競馬

2017年 新潟2歳S 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2歳勢なの評価は甘め。

能力評価ランキング

1位:ムスコローソ
能力評価:C+

よれるところを見せながらも完勝。
まだまだ良くなる余地がありそうでOPクラスくらいで活躍はできそう。
スタートはあまり良くないのでそこだけ注意か。

2位:コーディエライト
能力評価:C+

映像見た限りでは分からないが新馬戦では3回程不利があったよう。
それを示すかのように未勝利戦では圧勝。
2着のレピアーウィットはコーディエライトの走りは想定外だったと思うので、プレトリアより圧倒的に強いとは言い切れないが現状は上にみたい。

3位:プレトリア
能力評価:C

新馬戦ではレピアーウィットをターゲットにした走りで差し切り勝ち。
この新馬戦はレベルが高く、3着4着馬は未勝利を勝ちあがっている。
距離が伸びてどうかというところはあるが、重賞クラスでも戦えるのではないかと思わせる。

4位:フロンティア
能力評価:C-

タイムはスローペースで平凡だが上がり2ハロンは優秀。
ペースが流れた時にどうなるかというところはあるが、着差が開かなかったのやタイムが平凡なのは仕方ないかなという面もある。
重賞を勝つくらいの可能性はあると見る。

5位:オーデットエール
能力評価:C-

新馬戦は後方にいながら差し切り勝ちの勝利。
ただ、これから成長していかなければ上のクラスではちょっと厳しいんじゃないかと思う内容。
手前を変えずに走っていたようでそこが改善されれば大きく変わる可能性はある。

6位:ダンツセイケイ
能力評価:C-

未勝利戦でL2で10.7秒をマーク。
速い時計が出る馬場だったとはいえ、流石にこれでは後ろは届かない。
新馬戦は正直相手が悪かったとしか言いようがないが、2戦目でパフォーマンスはあげてる。
これなら上のクラスでもやれるとは思うが。

7位:シンデレラメイク
能力評価:C-

メンバーが弱かったとはいえ、内容的には完勝。
直線でもふらふらしており、まだまだ良くなる余地はありそう。
重賞でも活躍できると期待する。

8位:グランデウィーク
能力評価:D+

新馬戦は大きく外に膨れながらの勝利。
煽りを受けた形なのでこの馬がどうこうという事はない。
3着のピースユニバースも次走で好走しているのでOPクラスまではいけるのではないだろうか。

9位:フィルハーモニー
能力評価:D+

新馬戦は勝ち上がりは優秀。
前走は4着と敗れてはいるものの前が止まらなかったといった感じで負けたというほど負けてはいないという評価。

10位:トッカータ
能力評価:D+

新馬戦はグランデウィークが大きく膨れながらも差し切れずに2着。
とはいえ、この馬も多少外に膨らむ影響はあった。
末脚はなかなかのもので加速が遅いながらもしっかりと伸びてくる。
ローカル路線なら2歳でOPクラスまでは上がれると思うが…。

11位:テンクウ
能力評価:D

新馬戦はニシノベースマンの方を評価したい内容。
そのニシノベースマンもダリア賞で太めだったといえ3着。
OPまで上がれる見込みはあると思うが、新馬戦の内容は優秀だったので上積みがあるかというと少し疑問。
上がれない可能性も加味してD評価。

12位:ラインギャラント
能力評価:D-

新馬戦は大外を回りながら豪快な差し切り勝ち。
ただ、メンバー的にどうかという面もあるので評価はここまで。

13位:キボウノダイチ
能力評価:E

新馬戦は4コーナーで窮屈になるもそれが幸いした感じ。
最後に詰め寄られてもおり、これ以上望むのはといったところ。

14位:エンドローサー
能力評価:E

新馬戦はムスコローソに完敗。
未勝利戦では新馬戦で多少粗削りだったところが改善されている様子。
ただ改善されてやっとといった感じ。500万条件は勝ち上がれるかもしれないが、2歳OPでも勝ちレベルまでいくのは…。

15位:マイネルサイルーン
能力評価:E

ミュージアムヒルに勝ってきてるとはいえ、どちらかというとこれはミュージアムヒルが取りこぼしたといった感じのレース。
前走を見ても条件戦を勝ち上がれるかどうか怪しいと言った感じ。
1600Mも若干長いように思える。



–スポンサードリンク–




コメント

コメントを残す

*