競馬

2017年 神戸新聞杯 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は最終こそスローペースで前が残ったが大分外差しが利いてる感じ。
とはいえ、展開次第でどうにでも変わりそうではある。
若干差し有利といったところ。

展開はアダムバローズが引っ張る展開。
その後にマイスタイルで2列目にエテレインミノル、ダンビュライトといったところ。
有力馬が後方に集まりそうなのでペースはそこまで上がらないかな。
あとはレイデオロがどう動くか。今まで通りなら後方に控えるはずですが、前走でそこそこ好位につけて問題ないと分かったはず。
2列目までとはいかないが3列目あたりにはいる可能性は考えておきたい。

本命はキセキにしました。
流石に前走のパフォーマンスを見ると本命にせざるを得ないかなと。
能力的にもレイデオロにほとんど見劣らない可能性もあって、横並びのオッズでもおかしくないなと思うレベル。
さらにレイデオロはどうみても叩き台でレースの巧さで上位に来ることは十分にありえると思うが、不安要素がある事も確か。
対して、この馬は距離不安が言われてるのと前走の反動くらい。
ここは素直に本命。

対抗にはダンビュライト。
ぶっちゃけキセキがいなければこの馬が本命の予定でした。
同じルーラーシップ産駒なのでキセキ同様、かなり成長してる可能性もありますが、その可能性に賭けるにはキセキが成長し過ぎたかなというところです。
春からよほど成長してない限りはキセキに勝てるかというと微妙なところなので対抗までです。

単穴にベストアプローチにしました。
弥生賞は直線で詰まるところがあり、ダービーは動けずの敗退。
カデナやマイスタイルよりは評価したいというのと内枠でその分も有利かなという事で単穴評価。

推奨馬にサトノアーサー。
この馬については評価が難しいところではあります。
とはいえ、きさらぎ賞、毎日杯は取りこぼしの負けで、ダービーも不完全燃焼。
切るほど人気がある訳でもないのでここは推奨馬ですね。

抑えにレイデオロ。
キセキを本命にしたのでこの馬は抑えまでですね。
キセキ、ダンビュライト、ベストアプローチあたりと比べても勝負具合は違うでしょうし、あくまで叩き台といったところでしょう。
皐月賞より順調なので流石に切るという事はしないですが、重い印を打つほどでもないかなといったところ。

入着アリはマイスタイルとカデナ。
これは他に候補がいないというのが本音ですね。
アドマイヤウイナーあたりは入れても良かったですが、外枠でポジション取りも上手くいくとは思えないのでまぁ入れなくてもいいかなといったところ。

最強競馬ブログランキングでは他に考えた馬券券種のコメントがあります。(280位前後)



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*