好騎乗をされるとおもいませんでした。
藤岡騎手ごめんなさい。

3着のポポカテペトルはノーマークでした。
マウントロブソンの弟らしくずぶい馬なので長い距離は合うかも?とは思っていましたが、ステッフィリオやベストアプローチ、マイネルヴンシュ、プラチナヴォイスあたりと比べるとなぁという評価です。
どう考えても手が回りません。
ほぼダンビュライトと同じ位置に付けていたので少なくともスタミナ勝負ではダンビュライトより分がありそうです。
ちょっと侮り過ぎたかなと思います。
ポポカテペトルごめんさい。

4着のマイネルヴンシュはスタートで行けなかったのかいかなかったのか分かりませんが、後方からの競馬でした。
見た感じではいかなかったように見えないので、おそらくいけなかったのだと思います。
これに関しては、結果的にそちらの方が好結果にはつながったと思いますが、最後の脚を見てるとクリンチャーと同様の競馬をしていたら…と思わざるを得ません。
そうなった時には脚が残らず潰れていた可能性もありますが、少なくとも最後の直線を見る限りでは、クリンチャー、ポポカテペトル、マイネルヴンシュは止まっているようには見えませんでした。
キセキすら最後は差し切ったもののギリギリ持ったという印象です。
なのでクリンチャー同様の騎乗をしていれば2~4着は入れ替わってた可能性があるかなとは思います。
とりあえずこの2~4着はスタミナお化けという評価でいいと思います。

5着のダンビュライトはまぁこれで負けたら仕方ないといった感じですね。
やはり現状では力が足りないようです。
少なくとも一級線とやるにはもう少し成長が欲しいかなと思います。
評価も変わらないですかね。

6着のミッキースワローもほぼ理想的な競馬だったかなと。
ただ、それでも負けたのは道悪と距離の問題かなと思います。
距離に関しては良馬場なら十分に持つと思わせる走りだったのであまり評価は下げる必要はないかなと思います。

7着のアルアインもミッキースワロー同様の評価でいいかと思います。
こちらに関しては道悪と距離の問題かなと。
ただ、こちらの場合は道悪はそこまで悪いと思っていないので、春の天皇賞等になるとどうでしょうか。

最後に愛すべきプラチナヴォイスです。
何か出走するたびにかいてます。
今回もゲートで立ち上がり、スタートで出遅れます。今回10着以下は直線で完全に脚が止まっていたのでそこを差し切っただけという感じです。
8着のクリノヤマトノオーでさえ止まっているように見えました。
個人的にこの9着は評価したくはないです。
どちらかという能力自体はあると思っているので脚が止まってるなら差してくれなきゃ困ったという評価です。
さて、これで世間の評価がどうなるかですね。
とりあえず今回は奇数枠+重馬場だったので切りましたが、偶数枠、良馬場どちらかでも当てはまったら買うつもりです。
田辺騎手への乗り代わりは今回見る限りプラスだと思うのでこのまま乗ってくれるとさらに狙いやすいです。

こちらはエアスピネルが勝利。
折り合いがしっかりついており、ほぼ理想的な競馬をします。
レースが終わった後にそういえば掛かる馬は重馬場になると掛かりにくくなる傾向があるのを忘れていました。

本命にブラックムーンは評価を落とす必要はないと思います。
厩舎コメントで「スムーズに外を回せれば」というようなコメントがあったので少なくとも外に出す意思はあるのかなと思いましたが、外にだしませんでした。
道中の位置取りの時点で外に馬がいたので「スムーズに外に出すのは難しいな」とは思っていたので、結果的に外に出せなかったのはいいですが外に出す気配すらなかったのが少し不満です。
内は伸びる馬場ではなかったので着順程評価を落とす必要はないでしょう。
今回も万全とは言えない状態だったようなので次回はレース次第ではありますが、ほぼ狙うと思います。

ペルシアンナイトは馬場が敗因で問題ないと思います。
レッドアンシェルも弱い馬ではないですが、アーリントンCのレースを考えればそう簡単に力関係は覆らないはずです。
それでも逆転を許したのは馬場かなと。
少なくとも良馬場の方がパフォーマンスは高い馬でしょう。

3着のクルーガーはしっかり力戻してきましたね。
イスラボニータの方を評価したいので次買うかどうかは分かりませんが、検討はしておきたいです。

今週はカスみたいな予想でした。
エアスピネルを本命にできなかったのも内伸び馬場と想定したのも駄目でしたね。
外伸び馬場と予想してもおそらく本命はアルアインで上位3頭はほぼ買わなかったと思いますが、そういう予想になりそうだった事も反省しないといけない内容かなと。
キセキのポジショニングは想定よりちょっと前でしたが誤差の範疇だったので外伸び馬場ならデムーロ騎手が長距離苦手でもカバーできる範囲内でした。
結果的に今回のレースでは絶好に近い位置です。
ちょっとそこに事前から引っ張られ過ぎていたかなとは思います。

来週はもう少しましな予想をしたいと思います。
とりあえず現段階の本命はソウルスターリングで考えていますが、どうなりますかね。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*