競馬

2017年 函館2歳S 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新馬戦と未勝利戦だけなので難しい所ではあります。
評価も差を付ける為に少し甘めにつけてます。

能力評価ランキング

1位:モルトアレグロ
能力評価:C+

ダートで新馬戦を飾ったが、あの勝ち方なら少なくともダートでは重賞級と見ても良いと思う。
函館2歳Sで勝てば別だが、負ければおそらくダート路線にいくだろうし、兵庫ジュニアグランプリや全日本2歳優駿に出ても良い勝負になる。
新馬戦でも「勝つ為のレース」というよりは「勝つのは当たり前、レースを教える」といった感じで、道中行き過ぎないように抑えたりもしていた。
芝では未知数だがダートでは高いレベルにいるという事でトップ評価。

2位:カシアス
能力評価:C

新馬戦では目標され負けるものの次走の未勝利戦では後続を楽に突き放しての勝利。
タイムが良くながら、内容はさらに楽になっている。
モンドキャンノと同じくらいの活躍はできるのではないだろうか。

3位:アリア
能力評価:D+

新馬戦では前にいくダンツクレイオーをキッチリ差し切る。
タイムもそこそこ優秀でまだ良くなる余地もありそう。
新馬戦のまま変わらなければ、重賞では厳しいと見た為にD+としたが上にいく余地は十分にある。

4位:スズカマンサク
能力評価:D+

タイムこそ平凡だが、余裕のある勝ち方。
成長しないと厳しい面はあるが、まだまだ余裕があり成長しそうな馬。
現段階ではD+だが、函館2歳Sではもっと良くなる可能性はあり。

5位:デルマキセキ
能力評価:D

まだレースに慣れてない走りぶりで、行き脚がつかなかったり、無駄な脚を使っている。
着差以上の勝ちと評価したい。まだ良くなる余地はあると思われる。

6位:ジェッシージェニー
能力評価:D

飛びが綺麗で距離が延びればOPくらいまではいけるのではないかと思わせる。
勝ち方も余裕があり、期待したい一頭。

7位:パッセ
能力評価:D

直線でしっかり追えてからの伸びは優秀。
条件戦勝ち上がりまでなら。

8位:ベイビーキャズ
能力評価:D

スタートで出負けするも伸びてくる。
スタートが改善されれば条件戦クリアはできそう。

9位:ダンツクレイオー
能力評価:D-

新馬戦の内容だけ見れば、アリアよりはダンツクレイオーを評価したい。
ただ、次走の未勝利戦で大きな上積みは見えなかった。
スタートが良いので2歳時に500万条件を勝ってOPまで行ける気はするがそこで打ち止めかなという評価。

10位:ナンヨープランタン
能力評価:D-

新馬戦はカシアスに勝っているが、新馬戦としては平均といったところ。
2歳~3歳重賞路線では大きく成長しない限りは少し厳しい。
今のところは2歳時で500万は勝てるかもしれないがOPでは苦しむのではないかと見ている。

11位:リンガラポップス
能力評価:D-

新馬戦で一緒に走ったカシアスやナンヨープランタンに比べると見劣りする。
次走の未勝利戦もこの馬にとって楽な内容といったところで上のクラスでは少し厳しいのではないか。
D-の評価をしたが500万条件でも恵まれないと勝ち上がれるか微妙ではないかと見ている。

12位:ヤマノファイト
能力評価:D-

地方馬なので何とも評価がし辛いところではあるが、そこまで悪い馬ではないと見ている。
全日本2歳優駿に出られる可能性は十分にあるのではないか。

13位:ウインジェルベーラ
能力評価:E

直線ぶつけられながら勝つあたりは評価したいが条件戦で争うあたりではないかと見る。

14位:ガウラミディ
能力評価:E

外に膨れながらも勝つのは良い。スタートが少し鈍いので後方の位置取りになりそうでダートの条件戦で上位常連になる可能性はあるが、それ以上は微妙なところ。

15位:キタノユウキ
能力評価:E

逃げての粘り腰はなかなかで良くなる余地はありそう。
新馬戦のままだと条件から抜け出すのは難しそうだが、上詰みはあるかも?

16位:サンダペンポート
能力評価:E

新馬戦ではかなり好スタート切れながらギリギリの勝利。
函館2歳Sでも好スタートを決めれば、なだれ込みの可能性はあるが、現状は条件戦でも厳しいのではないか。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*