競馬

2017年 札幌2歳S 新潟記念 小倉2歳S 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌2歳Sの回覧です。

ペースはちょっと遅めのミドルペース。
それもあってか直線4角前目で中~外目の馬場を通れる馬が有利になった感じですね。

勝ったのはロックディスタウン。
ファストアプローチを目標にしての差し切り勝ち。昨年とは違い、そこそこメンバーが揃っていたと思うのでこの勝ちは素直に評価したいですね。
スタートでクリノクーリングを潰したのはかなり大きく、このあたりは流石ルメール騎手だなといったところ。
新潟の新馬戦のように広い馬場でじっくり加速した方がスムーズに加速していたと思うのでこれからも楽しみな一頭です。

2着にファストアプローチ。
蛯名騎手はほぼ完ぺきに乗ったかなと。大外枠という不利はあったもののそれ以外が一番この馬向きの展開だったんじゃないでしょうか。
昨年のNew Approach産駒であるベストアプローチのようにNew Approach系のこの馬もクラシックに出れるくらいにくるかもしれません。
まぁ上位にくるかというと微妙なところですが。
戦前通り京成杯あたり使ってくれたら狙いたいなぁと思っておきます。

人気のクリノクーリングはスタートで後手を踏み、4角で進路が狭くなり、直線でも思ったように追えず踏んだり蹴ったりです。
次回は積極的にねらっても良い一頭かなと。

本命にカレンシリエージョはスタートで後手を踏んだ時点で終了です。
スタートが良くないのでこうなる可能性も確かにありましたが、こうなったらしょうがないといった感じですね。
まぁそれでもパフォーマンスはあまり良くないなというのが正直なところではありますが。

地方馬のダブルシャープとミスマンマミーアは頑張った方かなと。
ミスマンマミーアはスムーズな競馬ではなかったプラス馬場の悪い内を通る結果になったのでこの着順もしょうがないかなと。

5着のシスターフラッグは現状はこんなもんかなーて感じですね。
今後成長しそうな血統ではあるので注目はしておきたいですが、あまり過度の期待はしない程度にしておきたいです。

新潟記念の回覧です。

ペースは予想通りウインガナドルが引っ張りミドルペース。
2番手を追走したタツゴウゲキが直線で先頭に立ち押し切り勝ちを決めました。

勝ったタツゴウゲキは秋山騎手の好騎乗が光りました。
今の馬場状態でこのペースならあの場所は黄金ポジションだったでしょう。
小倉記念の後に体調を崩したらしかったので無印にしましたが、しっかり持ち直したみたいです。

2着のアストラエンブレムもほぼ理想的だったかなと。
後ろからだと苦しかったと思います。
レース後のデムーロ騎手のコメントを見ると馬がブレーキをかけているようですが、もしそういう癖ならこれ以上のクラスだと厳しいかなと評価はせざるを得ませんね。
改善すればもっと上のクラスでも活躍できる馬だとは思いますが…。

マイネルフロストはあの位置に控えた時点で終了です。
ウインガナドルがいるので、そこまでペースは上げないと思っていましたが、アストラエンブレムと同じ位置ではどうしようもありません。

3着のカフジプリンスや5着のフルーキーはこのくらいの力はあると思うので着順自体はそこまで驚きません。
今回は展開がどうなんだという事で切りましたが次回は狙ってみてもいいかもしれません。特にフルーキーはちょっと面白いかなと。

最後に小倉2歳S。

こちらはフローラルシトラスが逃げて、モズスーパーフレアが番手に付ける形。
予想通りのハイペースで逃げた馬にはきつい展開になりました。

モズスーパーフレアはそんな中でも0.3秒差の7着なのでそこまで評価を落とす必要はないかなと。
最後に一気に交わされるまでは見どころも十分でしたしね

そんな中私が本命にしたルリハリは非常に理想的な競馬をしてくれましたが、単純に力が足りなかったようです。
あれで負けるのならばそもそもの能力見立てが間違っていたとしか言いようがありません。

勝ったアサクサゲンキはなぜ和田騎手から乗り替わったのか不明です。
エージェント制の影響かスーサン系の馬主さんに恩義があったのか分かりませんがなぜ乗り替わったのでしょうか。
未勝利戦の勝ち上がりを見る限りでは決して弱い馬ではなかったと思うのですが。

ヴァイザーは直線でナムラアッパレに直線でぶつかったりと散々でした。
それでもあの位置から上位にきたかというと疑問ではありますが、次回狙ってみても良い一頭だとは思います。

馬券は見事に3連敗です。

◎の回収率も100%になってしまいましたね。
代わりに▲の回収率が優秀になってますが(
今回も▲が全部馬券に絡んでますしね…。
まぁ何となく最近はそういう傾向があるなと思ってはいましたがとうとう▲の方が優秀となると少し考えものです。
◎が微妙な感じなのでこうなってるのは分かるんですけどねー。
夏競馬はあかんと安田記念の回覧の時にも言いましたが、こういう予想は当たってほしくなかったですw

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*