競馬

2017年 毎日王冠 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は後半のレース程若干外有利といった感じになっていました。
ただ、昨年もそうでしたがこの時期の東京は雨上がりで徐々に馬場が回復していく時は外差し傾向になります。
昨年の毎日王冠がそんな感じでした。
ただ、今年は昨年のように日曜に雨が降るという事はなく、昨年の月曜開催のような馬場想定をします。
この時は若干外が有利でしたが前日程極端ではありませんでした。
今年の今日のレースも若干外が有利といった感じだったのでフラット気味で少し外有利くらいに考えます。

レース展開は逃げる馬が見当たりません。
ダイワキャグニーが先手を奪うかもしれませんが、プリンシパルSやダービーを見るとあまり積極的にいくようには思えません。
アストラエンブレムも今回は後ろからを示唆してるようでブラフとかでなければ、後ろからのはずです。

となると、押し出されるようにソウルスターリングが出る。リアルスティールも中山記念は出脚が鈍かったですが、天皇賞秋やジャパンカップでそこまで行き脚は鈍くないので先頭に出るかもしれません。
あとは横山騎手の先手逃げ、あとはこの3頭が全くいかずにヤングマンパワーがハナを切る形。
逃げ馬はこの4パターンくらいを想定しようと思います。
いずれにしてもペースは速くならないはずで、スローからのロングスパートになると予想します。

色々考えた結果、買いたい馬が2頭になってしまったので本命の単勝と馬連一点の買い方でいきます。

本命はリアルスティールにしました。
リアルスティールは福永騎手が乗っていた時代からワンターンのレースが一番良いと言われてきました。
今回はデムーロ騎手なので逃げる可能性はあります。スタートは悪くないのでソウルスターリングがよほど良いスタートを切るとかではない限り、前に行く可能性は高そうです。
また、仮にソウルスターリングが前にいったとしてもマークする形にはなるのでどちらに転んでいいはずです。
マカヒキやグレーターロンドンに人気で負けているのは流石にどうなのかと思うので本命にします。

対抗にソウルスターリングにしました。
展開的にはこの馬も向くはずです。
逃げるにしろ、番手になるしろリアルスティールにターゲットにされる以外はそこまでディスアドバンテージはないはずです。
馬連オッズが7.9倍と低いので対抗にするかどうかは迷いましたが、ソウルスターリングより優先したい馬が見つからなかったので対抗して一点勝負にしたいと思います。
斤量の利もありますしここでも十分に勝負になると見ます。

以上です。

グレーターロンドン、サトノアラジンは距離が長いと見て切ります。
グレーターロンドンは1800Mでも対応できる可能性がありますが、調整が順調ではなかったようです。厩舎コメントも「次につながる走り」というコメントを残しているようにここで賞金加算をするという感じにはどうにも見えません。
サトノアラジンは1400Mがベストパフォーマンスだと思っているので1800Mは長いと見ます。もちろん1800Mで勝利した実績もあるのですが、パフォーマンスは落ちると見ています。

マカヒキは状態面はかなり戻ってきているようです。
とはいえ、京都記念、大阪杯はやはり物足らないといった内容で2番人気に支持されるなら切ってもいいかなと。
ポテンシャルはリアルスティールの方が上かなと思いますしね。

アストラエンブレムはポテンシャル的には通用すると思っていますが、レースを途中でやめてしまう傾向があるようです。
しかも今回は後方からの競馬をする様子。しっかりパフォーマンスを発揮しても、前にいる馬に届かないという可能性があるので素直に切ります。

ヤングマンパワーは前に行く馬で面白そうではありましたが、切れ味勝負となると分が悪いかなと。
ダイワキャグニーも面白そうではありましたが、ソウルスターリングを負かすとなるとどうかなという部分があります。
この2頭はソウルスターリングより上位にくるのは難しいと見ます。
ソウルスターリングを本命にするならリアルスティールの凡走を想定して買うのもありでしたが、リアルスティールを本命にしたのでさっくり切ります。

ワンアンドオンリーはところどころで「今度は激走あるかも?」というコメントは見ますが、信用してません。
逃げる事によって、掲示板確保まではあるかもしれませんが連絡みまでは難しいと見ます。

ウインブライトも能力は評価していますが、スローのロングスパート上がり比べだと分が悪いかなと見て切ります。

最強競馬ブログランキングではこのレースの自信度をコメントしています。(200位前後)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*