--スポンサードリンク--
----
競馬

2017年 紫苑S 京成杯AH セントウルS 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫苑Sの回覧です。

レースは予想通り、ミッシングリングが引っ張ります。ペースは思った程上がらずスローペース。
勝ち馬が上がり3F上位で占めてる事からある程度は上がりが使える馬が有利だったという感じのレースでした。

勝ったのはディアドラ。
外から回ってきて良く言え王道、悪く言えば馬の力だけ勝ったといった感じで着差以上に2着以下との差はあった結果となりました。

カリビアンゴールドは内内を回ってほぼ理想的な競馬でしたし、ポールヴァンドルもいつもと位置取りは違ったとはいえ結果的にはあの位置で良かったなという感じです。
カリビアンゴールドとポールヴァンドルの評価は逆転させてもディアドラとの評価を逆転させるのは難しいかなという結果でした。

ブラックオニキスは思った以上に強くなっているのかもしれません。
正直ここでも着外になるだろうなと思っていたのでこの4着はわりとビックリです。秋華賞で狙う事はおそらくないと思いますが、あまり評価を低くするのはまずいかなと思います。

サロニカは直線でディアドラに進路を狭められた形ですが、そもそもディアドラに勝てるようならそのまま抜け出していたはずなので不利を受けたからといって評価が上がるような感じではないです。
とはいえ、長期休養明けである程度目途は立ったかなと思います。

ルヴォワールも長期休養明けでこれだけ走れるなら十分かなと思います。
これで見限るような事はないでしょう。

狙っていたジッパーレーンはこんなものと言えばこんなものですかね。
わりと理想的な競馬だっただけにここまで着順が悪いのは単純に力が足りなかったのでしょう。

ただ、来週のローズS組のメンバー+アエロリットを見てもこちらのメンバーで上位に来れるのはいいとこディアドラだろうといった感じです。
ただ、ディアドラがかなり力を付けてるのは事実なのでローズS組が高く評価され過ぎるならディアドラは狙うかもしれません。

今のところはアエロリット本命の予定ですけどね。

続いて京成杯AH。

こちらはマルターズアポジーが引っ張る展開。
もう少しマイネルアウラートとウインフルブルームがマルターズアポジーを潰しにいくと思ったんですが、ペースはミドル。
まぁ、高速馬場でのミドルペースなので実際、騎手には十分な速さに感じたかもしれません。
事実マルターズアポジー以外の前目の馬は潰れていますしね。

勝ったのはグランシルク。
今までの惜敗は何だったのかというような勝ちっぷりでした。
ちょっと疑い過ぎましたかね。正直、あまり語る事がないくらいの勝ちっぷりでした。

2着のガルバルディはおこぼれ2着といった感じです。
グランシルクがまとめて内の馬を掃除したのでしっかりと2着を確保します。
他の追い込み馬が内に詰まったりもしたので結果的に一番うまくのったガルバルディが2着に来た結果です。

特にウキヨノカゼは内に突っ込んでほとんど追っていません。
次回は狙いたい馬となりました。
他にも進路が狭くなったロサギガンティア、休み明けで太く見えたミッキージョイあたりは注目しておきたいかなと思います。
内にいた馬で進路が狭くなった馬は他にもいますが、ブラックスピネル、ウインフルブルームあたりはあまり見直さなくてもいいかなと思いますしね。

逆にトーセンデュークはちょっと力が足りないかなという結果です。
もともと少し力が足りないかなとは思っていましたが、それがしっかりと分かる結果だったかな、と。
もちろん外を回していたら2着はあったかもとは思える内容ですが、馬群はそこそこ捌いてきてますし、最後は少し止まっています。
マルターズアポジーやグランシルククラスがいないメンバーだったら狙えるかもしれませんが、やはりこのクラスがいると少し厳しいかなという結果。

最後にセントウルS。

こちらも予想通りフィドゥーシアが引っ張る展開。
ペースは思ったほど緩まずにミドルペース。フィドゥーシアはやはり目標にされるのが分が悪かったのか抜かれたらずぶずぶと沈んでいきました。

