競馬

2017年 札幌記念 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例年の札幌記念くらいのメンバーといった感じ。

能力評価ランキング

1位:エアスピネル
能力評価:A-

マイルG1タイトルはすんなり取れるだけの実力はあるはず。
安田記念は明らかな不完全燃焼。
天皇賞秋くらいだと苦しい気もするが戴冠できない事はないという事でA-評価

2位:ヤマカツエース
能力評価:A-

天皇賞秋でも戴冠のチャンスは十分にある。
今年の金鯱賞は取りこぼしてもおかしくない内容だったはずだが、終わってみれば1馬身半。
中距離では侮れない。

3位:サウンズオブアース
能力評価:A-

年齢的な部分で差し引く必要はあるかもしれないが、今までの走りを考えるとA-は評価しないといけないかなと思う。
有馬記念は後方でちょっと厳しい部分はあった。とはいえもう少しやれて欲しかったなという部分はあるので過信はできない。

4位:マウントロブソン
能力評価:B

ちょっと評価が難しい。
少なくとも福島テレビOPは着差以上の勝ちに見えるのでオールカマーや金鯱賞、AJCC、日経新春杯などのG2ではいつ戴冠してもおかしくないレベルだという評価にした。
G1ではちょっと足りない気もするが、思った以上に成長してるかなという気はする。
モレイラマジックで何とかなるか?

5位:ディサイファ
能力評価:B

昨年のマイルチャンピオンシップは明らかな不利があった。
最近の成績が悪いのは確かだが、チャレンジカップは斤量も問題もあり、大阪杯はメンバーが強い。
安田記念は残り200Mあたりからは追っていない。安田記念はパフォーマンスを落としてる気もするが、とりあえずはこの評価。

6位:ツクバアズマオー
能力評価:B

G2メンバーなら十分に勝ち負けはできるレベル。
G1だともう少し成長が欲しい。
日経賞は距離が苦しかった、中山記念はメンバーが強かったのが敗因であると思われる。
函館記念は馬場が敗因だったようなので評価は落とさずこの評価。

7位:サクラアンプール
能力評価:B-

中山記念の2着を考えれば、G2メンバーなら十分に戦える実力はある。
大阪杯の敗因は状態面が悪かった模様。
函館記念は流石に後ろ過ぎ。
評価は据え置き。

8位:ロードヴァンドール
能力評価:C+

小倉大賞典の4着は評価して良い。
金鯱賞の2着もまぁまぁ評価はできるが、勝ったヤマカツエースとは力差を感じる。
G2でも上位に食い込む事は可能だが戴冠するとなると…。

9位:マイネルミラノ
能力評価:C+

周りの馬に脚を使わせばという条件付きにはなるが、G2でも馬券に絡む可能性は十分にある。
ただ、勝つまではどうかというところで評価はC+。
前回は斤量が響いたようだが今回も斤量がマイナスされるとはいえメンバーが…?
他の仕上がりが甘いなら…。

10位:タマモベストプレイ
能力評価:C

血統面から神戸新聞杯あたりを使っていた時は距離が長いと言われていた馬だが、長距離で活躍している馬で今年も万葉Sを勝ち、阪神大賞典では4着。
G3レベルなら十分に勝負になる下地はある。
函館記念ではこのくらいはやれたがそれ以上の評価となると…。

11位:アングライフェン
能力評価:C-

京都記念やメイSのメンバー構成で考えれば、もう少し上の能力評価でもいいかもしれないが、京都記念で先着してる馬がガルバルディ、ヤマカツライデンとG3レベルでG2レベル以上にはしっかりと負けている。
ガルバルディ、ヤマカツライデンも決してベターな条件、ベター状態ではなかったのでそこまで高くは評価できない。
メイSもレベルが高いと言ってもG3レベル。
現状の力だとG3で戦うのが精いっぱいという評価。函館記念から評価は変わらず。

12位:ナリタハリケーン
能力評価:D

前走は久々の芝で激走。芝でも走れるのを見せたが、サトノアレスが掃除した後に突っ込んできたので高くは評価できない。
OP戦レベルなら戦えるがG3レベルだと何かしらの恩恵がないと少し厳しいか。

13位:サングラス
能力評価:D-

芝を走っていたので芝を走れないという事がない。
ただ、頭打ちになっていたところでのダート変更なので芝に変わってまた変わり身があるかというと疑問ではある。

札幌記念の注目馬は[最強]競馬ブログランキングへ



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*