競馬

2017年 中京記念 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

如何にもG3っぽいメンバー。

能力評価ランキング

1位:ブラックムーン
能力評価:B

京都金杯は後ろに控えなかった、東京新聞杯は後ろからでは無理な展開と考えれば、そこの敗因はあまり気にしなくも良い。
前走の米子Sでは流石にOPクラスではレベルが違ったというところ。
展開次第ではエアスピネル、イスラボニータあたりをG2で食ってもおかしくはないと思うのでトップ評価。

2位:ダノンリバティ
能力評価:C+

正直いつG3を制覇してもおかしくないレベルだと思う。
ただ、スローの上がり比べの方が得意に見えるだけにそこがどうかといったところ。

3位:サンライズメジャー
能力評価:C+

近走は不振だが、レベルが高かったり展開が向かなかったりとそこまで悲観する内容でもない。
マイラーズCを見るとやはりG2では壁を感じるが、掲示板に乗れるくらいの力はやっぱりあるなと思わせる。
G3くらいなら制覇してもおかしくないと思うのだが、ハンデがネックとなるのか。

4位:マイネルアウラート
能力評価:C+

G3なら展開が向かない、斤量が恵まれないとかでない限りは上位に来れるだけの実力はある。
G2でも展開が向けば馬券圏内の可能性も十分にある馬。

5位:グランシルク
能力評価:C+

G3クラスなら常に勝ち負けするくらいの力はある。
阪神Cではサンライズメジャーより先着しているが通ってきた馬場を考えるとこちらを上にはできない。
G2でもワンパンチ足りないのでG2では届かないのではないか。

6位:レッドレイヴン
能力評価:C

巴賞の走りを見れば、夏競馬のG3くらいならいつ制覇してもおかしない馬だと考えられる。
ただ、長期休養明けでどこまで力が戻せるかといったところか。

7位:ワンアンドオンリー
能力評価:C

ダービー馬にこの評価を下すのは何とも…という評価だがそうせざるを得ないというのが正直なところ。
もうG2戴冠ですら難しいのではないかと思われる。G3クラスならまだ勝負になるとは思うが、あくまで勝負になるレベル。

8位:ウインガニオン
能力評価:C-

恵まれた面はあったにせよ、ここ2戦は強い内容。
G3でも恵まれれば勝てるくらいの力はある。

9位:アスカビレン
能力評価:C-

エリザベス女王杯やヴィクトリアマイルなら掲示板に乗ってもおかしくはない。
牝馬重賞ならG3くらい制覇できるだろう。
牡馬に混じるとなるとこの評価。

10位:スーサンジョイ
能力評価:D+

ダートならG3でもそこそこ良い勝負になると思っている。
ただOPでもそれなりに優秀な馬が集まるダートではなかなか実績が残せないといったところ。
芝の1600Mで2着の実績はあるが…?

11位:グランチャーレ
能力評価:D+

ダッシングブレイズの2着、ブラックムーンの3着などの成績はあるが、力差は感じる内容。
G3ではよほど恵まれないと戴冠は難しいという見解。

12位:ムーンクレスト
能力評価:D+

スワンSの5着は恵まれた面があるにしろ、清水Sあたり走ればOPクラスでもやれるとは見ている。
米子Sは力負けに見えるが、安土城Sは直線ほぼ追っていない。

13位:ケントオー
能力評価:D

昨年の中京記念では3着に入ったがOPでは好成績は残せるが、重賞にいくとどうかというところ。

14位:トウショウピスト
能力評価:D

前走はシャイニングレイの2着と好走。
ただ、斤量の面で有利だった事もありあまり高くは評価できない。OPクラス止まりかなという評価。

15位:クリノラホール
能力評価:D

愛知杯、ヴィクトリアマイルは挟まれて十分な力が発揮できず、阪神牝馬Sは馬場の影響があった模様。
愛知杯の入りを見る限り、牝馬重賞のG3なら勝負になるとは見てる。
ただ、牡馬と混じるとOPクラスか。

16位:ピークトラム
能力評価:D

昨年の中京記念2着馬。
最近は復調してきて、58kgながらもなかなかに走っている。ただ、展開面で不利を受けた訳ではないのでOPクラスが限度か。
恵まれればG3でも上位もあるが…。

17位:ピンポン
能力評価:D-

限りなくEに近いD-評価。
流石に上積みは見込めないのではないか。

18位:サンマルホーム
能力評価:E

条件でも勝ち上がれるかどうか。



–スポンサードリンク–




コメント

コメントを残す

*