競馬

2017年 武蔵野S 予想&有力馬能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京は明日は朝だけ雨が降り、午後には晴れるようです。
馬場状態はあっても稍重なので良~稍重くらいの想定でいきます。
少し速い時計が出る馬場状態になるかも?くらいですね。

展開は何が何でも逃げという馬は見当たりません。
おそらくモーニンかインカンテーションあたりがいくと思いますが、どちらにせよペースはそこまで速くはならないはずです。
スロー~ミドルである程度の決め手がある馬が有利と見ます。

本命はクインズサターンにしました。
前走は条件戦ながらほぼ持ったままのでの圧勝でした。
2走前の安達多良Sでも負けはしたもの確実に詰め寄っています。
末脚勝負でカフジテイクや全盛期のノンコノユメよりどうかという面はあるものの、他のメンバーと比べれば十分に上位だと見ます。
内枠なのでスムーズにいけるかどうかがカギですが、人気もないのでまぁこのくらいのリスクならいいかなという事で本命にします。

対抗にはカフジテイクです。
昨年の武蔵野Sでは後ろから届かないと思って切ったのに3着に来ています。
あの馬場状態で3着にくるなら流石にこれ以上は評価は落とせません。
人気薄が本命ですし、評価は高めにしておきます。

単穴にはゴールデンバローズにしました。
前走は思った以上に伸びませんでした。
ただ、前々走で楽に1600万条件を勝ちあがった内容を見れば少なくともOPクラスでは勝てるはずです。
能力評価ランキングでは前走の評価が難しかったのでB評価は与えられずにランク外(C評価以下)という事にしましたが、もっと上の可能性もあるのでここは単穴です。
また、展開面はこの馬に一番向くはずです。ある程度の決め手が使え、ある程度の位置取りが取れるというのは大きくプラスのはずなのでここは単穴評価にします。

推奨馬にサンライズノヴァにしました。
3歳馬を入れるかどうかというのは悩みましたが決め手勝負と読んだ以上一応は入れて置く必要があるかなと思います。
穴馬を本命にして人気馬切って取り逃すというのも残念ですし。(今年の弥生賞でやらかしたしね!
ただ、個人的には前走の内容は物足りない内容かなとは思います。
少なくともチャンピオンズカップに上位争いをするまでの実力があるかというと正直そこまで強いとは思いません。
メンバーもメンバーですしね。この馬もゴールデンバローズ同様能力評価ランキングには入れてないですが、こちらの場合はあまり間違ってる気はしない評価ですね。
レース後ごめんなさいになるでしょうか。

抑えにノンコノユメです。
厩舎コメントを見るとうるささが戻ってきたようです。
去勢後はおとなしかったようでなのでこれは良い傾向の可能性があるかなと思います。
あとはカフジテイクより上に来れるかどうかですが、それは厳しいかなという事で評価は押さえまで。

入着アリにはモーニンとサンライズノアにしました。
この2頭は前の2頭からです。
決めて勝負では分が悪そうですが、サンライズノアもモーニンはそれぞれがそれぞれにとって枠がいいですし力は出せるかなと思います。
モーニンとインカンテーションは迷いましたが、前走のモーニンはあのメンバーでの4着なのでこちらを上に評価しました。
あとモーニンに関しては横山ノリ逃げがありますが、その場合にはクインズサターンが絡む可能性は低いかなと思うのでその場合はしょうがないと割り切ります。
ノリポツン逃げがあるならサンライズノア、インカンテーション、ゴールデンバローズ、ベストウォーリア、アキトクレッセントあたりが馬券に絡みやすいでしょうしね。あとは力でカフジテイクが来るくらいでしょう。

あと買い方はいつも通り、◎の単と◎→〇~△の馬連ですが、3連系シミュレーションは今回だけ変えます。
3連単は、

1着 ◎〇
2着 ◎〇
3着 ▲☆△××

1着 ◎〇
2着 ▲☆△××
3着 ◎〇

の20点。

3連複は
◎〇からの流しの5点。

理由はクインズサターンが来るときにカフジテイクまで飛ぶという想定があまりないからですね。
クインズサターンだけ来るという展開ならモーニン、インカンテーション、サンライズノアあたりの前で決まる決着で3,4着という可能性が高そうです。

有力馬能力評価ランキング

1位:カフジテイク
能力評価:A

コパノリッキーやサウンドトゥルーといったダートのトップクラスの馬達の間に入っても上位進出の可能性がかなり高いと見ての評価。
末脚は確実でほぼ間違いなく伸びてくる。
キングズガードに負けてはいるもののポテンシャルはこちらの方が高いと見る。

2位:モーニン
能力評価:A-

前走が1kgの恩恵があったので何とも言えないところではあるが、レース内容としては悪くない。
ただ、あまり高くは評価できないかなというのが正直なところ。
G1でもまだ戦えると思うが一段階落ちてると見てA-。

3位:ノンコノユメ
能力評価:A-

去勢してからはイマイチ。
ただ、今回は覇気が戻ったとのコメントもある。
3歳~4歳初期くらいの走りを見せれば十分に上位争いのはずだが。

4位:ベストウォーリア
能力評価:A-

ダート上位陣とは力差を感じつ。
ただ今年のフェブラリーS2着は評価したい。

5位:インカンテーション
能力評価:B

フェブラリーS2着もある馬。
マーチSから復調してきており、そこからは順調。
上位ダート陣と比べるとどうかという面はあるが、食い込むくらいの力はある。

6位:クインズサターン
能力評価:B

前走は条件戦とはいえ手ごたえ十分で楽勝の内容だった。
前前走もコスモカナディアンの3着で展開一つで逆転していたと思わせる内容。
もっと上位の可能性もあるがとりあえずはこの評価。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*