競馬

2017年 京都大賞典 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は若干前が有利ですが、昨年ほど極端ではないかなといったところ。
それでも基本的には前の方が有利かなといった感じ。

レース展開はスマートレイアー、サウンズオブアース、カレンミロティックのどれかが逃げるかなといったところ。
カレンミロティックはそこまで積極的には出さないはずなので、スマートレイアーが一番濃厚ではありますかね。
サウンズオブアースは前回スタートで躓きながらも押していきましたし、横山騎手なのでありえるかなというところ。
ただ、このメンバーならスマートレイアーがハナを主張しそうですし、そうなると横山騎手が押してまで先頭に出るというのは少し考え辛いとは思います。
まぁ可能性はあるかなくらいですね。
サウンズオブアースが逃げればミドル、スマートレイアーが逃げればスローという感じに想定します。

有利になりそうなは3~5番手集団、内を回り勝つ直線で内2頭分くらい開けたところから差してこれる馬ですかね。

本命はサウンズオブアース…ではなくヒットザターゲットです。
正直サウンズオブアースは3~5番手集団が濃厚でしょうし、その想定でいけばこの馬が一番手にはなります。
ただ、ヒットザターゲットを狙う条件が揃ったので、ここで狙わずいつ狙うという事で本命にします。
能力評価ランキングでも言いましたが、この馬の好走条件は「内枠でラチ沿いを走る」「高速馬場(良馬場)」が必須条件でこれはnetkeibaのヒットザターゲットの掲示板を見れば当然のように話題になってます。
それに加え、「坂がない」「暑い」。この二つの条件があるとなお良いって感じですね。
今回は4枠6番の「内枠」で「高速馬場」。さらに京都競馬場という「平坦コース」で、10月ながら25度以上の「暑さ」になります。
条件が揃った事が影響してかオッズは50倍台です。
近走のG1はともかく、金鯱賞や目黒記念よりオッズが低いのは普通に考えたら異常です。
メンバーもこちらの方が上ですし。条件が揃っているから起こっている現象だと思われます。

昨年の京都大賞典も外枠ながら内に潜りこんである程度見せ場のある競馬だったにも関わらず、後ろのサウンズオブアースに差されているのでまぁ素直に取るならサウンズオブアースを上に取るべきではあります。
ただ、条件が揃ったのでここは本命します。

対抗はサウンズオブアースです。
まぁ普通ならサウンズオブアースを最上位に評価しないといけないと思いますし、展開面ではかなり向く一頭のはずです。
有馬記念ではシュヴァルグランに先着を許してますが、能力的にはそんなに変わらないか、こちらの方が上だと思っているので人気で負けているというのは素直に買いたくなる一頭です。
というより普通ならこっちが本命です。

単穴にスマートレイアー。
基本的には前が有利になるはずで前に行く中ではこの馬を一番に評価しないといけないかなと思います。
馬場の影響はあったにしろ京都記念での2着は素直に評価しておかないといけないかなと。
鳴尾記念は豊マジックの影響で負けただけなので評価を落とすものでもないですし。

推奨馬にはフェイムゲームにしました。
ゲートの出が良くないので基本的には後ろになりそうです。その為、展開は向かない可能性もありますが、ルメール騎手だとある程度ポジションを上げる可能性もあるかなという事で推奨馬にします。
去勢効果が出た目黒記念はトップハンデながらの勝利で、これはまたG1戦線でも頑張れるかなと思わせる走りでした。

抑えにトーセンバジルです。
この馬もフェイムゲーム同様ゲートの出は良くありません。
ただ、ジャパンカップではある程度押し上げていきましたし、昨年の京都大賞典でアドマイヤデウスを2着に導いた岩田騎手なら今回はある程度前に行く可能性があるかなと思います。

入着アリはミッキーロケットとカレンミロティックにしました。
ミッキーロケットは出遅れなければある程度位置は取るはずです。
それを考えれば条件には合致しますが、この馬が出遅れてくれないとヒットザターゲットはすんなり内を取れないと思います。
ヒットザターゲットと一緒に買う馬ではないかなという事で入着アリまで。

カレンミロティックは前に行く馬という理由です。
連まではどうかと思うのでここは入着アリまで。

シュヴァルグランは切ります。
春の天皇賞組は軒並み成績が悪く、ゴールドアクターもいまだに復帰できないという事で春の天皇賞組は危険じゃないかという事は言われています。
その法則で言えば、トーセンバジルも買うべきではないのですが、この馬はさらに買いたくない要素があります。
まずは展開面。
宝塚記念で逃げた事により福永騎手が降ろされたようなので、今回は後方待機になるはずです。
後方からだと基本的には苦しいと見ます。
昨年の京都大賞典でのデムーロ騎手の騎乗はそれじゃ届かなねぇよというような騎乗だったので今年も再現があると思います。

それに加え、そもそもシュヴァルグランは福永騎手が色々工夫をして成績を残してきた馬なのでこの乗り替わりはデムーロ騎手とはいえマイナスとみます。
1番人気で買いたい馬ではないですかね。きたらごめんなさいでいきます。

最強競馬ブログランキングではこの他に買うならという馬を書いてあります。(300位前後)



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*