競馬

2017年 秋華賞 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は内外差はそこまでなし。内から3~4頭目あたりが一番良さそうに見えるのでそのあたりを走れる馬が有利になりそうだが、外からでも届かない事はないし、内で沈むほどでもない。
明日は不安定で正直馬場状態はどうなるか分かりません。良馬場の可能性もありますが重馬場の可能性もみた方が良さそうです。
とりあえずは良馬場~稍重想定でいきます。

レース展開はアエロリットかカワキタエンカが逃げる形。
アエロリットが最内枠なので意識して番手でいくという事はないと思います。
ある程度はペースが上がると見て、ハイ~ミドルペースを想定します。

内から3頭目あたりを通れて4~5番手あたりを追走できる馬が一番有利になりそうです。
と、考えた結果、条件に合う馬がいないので買いたくないレースとなりました。

正確にはモズカッチャンやリスグラシューが条件に合う可能性がありますが、ローズSを見るとそこまで前に付けるというのは考え辛いです。
一番合致するという意味ではレーヌミノルですが、桜花賞はともかくここで狙えるほどかというとやはり微妙です。
もう一頭カリビアンゴールドも条件に当てはまりそうですが、大外枠です。ただ、能力的に足りるとは思いません。

という事でトライアル終了時点での本命候補をそのまま本命にしました。
本命はアエロリットです。
正直、この1番枠は嫌なところに入ったなというのが第一の感想です。
こうなると逃げる可能性がかなり高くなります。目標にされる状態で逃げというのは少なくとも好条件ではありません。
尚且つ今回は内は少し伸びません。不利というほど不利ではないですが、やはりできればすんなり2番手につけられる枠が良かったなと思います。

それでも本命にしたのは能力が抜けていると思うのとオッズが4倍以上ついてる為です。
ローズSが終わった時点では3倍台前半になるかなと思っていましたが、重馬場適正や距離不安、ローズSの有力馬が太め残りが多かったという事もあってかそれほど人気していません。
重馬場適正は桜花賞の事なんでしょうが、桜花賞は位置取りの問題です。重馬場に問題があった訳ではないです。
距離適性もクイーンSを見る限り問題ないはずです。
消極的な本命にはなりましたが、ここはアエロリットを本命です。

対抗にはカリビアンゴールドにしました。
前走は内内を回ってかなりの展開利があった事は事実です。
とはいえ、今回も他に先手を奪い展開利が見込めて突っ込んできそうな馬が見当たりません。
大外枠なのは嫌ですが、中目の馬場を通れるかもしれないという理由でこの馬を対抗にします。

単穴にはポールヴァンドルにしました。
こちらもカリビアンゴールドと同様の理由です。
前走は後ろからの競馬になりましたが、もともとは先手を奪う馬です。
それを考えたらこちらの方が番手を取る可能性は高くも思えますが、前回後ろからの競馬で通用してしまった為今回も控える可能性は十分にあるという事でカリビアンゴールドを上にとりました。

推奨馬にはミリッサにしました。
これは差し馬の中から選ぶならこの馬かなというところですね。
この枠ならある程度中段から行く可能性が高いです。
大外を回るという事もないと思うので差してくる位置はそれなりに伸びやすいところのはずです。

抑えにカワキタエンカです。
馬場状態を考えるとあまり有利ではないはずですが、前走のように抜け出せば絡んでくる可能性が高いかなと。
アエロリットが逃げれば関係ないですが、2番手からいくようならカワキタエンカにはある程度粘ってほしいはずです。
そういう展開になれば逃げ粘ってもおかしくないかなという事で抑えにします。

入着アリにはリスグラシューとファンディーナにしました。
リスグラシューはある程度中段位置に付ければチャンスはあるはずです。
とはいえ、スピードに乗るまでに時間がかかるので不利を受ける可能性も考慮してここまで。

ファンディーナは単純に能力を評価してのものです。
今回も出来はあまり良くないようですが、前回はかなり悪かったはずです。
それでも見せ場ありの6着なので怪物級ではないにしろ能力はあると思います。
出来があまり良くなくても上位に食い込んでくる可能性はあると見て入着アリ。

モズカッチャンとラビットランは内枠という理由で切ります。
京都内回りで内から捌くのは難しいはずです。
それでもデムーロ騎手なら強引に突っ込んでくる可能性はありますが、内はそこまで伸びないと思うので素直に消します。
ラビットランはおそらく大外を回してくると思いますのでこちらもそれを理由に消し。

ディアドラは押し出されました。
後方策にはなると思うのであまり積極的に買いたくなかったので評価を下げていました。
それでも印を打つくらいにはなるかなと思いましたが、印を打った馬よりは評価を高くできません。
確かに紫苑Sは強い内容でしたが、メンバー的にはどうかというメンバー。
今回も展開的にカリビアンゴールドやポールヴァンドルの方が有利になる可能性が高いので、紫苑Sなみの着差になってもおかしくないかなと。
そうなればこの2頭は逆転も十分にありえます。

先行して粘り切るという意味ではブラックオニキスも面白いと思いましたが、こちらもディアドラ同様手が回りませんでした。

リカビトスは出遅れでほぼ確実に後方になると思うのでこれも割り引いて消しにします。

今回は最強競馬ブログランキングの予想大会でスーパーレースに指定します。
自信がある訳ではないですが、他のG1で一番人気を本命にする可能性は低そうです。
この予想大会のポイント形式では一番人気を本命にした時にスーパーレースに指定した方がいいです。
もともと秋華賞のアエロリットが一番いいだろうなと思っていたのでここはスーパーレースに指定しておきます。
と思ったら指定し忘れた(

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*