競馬

2017年 東京スポーツ杯2歳S 予想&能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日は少し雨が降るようです。重~稍重くらいにはなりそうですね。

展開はコスモイグナーツが引っ張る展開。
そこにケワロスが突っついていく形。
その後ろにシャルルマーニュ、カフジバンガードが付け、その後ろにルーカス。
そして、最後方にワグネリアンとゴールドギアといった形ですかね。
このまますんなり決まればスローペースにはなりそうです。

ただ、ワグネリアンとゴールドギア以外は末脚だけの勝負といった馬ではないので、この2頭以外はわりと積極的に流れる競馬にしてくるんじゃないかなとは思います。
特にカギとなるのがケワロスになりそうです。
この馬の陣営がどう考えてるかですね。前走の結果からある程度ペースを引き上げた方が良いと考えればミドル以上にはなると思いますが、ただ前に行くだけだったり、距離の不安なんかがあるとスローになると思います。
スローペースだと私はノーチャンスだと思うのですが陣営がどう出るかは分かりません。
見込みとしてはスローペースになる可能性の方が高いかなとは思いますけどね。

本命はルーカスにしました。
ワグネリアンを狙うにはちょっと不安要素がいくつかあるかなと思います。
まず、一つが先ほど言ったようにミドルペース以上になる事。
スローの上がり勝負ならまぁほぼワグネリアンが勝つと思いますが、ミドル以上になるとどうかなと。
それでも問題なく力が発揮できる可能性もあるでしょうが、ぶっちゃけどっちに転ぶか分からないのでこれがまず一点。

もう一点が本命にしたルーカス。
新馬戦では調教が微妙でレースではどうかと言われていました。
実際、レースでもパフォーマンスがそこまで高かったかと言われるとそうではないです。
ただ、新馬戦レベルはそれなりに高かったですし、モーリスの弟となるとパフォーマンスはかなり上げてきてもおかしくないかなと。
新馬戦のままだとワグネリアンが普通に勝つと思いますが、そういう可能性がある以上ワグネリアンの単オッズ程の信頼はおけないかなと見ます。
新馬戦はスローペースでしたが、この馬は鋭い脚というよりしぶとい脚を使うといった感じなのでミドル以上でも大丈夫かなと。

対抗はワグネリアン…ではなくカフジバンガードです。
前走は不良馬場で圧勝していますが、そもそもその前の2走がまともに力を発揮していないかなと思います。
新馬戦は距離が短く、次走は直線不利&前残り。
前走でようやくまともに走れただけかなと。
もちろん重馬場適正もあった可能性はありますが、それだけじゃない可能性は十分にあると思います。
明日も馬場が渋るのでここは素直に買い目に入れます。

単穴にワグネリアンです。
一点勝負にしない以上、ワグネリアンはこれより下に評価しないといけないとは思うのですが流石にこれ以上は下げれませんでした。
単純に見れば力は抜けてると思うのでここは単穴。

推奨馬にシャルルマーニュ。
抑えにゴールドギア。
この2頭は一応この印を付けましたが、ワグネリアンより評価を下にしたので正直回収率の見込みは低いかなと思います。
弱気の抑えですね。

買い方は◎の単と◎→印の馬連。

3連系シミュは
3連単

1着 ◎
2着 〇▲☆
3着 〇▲☆△

1着 〇▲☆
2着 ◎
3着 〇▲☆△

(18点)

3連複は

1列目 ◎
2列目 〇▲☆
3列目 〇▲☆△

(6点)

最強競馬ブログランキングではルーカスを本命に決めたもう一つの要因をコメントしています。

能力評価ランキング

1位:ワグネリアン
能力評価:A

ジャンダルムやヘンリーバローズがいるが現状2歳馬のトップはこの馬と評価したい。
前走は渋った馬場がどうかと言われていたが他馬との力差を見せつける形となった。
今回は輸送がどうかという面だけか。

2位:ルーカス
能力評価:B-

モーリスの弟。
新馬戦は調教であまり動かない為どうかと言われていたが、0.2差で勝利。
捲りであるのとスローだった事を考えれば、そこまで着差が付かないのはしょうがない面もある。
上がりも同日の馬場で考えればそれなりに優秀なのであれ以上の脚で差を付けるのは難しかっただろう。
ただ、圧倒的なパフォーマンスという訳ではないので現状の評価はここまで。

3位:シャルルマーニュ
能力評価:C+

アイビーSではフラットレー、タニノフランケルといった良血馬を相手に2着。
コスモイグナーツには負けてはいるものの上がり勝負があまり良くないコスモイグナーツに有利なレースではあった。
クラシックで主役級になるには厳しいと見るが、メンバーがそこまで揃わない京成杯あたりなら上位争いはしても。

4位:コスモイグナーツ
能力評価:C

前走は展開が向いたのは確かではある。
上がり勝負となると新馬戦や芙蓉Sのように負けてしまうが上がりが掛かる競馬なら。

5位:カフジバンガード
能力評価:C

新馬戦は距離が短い、次走の未勝利戦は不利を受けて抜け出した時には勝負ありといった内容。
前走の未勝利戦は不良馬場ではあったが、持ったままでの圧勝。
タイム的には何とも言えないところではあるが、2走目の未勝利戦を見る限りでは上がり勝負でも戦える事はできると見る。
コスモイグナーツより高く評価しようと思ったがここまで。

6位:ゴールドギア
能力評価:C-

新馬戦はまだ真っすぐ走れずに粗削りといった感じ。
そういう意味ではこれから良くなる余地はありそう。
新馬戦のメンバーはそこまでといった感じなので高くは評価できないが、少なくとも500万条件はクリアすると見る。

7位:ケワロス
能力評価:D

新馬戦、未勝利戦ともスタートは鈍い。
一瞬の脚というよりは後続に脚を使わせて粘りこみをすれば持ち味が活きそう。
ただ、現状は特筆すべき点もないので条件もクリアできるかどうか。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*