競馬

2017年 天皇賞秋 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は中目が良く、内2頭分が若干伸びにくい感じです。
中目先行>>外差し>内差しくらいの割合で見ようと思います。

正直、馬場状態を見た時はキタサンブラックを本命にしようと思いましたが、状態面は良い評価、悪い評価、半々といった感じみたいですね。
ぶっちゃけキタサンブラックの取り捨てが一番影響を与えるのでここをハッキリしたかったですが、正直イマイチ分かりません。
なので買いたくレースではあります。

悩んだ挙句、本命はネオリアリズムにしました。
ロードヴァンドールが少し話した逃げをし、キタサンブラックが追走。その後ろにネオリアリズムが付けるという形を想定します。
もっと後ろになる可能性もありますがその場合はごめんさい。
想定してる良いポジションに付けられれば、キタサンブラックの次に馬場の良いところを通れるはずです。
おそらく武騎手のキタサンブラックは大きく外に触れると思うのでその内を突く形の可能性が高いかなと思います。
4頭分くらいは開けると踏んでいるのでそれならそこまで悪い所も通らないはずです。
まぁわりと押し出された形の本命ですが、しょうがないです。

対抗にはグレーターロンドンにしました。
内差しは不利と見たので外から差してくる馬を買います。
正直、グレーターロンドンとサトノアラジンはなんでこんな人気ないの?というような人気なので買い目には積極的に入れて置きたいです。
馬群がある程度ばらけると思うのでその分外を回る不利はあるかもしれませんが、その分を差し引いても狙っておいた方が良いかなという事で対抗評価です。

単穴には当然サトノアラジンにします。
これもほぼグレーターロンドンと同じ理由ですね。

推奨馬にはリアルスティールにしました。
ある程度中段の位置に付けて馬場の真ん中から伸びてくるとなるとこの馬かなという事で推奨馬にします。
シュミノー騎手はわりと内にいれる騎手ではあるのでその分評価を下げましたが、素直にレースをすれば直線ではソウルスターリングの外目、内から6~8頭目あたりの馬場を通ってくる可能性が高いかなと。
サトノクラウンと迷いましたが、サトノクラウンは内差しをする可能性が高いと踏んでこちらを評価しました。

抑えにレインボーラインにします。
この馬に関してはいれるかどうか迷いました。
ただ、netkeibaの厩舎コメント欄等見ても状態面は非常にいいようです。
昨年のジャパンカップ6着、今年の宝塚記念5着と地力はあるはずので抑えにしました。

入着アリにサトノクラウンとステファノスにしました。
サトノクラウンは重馬場以上になるなら確かにこの馬が強いと思います。
ただ、今回は内差しになる可能性が高いかなと思うので評価を下げました。
宝塚記念にしても京都記念にしても渋った馬場でしたが、両方ともキッチリ外目で馬場の良い所を走ってきています。
今回はそれがうまくいくか疑問なので入着アリまで評価を下げました。

ステファノスは展開面で利があると見た為です。
ただ、今回はオールカマーでそれなりに仕上げてきたようであまり上積みがないようです。
その分を差し引いて入着アリまで。

キタサンブラックは切りました。
というよりこの馬に関しては切る前提で予想したのできたらごめんなさいの方向です。
買うなら本命にするくらいでいいと思います。

ソウルスターリングは道悪が駄目と見て切ります。
桜花賞で何度も手前を変えているようにやはり道悪は良くないはずです。
良馬場なら本命にしようと思っていましたが、この馬場なら切ります。
思った以上に人気も下がっていませんしね。

最強競馬ブログランキングではちょっと気になる穴馬についてコメントしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*