競馬

2017年 神戸新聞杯 オールカマー 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペースはスローペースで予想通りアダムバローズが引っ張る展開。
先頭集団にマイスタイル、エテレインミノル、ダンビュライトと続くのも概ね予想通りですね。
レイデオロは予想記事でも言いましたが、ダービーである程度好位でも問題ない競馬だったので、ここでこの集団に付けるのもありえる範囲でした。
意外だったのがサトノアーサーでこれが先頭集団。キセキはスタートで少し遅れ、後方集団という形。
それでもペースは上がらずにいきました。

勝ったのはレイデオロ。
パドックをみた感じでは休み明けでもそれなりに仕上がってる感じでした。
それであの好位の競馬ができるならそう簡単には負けないですね。
好位で競馬できて、実力を発揮できるというのはそれだけで魅力的なのでこの競馬ができた事は大きいと思います。
特にキタサンブラックが作るペースの競馬でも対応できる可能性が高そうです。キタサンブラックのペースに惑わされる事がないですしね。
この後はジャパンカップが濃厚でしょうが、「今年の3歳馬は弱い」という評価が強く出るようならこの馬が本命でもいいかなと思います。

2着にはキセキ。
出遅れての後方スタート。直線では進路取りに苦労して少し仕掛けが遅れる形に。
その結果、この着差が開いたといった感じですね。
ただ、出来は良いとはいっても休み明けのレイデオロ。また、進路取りに苦労したとがいえ、そこまで大きな不利ではなかったと思います。
着差自体は位置取りの差ですが、前でスムーズに競馬できるというのはそれだけで大きな利点なので、展開なり、馬場状態なりでそこを覆すようなアドバンテージがないと上には評価できないかなと思います。

3着にはサトノアーサー。
今まで少し出遅れたり、出たなりでも前にいかなかったですが、今回は出たなりでスタートから流れに乗った感じ。
ただ、それで少し掛かる場面もありました。そのせいもあってか道中はレイデオロの2馬身くらい後方。
直線も毎日杯やきさらぎ賞の脚を見るとちょっと物足りないなという内容で、これが掛かった影響なのか、距離の問題なのかというところですね。
道中少し行きっぷりが悪いように感じたのでどちらかというと掛かった影響かなと思います。
ただ、こうなるとまた後方の競馬をしなければならないので考えものではありますけどね。

4着にはダンビュライト。
権利取りの為、まぁほぼ理想的な競馬だったかなとは。
うーん、期待したほど成長してないかなといった感じですね。
レース後コメントであるように「上位馬相手には完敗でした」という言葉はその通りかと思います。
菊に出ても狙う可能性はありますが、そもそも4着だと出れるかどうかが微妙ですしね。
条件戦でどうなるか見ていこうと思います。

5着にはアドマイヤウイナー。
まぁこの馬は外枠が仇となった感じです。
強烈な脚が使える訳ではないので、4着のダンビュライトはともかく、上位3頭に屈するのは仕方ないかなと。
この馬も菊にでたらそこそこ面白いとは思いますが、こちらもダンビュライト同様出れるか微妙なところです。

最強競馬ブログランキングのコメントで書いたように

結果的にはレイデオロ-キセキの馬連一点勝負で良かった訳ですが、うーんちょっと狙えなかったかなという感じです。
ダイナミックトリガミでした。

続いてオールカマー。

スタートはルージュバックが好スタート。その影響もあってグランアルマダが逃げれませんでした。
そして、そのままマイネルミラノが逃げる形に。
マイネルミラノ、ディサイファが後続を離して、実質集団を引っ張るのはマイネルディーン。
マイネルミラノが離していながら63.1の1000M通過なのでかなりのスローペースと言っていい展開。
4コーナーではディサイファ、ルージュバックが外に膨れ、タンタアレグリア、マイネルディーン、マイネルサージュ、アルバートが不利を受けました。

勝ったのはルージュバック。
4コーナーでの事で少し後味の悪い感じになりましたが、加速してからの末脚はまぁ流石といったところ。
詰まったり距離不足などでもない限りはこのくらいの力はある馬ですね。
不利を起こした側なので見落とされがちにはなりますが、この馬もディサイファが外に膨れる影響で若干ブレーキをかけ、不利を起こして追い出しが遅くなってます。
それで不利がなかったステファノスを封じたのは素直に評価していいんじゃないかなと。

まぁただ、おそらくエリザベス女王杯では普通に人気になりそうなのでどうですかね。
一応本命候補ではありますが、枠順が大きくはなりそうです。

2着はステファノス。
まぁこれは休み明けの分ですかね。
勝ったルージュバックもそこまで良い状態ではなかったはずなのでその分の差し引きは難しいところではありますが、今回の状態では力を出し切ったレースかなと。
それ以上のコメントはないです。

3着はタンタアレグリア。
この馬も少なからず不利を受けた馬です。
ただ、不利を受けたから負けたというと「うーん?」といったところですかね。
少し外に膨れる影響はあったものの他の3頭に比べれば影響は少なかったように見えます。
レース後コメントに「あの不利がなければもっと際どかったと思います」とあるようにきわどい勝負になっていた可能性はあったが勝っていたかは微妙というところですかね。
まぁルージュバックも少なからずスムーズではなかったので、このレースの評価でステファノスより評価する事はあってもルージュバックより評価する事はないです。

ただ、この馬の場合には順調に使えなかったというディスアドバンテージがあった訳なのでそのへんを考慮するとこれからが楽しみかなと思います。

マイネルミラノとショウナンバッハは展開が向いてくれたなぁという感じです。
どちらも嵌ればという条件付きでしたが、その条件が嵌ったかなと思います。
スローの単騎逃げやスローの瞬発力勝負になった時にはまた印をつけてみようと思います。

ディサイファはシャドロール効果が出ましたね。
復調の兆しが見えたのは大きいかなと。
内容的にもある程度有利な展開で負けたといえ、着差も開いてる訳ではないのでここからまた良化してくれれば狙えるかなと思います。

7着のアルバートは不利の影響が大きいです。
流石にマイネル軍団よりは大きくありませんが、加速、コース取りなどではタンタアレグリアより影響は大きかったかなと。
それでも0.5差なのは十分に巻き返し可能かなと。
次走はメルボルンCのようなので、このレース評価が大きく出るような事はないと思いますが、まぁ国内に出たらある程度は評価したいです。

今週はオールカマーの単と馬連が大きかったですね。
神戸新聞杯のトリガミはまぁしょうがないです。レイデオロ-キセキの馬連を厚く買うなら一点勝負をしていたでしょうし。

さて、来週はスプリンターズSですね。
ビッグアーサーが順調ならおそらく本命にする可能性が高いですが、今のところセントウルSを回避するなど順調ではないです。
人気は間違いなく昨年より狙いやすくなるはずなのでビッグアーサーの取り捨てが大きく予想を変えてくる要素だなと個人的には思ってます。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*