競馬

2017年 札幌2歳S 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2歳勢なので毎度の事、評価は甘め。
上位3頭が抜けてる気がする評価になってしまいましたね。
何か上積みがある情報があれば変わるかもしれませんが。

能力評価ランキング

1位:ロックディスタウン
能力評価:B

新馬戦は直線で前が壁になっていた分、追い出しは遅かった。
それでも追い出したら楽々の差し切り勝ち。
他のメンバーでの物差しが分かり辛いが、かなりポテンシャルはあるかなといった感じ。
過大評価は禁物かもしれないが牝馬戦線で上位の活躍ができると見たい。

2位:クリノクーリング
能力評価:B-

新馬戦はカレンシリエージョをターゲットにしての差し切り勝ち。
とはいえ、外に大きく膨れるところもあったので評価としてはこちらを高く評価したい。

3位:カレンシリエージョ
能力評価:B-

新馬戦はクリノクーリングにターゲットにされたのが痛かった。
能力差はそこまでないと見る。
姉にアドマイヤリードもいる血統で来年のクラシックに出てもおかしくないと思うが。

4位:ミスマンマミーア
能力評価:D+

ダブルシャープに地方では負けてるとはいえ、コスモス賞を見るとこちらを高く評価したい。
ステルヴィオは重賞でもそこそこ活躍できると見ている。
その馬に大外を回りながら、首差まで迫ったのは素直に評価したいかなと。

5位:ファストアプローチ
能力評価:D

未勝利戦は着差こそ開いたが、ティータン騎手が巧くのったという感じ。
もちろんそれに応えるポテンシャルもあった事は確かだが、重賞で活躍するまでとなると少し厳しい気も…。
京成杯とかなら何とかなりそうな気もするが…。

6位:ダブルシャープ
能力評価:D

クローバー賞は追い詰められながらも差し返す内容。
とはいえ、タワーオブロンドンは外を回ってきての競馬なのでタワーオブロンドンより高く評価できるというとそんな感じはしない。
OP戦を勝っているのでこの評価にはしたがこれ以上望むのはというところ。

7位:シスターフラッグ
能力評価:D

ゴールドシップ系牝馬&ルーラシップで出遅れは定番になりそうな気はする一頭。
追い込んできての差し切り勝ちのパフォーマンスは高いが、現状だと高い評価はできない。
血統的にこれから伸びてきてもおかしくはないと思うが。

8位:ロードトレジャー
能力評価:D-

新馬戦は大きく出遅れながらの4着。
未勝利戦も出遅れたが多少は改善してる様子。
条件戦で苦しむ可能性もあるが上のクラスへ行ける見込みはあるかなといっとところ。

9位:マツカゼ
能力評価:D-

新馬戦は相手が悪かったとしかいいようがない。
普通なら勝ってるレベル。
とはいえ、それで高く評価できるかというとそうでもないのだが。
ただ、上位3頭以外とはそんなに遜色ないレベルだという感じ。

10位:コスモインザハート
能力評価:D-

新馬戦は内で少し窮屈になりながらの勝利。
タイム自体は優秀だがこの時は同日の米子Sを見ても分かるようにかなり速い時計の出る馬場。
OPまでは上がれると思うが、重賞となると厳しいのではないかと。

11位:サージュミノル
能力評価:D-

ダート未勝利戦での勝ち上がりだが、芝が合わなかったというより距離が短かったかなという感じ。
スピードはちょっと物足りない。
ただ、ダート勝ち上がりで芝が合わないという評価はまだ下したくない一頭。

12位:ロジャージーニアス
能力評価:E

新馬戦はジナンボーを除けば後方からの競馬で一番見どころはあった。
実際に未勝利を勝ちがってきてはいるが、これから上のクラスとなるとどうだろうかというところはある。

13位:ヴィオポトス
能力評価:E

コスモス賞は重馬場を気にしていた様子。
新馬戦はフラフラしていたのである程度は上積みはあるかもしれない。
ただ、現状は条件馬クラスで収まりそうかなという評価。

14位:ディバインローズ
能力評価:E

未勝利戦をモレイラ騎手で勝利。
内容は悪くないと思うが、現状だと条件戦を勝ち上がるのがどうかなといったところ。

札幌2歳Sの注目馬は[最強]競馬ブログランキングへ
(120位前後にあります)



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*