勝ったファインニードルはまぁ展開はこの馬向きの展開だよねといった感じなので特別評価を上げる事もなく、下げる事もなくって感じですかね。
フィドゥーシアを目標にして、そのまま直線で抜け出すという理想的な競馬でした。
ただ、今回この馬で注目しておきたいところはやはりスタートかな、と。
少し出遅れ気味でしたが、あっという間に先頭に出てしまいます。これはかなりの武器になるはずで今後のレース予想でもこの部分は覚えておきたいなと思います。

2着のラインミーティアは思った以上に力を付けてるなぁというのが正直なところ。
最後は止まっていますが、直線で少しブレーキがかかったのが痛かったかなと。
着戦入り口から一度目の仕掛けがあったので最後脚が止まったのはその仕掛けが早かった部分と少しブレーキがかかった部分だと思います。
好スタートを切って、あの位置取りになるのはちょっと予想外で、予想の段階で「ダンスディレクターが思った程伸びず、フィドゥーシアがファインニードルに潰され、メラグラーナが内で詰まる展開」とまで言ってたのに馬連枠に入れなかったのは素直に失敗だったなぁと思います。
流石にこの三つが全部起こる可能性はそんなに高くないと思ってしまいましたね。
あったとしても二つで3着がいいとこだと結論付けてしまいました。

3着のダンスディレクターはパドックで見た感じではあまり状態は良く見えませんでした。
ぶっちゃけこれは沈むかなと思ってたんですが、正直この好走にはビックリです。
スタートであまりで出脚が良くなかったのでそこも見直せそうですね。もともとそこそこ出れる馬ですし。

4着のメラグラーナは評価が難しいですね。
能力がある事は間違いないですが、直線で少し詰まる所があったとはいえ、内でそれなりに巧く捌いてると思いますし、3着のダンスディレクターより評価を高くするか?というと微妙なところではあります。
スプリンターズSであまりにもダンスディレクターと評価に差があるようならこちらを優先しますが、どうなるでしょうか。

フィドゥーシアはなんというか厩舎コメント通りだったんかなという感じです。
ファインニードルに目標にされても形はワンツーが濃厚だと思っていたのでここまで負けるのは不可解としか言いようがありません。
ただ、今までと違って厩舎コメントが「なんとか頑張ってほしい」というまるであまり期待が持てないような弱気なコメントではあったので、厩舎側が「実力がこのクラスでは足らないと思っていた」か「体調面が思った程良くなかった」かの可能性はわりとありえると思っていました。
それでもnetkeibaのコメント評価が◎なので素直に見れてないだけなのかなと思っていましたが、結果を見るとやっぱりそんな感じだった可能性が高そうです。
パドックを見る限りでは若干太めには映るもそこまで問題があるようには見えなかったので、もしかしたら1200Mのこのクラスでは力が足りないのかもしれないです。

今週はちょっと反省が多い結果だったかなと。
紫苑Sはともかく、セントウルSのラインミーティアと京成杯AHのグランシルクはやってしまったという感じです。
まぁ一番人気二つとはいえ、単二つ取れたのはある程度夏競馬から修正できてると見て何とか単複回収率をもう少し上げていきたいですね。
条件戦の方が死んでるんですけどw

ただ、来週は買いたくないんですよねー。
特にローズSはアドマイヤミヤビ、ファンディーナ、モズカッチャン、レーヌミノル、リスグラシューといて、カワキタエンカ、クイーンマンボ、サトノアリシア、ミリッサ、メイショウオワラ、ディメンシオンあたりは面白そうと思っていて、ミスパンテール、ブラックスビーチあたりが成長次第では上位に迫れる可能性があって取り捨て難しいなと思ってるんですよね。
素直に考えれば、アドマイヤミヤビ、ファンディーナ、モズカッチャン、レーヌミノル、リスグラシューあたりで決まりそうな感じではありますが、おそらく人気も固まるでしょうし、正直買い辛いレースになりそうです。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*