競馬

2017年 天皇賞秋 スワンS アルテミスS 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これに関しては事前に馬場予想を先頭中目>外差し>内差しとした時点でアウトでした。
ツイッターでも少し触れましたが、

日曜の馬場は先頭中目=内差し>外差しといった感じになっていました。
馬群がばらけるのは想像できたので内差しもほとんど不利を受ける可能性は少なかったはずなので、サトノクラウン、キタサンブラックには有利になるかなという馬場状態でした。

それでもキタサンブラックは出遅れたので、「あ、これは飛んだな」と思ったら直線ではいつの間にか先頭にたっており、サトノクラウンの追撃をかわし1着です。
相変わらず並んだら抜かせません。
スタートが出遅れた原因ではゲートにぶつかったようです。まぁジャパンカップでの本命はレイデオロにするつもりなので私は今後キタサンブラックの単勝を取る事はほぼないでしょう。

サトノクラウンも地力は見せたかなとは思います。
正直展開は向いたと思うのであまり評価は高くしたくないですが、3着以下との着差が着差だけに評価はしておかないとまずいかなとは。

レインボーラインは頑張りました。
この馬が馬場の中目を通れるか疑問だったので抑え評価でしたが、岩田騎手がうまくポジションを取ってきましたね。
状態面が良かったのは事実だったようなので次回上積みという点で次回狙うかどうかは微妙ですが、まぁ地力はあるかなというところ。

このレースで一番評価したいのはマカヒキですね。
上位3頭は内を回って直線で馬場の良い所を走った馬達ですし、リアルスティールも上位3頭ほどではないにしろほぼ減点がない競馬をしています。
直線で進路を変える部分もありお世辞にも展開が向いたとは言えないですね。
マカヒキ復活の日も近そうです。

6着のソウルスターリングも外を回る競馬でした。
直線では中目を通ってきたものの道中外を回るのが大きかったかなと。
うーん、良馬場だったならと思わざるを得ない内容ですかね。
馬場は大丈夫というレース後コメントがあったのでそこまで影響なかったかもしれませんが、やはり悪かったのかなとは思います。
ジャパンカップに向かうかもしれないとの事なのでその場合はレイデオロと迷いそうです。

本命のネオリアリズムは13着。
体重は増えてるもののパドックではそこまで悪くは見えなかったんですがどうなんですかね。
直線では残り200Mくらいで明らかに息が切れてるように見えるので状態面が悪かった可能性が高そうではありますが…。
まぁ正直レース前でこの判断は難しいと思っているのでこれに関してはしょうがないです。

スワンSはサングレーザーが4連勝で重賞勝利です。
レースはトウショウピストが引っ張りミドルペース。

馬場の悪い内を避けて膨らんだ為、外を回した馬はノーチャンスになりました。
基本的に前、内目を通った馬が上位に来ているので着順程、各馬に能力の開きはないかなと思います。

ただ、その中でも内からとはいえ差してきたレッツゴードンキとサングレーザーは評価しておかないといけないかなとは思います。
他にもトーセンドューク、トーキングドラムあたりですかね。
トーセンドュークは前から注目している馬ではありますが、どうしても脚質面で嵌らないとという部分がでてきてしまいますね。

トーキングドラムは次走あたりは狙って見てもいいかなと思います。
メンバーもレッツゴードンキやサングレーザーあたりを除いたメンバーくらいのメンバーだといいですがどうでしょうね。

セイウンコウセイは揉まれましたね。
揉まれ弱いというのは厩舎コメントからも察せますが、今回も揉まれました。
トウショウピストが引っ張ってある程度ばらけそうなので大丈夫かなと思いましたが、そんな事はなかったようです。
外に逃げ馬がいないのも必須になりそうです。

アルテミスSはラッキーライラックが勝ち、オルフェーヴル産駒2頭目の重賞制覇です。
オルフェーヴル産駒は産駒数に対しての成績が良くないという風に言われてますが、早くも重賞2勝目。
ディープ産駒のようにピンかパーが多いのでしょうか。
まぁまだ分からないところではあるのでクラシックまでは様子見ですね。
馬の評価は現状そこまでかなという評価。
頭がちょっと高めの走りをしているように見えるので重馬場も得意そうでしたし、あまり高めの評価はしたくないかなというのが現状。
とはいえ、成長度はオルフェーヴル自体が3歳春頃からの成長なのである程度は見込めるかなとは思います。

2着のサヤカチャンは重馬場と展開が向いたのかなとは思います。
前が残る決着だったので着順ほど評価をしなくてもいいと思いますが、リーチザクラウン産駒の重馬場適正は侮ってはいけませんでした。

3着のラテュロスは個人的には一番評価したいかなと。
レース後コメントを見ると加速力が足りないようです。
確かに未勝利戦も加速してからの脚は良かったですが、加速力自体はそこまであるようには見えません。
ただ、不利を受けやすそうというのは頭に入れて置いた方が良さそうです。

トーセンブレスは6着でした。
案の定出遅れです。
ポジションを上げて勝負できるポジションにはいましたが、そこからは伸びず。
ポジションを上げるのでそこまで無理してるようにも見えませんでしたし、この負けはちょっと意外かなとは。
スローからの瞬発力勝負じゃないと分が悪いのでしょうか。

まぁ私にはラッキーライラックは本命にできなかったのでこれはしょうがないですね。
評価を上げたくなるようなところはあまりありませんでした。
あえて、言うならサヤカチャンを拾っておかないとはまずかったかなとは。

今週も駄目でしたねー。
天皇賞はキタサンブラックから入るかキタサンブラックをブッタ切るかという2択を失敗してのでどうしようもないです。
まぁキタサンブラック買うなら本命にするつもりだったというのが唯一の救いでしょうか(←ひどい言い訳

アルテミスSは私には無理ですかね。
これは諦めが付くハズレなのであまり気にしません。

スワンSもちょっと難しかったですかね。
サングレーザーからは入れてもヒルノデイバローを抑えるのは多分しなかったと思います。

来週はG1が中休みでスワーヴリチャードとセダブリランテスがアルゼンチン共和国杯でぶつかりますね。
ハンデ次第という事になりそうですが、そこまで見込まれないとは思うので今のところこの2頭が上位評価ですね。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*