パチスロブログからいつの間にか競馬ブログに変わった個人ブログ。どれだけ参考になるか分かりませんが参考になれる予想になるように努力します。

馬レコ

競馬

2017年 有馬記念 予想

投稿日:

馬場状態は内もそこそこ伸びますが、最終レースにいくにつれ外の方が伸びている感じです。
最終レースでは内をすくってジェイケイオジョウが勝ちましたが、明日はもう少し外伸び傾向になるかなと思います。

レース展開はおそらくキタサンブラック以外の何かが逃げる形。
奇策で逃げる馬がいるとは踏んでますが、正直どの馬かは検討し辛いですね。ノーザンのどれかが行きそうな気もしますが、カレンミロティックもいるのでカレンミロティックが競り駆ける形になるかもしれません。
一応、シャケトラ、トーセンビクトリーあたりも頭に入れる感じでしょうか。
いずれにしてもスローにはならないかなと思ってます。これでなにもしかけないなら本当にキタサンブラックを勝たせるレースですしね。
個人的には田辺騎手のトーセンビクトリーか福永騎手のシャケトラが仕掛けるかなと。
田辺騎手はもちろんの事、福永騎手も今年のシュヴァルグランの宝塚記念のように何かしら手を打ってくる可能性は高そうです。
ある程度は前にきつい流れになると見て予想します。

本命にはサトノクラウンにしました。
当初はスワーヴリチャードの予定でしたが外枠に入ってしまいました。
この枠の並びだとおそらくデムーロ騎手は内に入れる為に最後方に近い位置から進む可能性が高いかなと思います。
イメージ的には今年の日経賞のレインボーラインです。
いくら前がきつい展開になると予想しても今の馬場状態で最後方からは流石にきついと見ます。もちろん能力で来る可能性はありますが、ちょっと本命にはし辛かったです。

そこで浮上したのがサトノクラウンです。
今回、前述したようにキタサンブラック以外の何かしらの馬が逃げると思っています。
ついでに言うとその影響でキタサンブラックを内に閉じ込める為に4コーナーはそれなりにごちゃつくと見ています。
ムーア騎手もある程度内を取りたがりますが、内に入れるよりポジションを優先するはずなので10番手あたりを付けると思います。
そうなるとある程度外目でごちゃつきを回避できる馬を本命にしたいなという事でこの馬を本命にしました。
能力的にはキタサンブラックよりは劣るもののシュヴァルグランよりは上のはずです。
そもそも昨年香港ヴァーズでハイランドリールを破ってきています。
良馬場だから嫌われるというのならここは本命でいいかなと。

対抗はレインボーラインにしました。
岩田騎手は前回のジャパンカップで後ろ過ぎたとのコメントがあります。
今回厩舎コメントでももう少し前の方にいく示唆をしています。
スタートが良い馬ではないですが、この枠の並びなら3列目あたりには付けられると思います。
また、4コーナーあたりはごちゃつく可能性が高いかなと思っているので、岩田騎手なら馬群突破はうまくしてくれるはずなのでそこもプラス評価にしました。
ついでに穴人気してるだけではありますが、クイーンズリングより人気がないのは流石にどうかと思います。
そもそもブレスジャーニーやサトノクロニクルとオッズがここまで差がないのもどうかと思います。
秋3戦目で状態面がどうかと思いましたがそこまで悪い感じではなさそうなので対抗にしました。

単穴にスワーヴリチャードにしました。
枠以外はほぼ減点ないです。
右回りの懸念がされており、手前の問題があるようですが個人的にはそこまで気にしていません。
そもそも皐月賞も敗因は外を回した事であって、右周りが苦手だからとは見ていないです。
あとは位置取りの問題です。一応外からポジションを取る可能性はありますが、デムーロ騎手だと最後方に下げて回ってくるのが濃厚かなと思っています。
その位置だと今回はちょっときついかなと。
ただそれ以上に加点はあるので単穴にしました。

推奨馬にミッキークイーンです。
ある程度内がごちゃつくと見たので外から突っ込んできそうな馬としてこの馬を評価しました。
今回もおそらく大外ぶん廻しのはずです。
昨年も外からぶん回しでしたが、昨年以上の利は見込めるかなと思います。
今年の宝塚記念の3着があるように牡馬相手でも十分に戦える力はあるはずです。

抑えにサクラアンプルールです。
前走の天皇賞は無駄に外に回したので8着になっただけです。
もう少しコーナーをロスなく回せば、掲示板くらいには乗っていてもおかしくなかったはずです。
今回は中段あたりの位置になりそうです。
レインボーラインと一緒に引っ付いてくればチャンスはあるはずです。
ただ、サトノクラウンやシュヴァルグランにそのポジションが取られる可能性もあるのでここまでにしました。

入着アリにキタサンブラックとヤマカツエースです。
キタサンブラックは最初は切ろうかと思いました。
メンバー構成だけ見るとスローにはなりそうですが、トーセンビクトリーなりシャケトラ、もしくは他の馬がハイペースとはいかないまでもそれなりに厳しい流れを作ると思っているので、馬場の利はあれど展開の利がそこまでないと見てます。
それでも大阪杯のような走りをすれば十分に馬券圏内はありそうですが、前述したように4コーナーではそれなりにごちゃつくと見ています。
果たして大阪杯の時のようにスムーズに抜け出せるでしょうか。
逃げればその可能性は低いと思いますが、それなりに絡まれると見ているのでこの評価にしました。
キタサンブラック有利のペースになったらごめんなさいでいきます。

ヤマカツエースは昨年の4着を一応評価しました。
今年はごちゃつく可能性が高いと見ているので内から突っ込むとどうかと思いますが、外から突っ込んでも正直どうかと思います。
ただ、他に抑えたい馬がいなかったのでこの馬を抑えました。

最強競馬ブログランキングでは展開についてコメントしています。

スポンサードリンク

-競馬
-, ,

Copyright© 馬レコ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.