競馬

2017年 秋華賞 府中牝馬S 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパー勝負レースの指定をミスって良かったです(白目

レース展開はカワキタエンカが引っ張り2番手にアエロリット。
大方の予想通りペースは59.1のハイペースになりました。

勝ったのはディアドラ。
ポジションは後方になるもルメール騎手がうまく内から捌き、直線で差し切りました。
これはルメール騎手の好騎乗と言っていいですかね。ポジション取りは決して有利ではなかったはずです。
ハイペースになったものの上位馬は内から来たディアドラとブラックオニキス。
紫苑Sのように外から回したら届かなかったはずです。
リスグラシューも4角6番手と好位ポジションにいました。
それでも勝ったのは馬の力もありますが、やはりルメール騎手の好騎乗が光ったレースかなとは。

2着はリスグラシュー。
出遅れるもののそれ以外は理想的な競馬でした。
加速するのが遅い面をうまくカバーできていたと思います。
まぁこれで負けるならしょうがないといったところですね。
距離は2000Mだと少し長いと思っているので短いところで見直したいかなと。

3着はモズカッチャンでした。
この馬に関してはまずこの馬を本命にすべきだったなと反省しなければならないかなと。
私が予想した一番有利となるのは3~5番手の競馬で直線内から3頭目の馬場を通るレース展開をしたのはこのモズカッチャンとレーヌミノル。
レーヌミノルはまぁ事前である程度予想できていましたが、モズカッチャンはもう少し後ろになると思っていました。
また、内で詰まるという想定もしていましたが、馬群がばらけてそこまで不利を受ける可能性は少なかったです。
この馬を本命にしても当たっていなかったわけですが、事前の予想で合致していた馬はこの馬だったのでここは素直に反省すべき点かなと。

あと、この馬は落鉄していたようです。
ここは見直す点かなと。

4着にラビットラン。
こちらも予想とちょっと違いました。
中段に付け、内から差してくる競馬をしてきます。
この競馬に関しては正解かなとは思います。
外を回してきてもおそらく届かなったと思います。
ただ、向正面でいきっぷりが悪くなったようなのでそこは見直せる点かなと。
この馬はスタート前に放馬したのでその影響か、それ以前に放馬するような原因があったのかもしれません。

5着にはカワキタエンカ。
この馬はペースを上げた方がやはりいいですね。
アエロリットに早めに捉えられなかった事も好走につながっていると思います。
ここは着順通りの評価でいいかなと思います。

6着のブラックオニキスはやはり春とは違うなと感じさせます。
内でうまく立ち回ったのは確かですが、春までの感じで考えない方が良さそうですね。

アエロリットは7着。
道中は少し行きたがり、横山騎手が少し抑える形になりました。
距離は問題なかったと思いますが、ここまで失速すると何とも言えません。
ちょっと評価は保留にしたいです。

ファンディーナは13着でした。
まぁペースが速かったのが影響したのかもしれませんね。
皐月賞をはじめ、ハイペースのレースで結果が出ていません。
ローズSはミドルペースでしたがローズSを見る限り、意外と頑張れていたので大丈夫かなと思いましたが、そんな事はありませんでした。
直線に入った瞬間に急に勢いがなくなり、どうしたのかと思うレベルです。
一応スローになりそうになったらもう一回買ってみますがそれで駄目なら暫くは買わないようにします。

まぁ反省点はモズカッチャンのところで触れましたがモズカッチャンを本命にできなかった事ですかね。
ディアドラはどうあがいても本命にはしなかったと思うので、結果だけ見ればモズカッチャンを本命にしても外れてる訳ですが、予想の過程がまずかったかなと思います。

あと、着順以上に高く評価する低い評価するというのはあまりなかったです。
それぞれに不利な面、有利な面があったのであまり上下する事はないかなと。

府中牝馬Sはクロコスミアが逃げスローペース。
そのままクロコスミアが逃げきるとなりました。

本命のヴィブロスは能力の高いのはわかりましたが、内で抜け出すのに苦労します。
これがなければ勝っていたと思いますが、その不利の可能性は少なからずあったのでしょうがないです。
そもそもスローペースでも外に出せると思っていたのですがそう思っていた事が間違いでした。

アドマイヤリードは完全に仕掛け遅れです。
あれで3着に来るのは流石に驚きです。
ちょっと評価を見直さないといけません。
ただ、騎手が重要にはなりそうです。

クイーンズリングは出遅れながらもよく頑張ったかなと。
アドマイヤリードが残念な騎乗だったのでアドマイヤリードよりは評価できませんが、下位の馬とは力差はあるかなという内容。

スローペースだったのでそのへんの展開利はあったものの上位馬と5着以下は力差があるかなという内容だったと思います。
こっちはクロコスミアを本命にできなかったのは反省です。

最後に東京1Rのミヤビフィオーラについてです。
今回はある程度は追っていましたが、パトロールビデオを見てみると直線で追い出すとよれる癖を出しています。
スタート直後も顔を背けており、直線でも追い出すと顔を背けていました。
それでしっかりと追えない状態になっていました。
これを見ると今回はある程度勝負にいっていたと思いますが、まだまだ気性面で問題がありそうです。
ある程度の位置に付けられるか、直線でまともに追えれば勝てるとは思うのですが、まぁそれが改善されるかどうかが問題ですw

一応次回も買うと思いますが、あまり期待できないかもしれないですね。

最強競馬ブログランキングでは富士S、菊花賞の事前予想があります。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*