競馬

2017年 毎日王冠 有力馬能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例年、スーパーG2と言われるけどやっぱり今年もそうかなという感じ。

有力馬能力評価ランキング

1位:リアルスティール
能力評価:A

日本ではイマイチだが昨年のドバイターフ優勝、天皇賞秋2着と地力は古馬の中でもトップクラス。
今年のドバイは現地で鼻血が出た為、そのまま休養に入った。
中山記念の敗因は分からないが、それで評価を落とすような事もないかなと思っている。

2位:サトノアラジン
能力評価:A

1400~1600Mなら力は抜けている。
安田記念で軽視してごめんさないである。
馬場が渋ると駄目だが、良馬場の1400Mならレッドファルクスよりも力は上と見る。

3位:グレーターロンドン
能力評価:A

安田記念は状態が万全ではなかった。
それでもあの着順にくるのは少なくともマイルでは力は上の可能性が高い。
サトノアラジンとどちらが強いか?と言われると困るが遜色ないレベルではあると思っている。

4位:ソウルスターリング
能力評価:A

アエロリットをクイーンSでB+評価にしたが少なくともソウルスターリングはそれ以上という評価はしているのでA評価。
桜花賞で負けてはいるものの牝馬相手ならそうそうは負けないと思っている。
春の段階ではレイデオロより上なんじゃないかと思ってたほど。
秋の神戸新聞杯を見ると甲乙はつけがたいが。
秋の天皇賞でも十分に上位進出が狙える。多少成長込みのところはあるが、あまり成長していなかったとしてもA-くらいはつけたい。

5位:マカヒキ
能力評価:A-

京都記念から少しずつ評価が下がっている馬ではあるが、ダービー馬。
大阪杯ではミッキーロケットと同列に扱ってはいるものの現段階ではこちらの方が上かな。

6位:ヤングマンパワー
能力評価:B

昨年のマイルチャンピオンシップは輸送失敗。
東京新聞杯は極端な上がり比べでの負け。
安田記念のレース後コメントと見ると力負けという評価らしいが、マイラーズCや昨年の富士Sを見ると通用しないようにも思えないが?

7位:ウインブライト
能力評価:B

皐月賞は高速馬場で外を回り、ダービーはその結果ダメージが残っていた様子。
大外も響いたはずなので個人的にこの2走は着順程評価を落とすものではないかなと思っている。
現段階ではクリンチャー、サトノクロニクルとは遜色はない評価。

8位:アストラエンブレム
能力評価:B-

新潟記念のデムーロ騎手のレース後コメントによると馬がブレーキをかけている様子。
ここ数戦はG3で連敗中ではあるが、G2クラスでも勝てるくらいの力はある。
個人的な感想で言えばポテンシャルはヤングマンパワーよりも上だとは思っているが、馬がブレーキをかけるというところを見ると下に評価する事になる。

9位:ダイワキャグニー
能力評価:B-

プリンシパルSやセントポーリア賞を見る限りはG2クラスでも勝負になるはず。
ダービーはレイデオロとペルシアンナイトが上がってきて相対的に下がってしまったこともあるが、ローテが詰まっていてテンションが高かった事も敗因の一つの様子。
クリンチャーにはまだ劣るかなという事でクリンチャーより一段下のB-評価。

10位:ワンアンドオンリー
能力評価:C

ダービー馬にこの評価を下すのは何とも…という評価だがそうせざるを得ないというのが正直なところ。
もうG2戴冠ですら難しいのではないかと思われる。G3クラスならまだ勝負になるとは思うが、あくまで勝負になるレベル。
今度は勝負になるというコメントや情報は色んなところで見るが自分はあまり信用に足らないものだと思っている。(というか中京記念でもあった気がするし)

11位:ヒストリカル
能力評価:C

昨年の毎日王冠3着馬ではあるが、G3クラスで常に上位争いという馬でもないのでこの評価までかな。
ただ、メイSでアストラエンブレムと差のない競馬をしているし、エプソムカップは後ろからの馬にはきつい競馬だったので近走の着順は評価を下げるものではない。

12位:マッチレスヒーロー
能力評価:D

ダートのオープンクラスの馬という評価。
芝替わりで変わるか?



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*