競馬

2017年 神戸新聞杯 有力馬能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと形式を変えました。
下位の方の馬は付ける意味も薄いかなと思うので基本注目馬で。

有力馬能力評価ランキング

1位:レイデオロ
能力評価:A-

例年比べレベル低いという意見に関しては自分も同意するところである。
ただ、この馬の最大の魅力は能力をほぼ問題なく発揮できるという点。
ダービーのように早め捲りにいって、尚且つ2番手で折り合い、更に直線で勝ち切るのはパフォーマンスとしてはともかく、キッチリ能力を発揮できるというのは評価したい。
もちろんルメール騎手の好騎乗が光ったレースではあるが、それに応えたのは評価しないといけないと。
皐月賞での負けもソエ明けで順調ではなかったのでそれで5着ならそこまで落とす必要もないかなと。
古馬G1で戴冠できるかどうかがA評価の基準ではあるが、見込みがない訳ではないという事でA-。

2位:キセキ
能力評価:B+

休み明けから2連勝はちょっと力が違うなといったところ。
前走も手ごたえ十分な状態から楽に抜け出しての勝利。
1600万条件くらいなら問題ないといえるし、少なくとも重賞クラスなら一つ二つは勝つレベルだと思われる。
こちらもA-を付けようかと思うくらいのレベルだが、まぁ神戸新聞杯を見てからでもいいかなという事でB+。

3位:サトノアーサー
能力評価:B

きさらぎ賞、毎日杯を考えるとこのくらいの力はあってもいいはずですが、ダービーではアドミラブルとの力差はくっきり出てしまったかなという馬。
ポジショニング等の不利があったのは考慮できるので着順程の負けでない事は確かですが、G1タイトルまでとなるとちょっと成長が欲しいかなと思う。

4位:ダンビュライト
能力評価:C+

少なくとも春まで段階だったらこれ以上の評価はできないというのが本音。
サトノアーサーと同様、ダービーでは動けないという不利があったのは確かだが、それでも上位馬まで届いたかというと疑問ではあった。
ただ、春から言っていたがこの馬は秋以降に狙ってみたいと思っていた馬でそういう意味では今後評価が大きく変わりそうな馬ではある。

5位:ベストアプローチ
能力評価:C

青葉賞で少なくともG1で活躍しそうな一級品とは力差があったとは思っている。
ダービーではメイチではなかったはずで、道中の不利も合わせて着順程の評価を落とす必要はない。
ただ、順調ならG3クラスで活躍できるはず。

6位:カデナ
能力評価:C-

弥生賞馬になんて評価だと思わなくもないが、評価するならダービーではサトノアーサーには勝ってほしかった。
少なくともサトノアーサーに勝てるレース運びだったはずで、それでも負けるのはうーんちょっとという内容。
武豊騎手が京都2歳でカデナではなく、ワンダープチュックを選択したのもあまり大成しないというのを見込んだ可能性もありそう。
まぁそのワンダープチュックは大して出世してない訳ですけど。

7位:マイスタイル
能力評価:C-

ダービー、弥生賞は横山騎手の好騎乗なので着順程評価は高くしなくても良い。
ただ、そこまで評価を落とす必要もないかなというところ。
少なくともカデナ、ベストアプローチとは春先の段階ではそんなに差がないはずなのであまりにも評価が低いようなら狙える。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*