--スポンサードリンク--
----
競馬

2017年 京成杯AH  能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マルターズアポジーが抜けてる気がしますが、ハンデが気になるところですかね。

能力評価ランキング

1位:マルターズアポジー
能力評価:B+

前走は展開がある程度向いたとはいえ、内容的には完勝。
評価は一段階上げてB+。

2位:ブラックスピネル
能力評価:B

安田記念は大敗したもののマイラーズCや東京新聞杯を考えるとヤングマンパワーやブラックムーンと同等の評価はしたい。
まぁそのヤングマンパワーもブラックムーンも夏競馬でそこまで成績が良くないのが気がかりではあるが…。

3位:グランシルク
能力評価:B-

G3クラスなら常に勝ち負けするくらいの力はあると思っていたが、中京記念を見るともう一段階上げてもいいかなと思う。
暮れの阪神Cで勝ってもおかしくない実力という評価にする。

4位:ウインフルブルーム
能力評価:C+

毎日王冠は外差し馬場で向かなかった。
それでも上位に来ていたかは疑問ではあるが、G3クラスなら上位にいるだけの力はあると見る。
あとは長期休養明けで能力がどうなってるかくらい。

5位:ロサギガンティア
能力評価:C+

1400M専用機と名高いがそこでならマイルのトップクラスとはやりあえる。
ただ、やりあえると言ってもマイルのトップクラスが出てくるG2では掲示板に乗れる程度で戴冠できるまでとなると難しいのでC+が限度か。
1600Mだとどうにもこうにも

6位:ダノンリバティ
能力評価:C+

関屋記念はまぁこんなもんかなという内容。評価は据え置き。

7位:マイネルアウラート
能力評価:C+

G3なら展開が向かない、斤量が恵まれないとかでない限りは上位に来れるだけの実力はある。
G2でも展開が向けば馬券圏内の可能性も十分にある馬。
前走は不可解な負けではあるがまだ評価は落としたくない。

8位:ボンセルヴィーソ
能力評価:C

NHKマイル組はレッドアンシェルとアエロリット以外はあまり評価していない。
オールザゴーを評価したら結局あんな感じだったので。
それでもG3クラスなら勝負にはなるかなという事でこの評価。

9位:ミッキージョイ
能力評価:C

前走は馬場。前々走はスロー展開。京都金杯は最後方。
条件戦での勝ち上がりを見れば、重賞クラスで勝負になって良い力はあるはずだが…?

10位:ダイワリベラル
能力評価:C-

前走は落鉄していた様子。
G3クラスなら勝ってもおかしくないと思うが?

11位:ガルバルディ
能力評価:C-

中京記念を勝っているいるようにG3ならもう一回戴冠しても。
近走も評価を落とす内容ではない。

12位:トーセンデューク
能力評価:C-

ここ2走のG3は両方とも0.4差。着順程は負けてはいない。
脚質が難しい所はあるが、重賞で勝負にならないほど弱い馬ではない。

13位:ウキヨノカゼ
能力評価:C-

2年前のスプリンターズSで3着になってはいるものの、高い評価は難しい。
とはいえ、能力が衰えているという感じはしない。
前が潰れてくれる展開になれば…。

14位:アスカビレン
能力評価:C-

エリザベス女王杯やヴィクトリアマイルなら掲示板に乗ってもおかしくはない。
牝馬重賞ならG3くらい制覇できるだろう。
牡馬に混じるとなるとこの評価。

15位:オールザゴー
能力評価:D+

前走の内容を見ると評価を落とさざるを得ない。
それでもOPクラスならやれるくらいの力はあると思うが。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*