パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2017年 朝日杯FS ターコイズS 回覧

投稿日:

朝日杯FS

本命のステルヴィオはスタートでいき脚が付かず、道中でポジションを上げようとしたものの詰まり、さらに直線でも蓋をされて追い出しが遅れました。
よくあれで2着にきたものだと思います。

2ハロン目が11秒は切らないだろうと予想しましたが、ダノンプレミアムの行き脚が良かったので12.6-10.8のラップを刻みました。
逃げ馬が逃げようと思ったらダノンプレミアムより前にいかないといけないので、スタートの良いダノンプレミアムがいるとこのくらいのラップになってしまうのかもしれないですね。
多頭数だとステルヴィオとダノンプレミアムが一緒に走るとステルヴィオは後ろからにならざるを得ないかもしれません。

勝ったダノンプレミアムは普通に勝ちました。
馬群も前の方はばらけたのでこの馬が馬券圏内を外すというのは逆に難しかったです。
スタートがかなり良いので自然とばらけるのかもしれないです。
現段階では能力的にはステルヴィオが逆転する余地もありそうですが、ディープインパクト産駒は春先に成長するのでこの後のレースを考えても基本的にはダノンプレミアムを上位に評価しそうです。

3着のタワーオブロンドンは距離が長かった感じです。
ダノンプレミアムがスムーズに抜け出せたのでかなりスムーズな競馬でしたが3着が精いっぱいでした。
この馬はここまで評価を下げて正解だったかなと思います。

4着のケイアイノーテックはステルヴィオ同様直線で挟まれました。
現段階ではステルヴィオの方を高く評価しますが、春になれば分からないと思います。
次回は条件戦でしょうし、そこから判断する感じでいいですかね。

5着のダノンスマッシュは出遅れでした。
直線でも進路を探しながらなので能力を発揮できているかというとそんな事はないはずです。
馬場伸びも外の方が伸びていたので着順以上に評価して良いはずです。
共同通信杯かきさらぎ賞あたりに出てくるなら狙ってみてもいいかなとは思います。
まぁ2歳上位陣が出てこなければですが。

ターコイズS

こちらのスタートで出脚が付きませんでした。
というかエテルナミノルはゲート内で暴れてました。
スタートが良ければ、馬券圏内はあったはずですが、こればっかりしょうがないです。

1,2着馬は直線での追い出しが遅くなりましたが、結果的にあの追い出しで良かったはずです。
内で経済コースを走っていた+伸びも内の方が伸びている感じなのでそこまで高く評価しなくても良いかなと。

3着のデンコウアンジュは坂で脚が止まったようです。
まとめて差し切るかと思っただけにこのコメントには信憑性があるかなと。
もともと中山は合わないかもと言っていたのでその影響もあるかなと思います。

4着のラビットランも脚が止まりました。
まぁモズカッチャン、ソウルスターリング、アエロリットを除く、3歳牝馬の実力は基本的にはこんなもんかなという評価ですかね。
少なくとも古馬牝馬のこのレベルならここまでの争いかなというところです。
個人的にはこれはハンデの差はあったにしろ実力通りの結果かなと思います。

レーヌミノルが思った以上に活躍したので3歳牝馬が全体的には微妙という評価はどうなんだという気がしますが、これはレーヌミノルが自分が思った以上に強かったという評価にとりあえずしておきます。

まとめ

G1は日本ダービーから全く単勝が当たっていません。
それどころか秋は毎日王冠のリアルスティール以降、アルバートとタワーオブロンドンが頭できただけで他は頭で来ていないという残念っぷりです。
今年もあと残すところ有馬記念とホープフルSだけですがなんとかどちらかで単勝を取りたいです。

回収率も結局今年はレーヌミノル貯金で頑張っただけですからねー。
もう一つくらい当てておきたかったですが、今年はもう無理そうです。ワンチャン、阪神CかホープフルSですかね。

スポンサードリンク

-競馬
-,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.