競馬

2017年 中京記念 函館2歳S 回覧 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは中京記念です。

レースはトウショウピストが引っ張り、2番手にウインガニオン。
トウショウピストが大きく逃げたので2番手のウインガニオン以下は実質は若干スロー気味かなといったところ。
直線ではウインガニオンとブラックムーンのみが内に切り込み、そのほかの馬は外を回る形。
結果内で粘ったウインガニオンが2馬身差を付けての圧勝。

まぁ何というか俺、学習しなさいよといった感じですね。
高松宮記念と似たようなイメージがかなりありました。

内は見た目荒れているがそこまで伸びない馬場ではないというのは高松宮記念でもそうでしたし、見た目荒れている馬場ならそこを避けて通るというのは心理的にあり得る事だと。
雨が直前に降ったなら猶更でした。

ここまで着差が開いたのはもちろんウインガニオンが想像以上に強かったのもありますが、やはり展開がマッチしたかなと。
津村騎手が思い切って内に進路を取った事や、逃げれなかった(らしい)場合でもしっかりとペースを落として自分の競馬に持っていけたのが大きかったかなと思います。
今回は津村騎手が巧かったと言わざるを得ませんね。

2着のグランシルクはこういった馬群がばらけるなら文句なしの騎乗だったかなと。
流石に内を突くのはどうかと思いますし、コーナーも比較的ロスなく回ってて直線で馬場の良い所に出してるのでロスも少ないです。
負けたのはグランシルク以上にウインガニオンが良い競馬をしたという評価ですかね。
ただ、やはりG3で上位なのは分かるんですが、今回も上手く乗ったという部類だと思うのであまり高くは評価できないなといったところ。

3着のブラックムーンは仕方ないかなといったところです。
馬群がばらけたのでかなり望みは薄かったです。内が悪くないと言っても追い込むなら最内よりは更に状態の良い外を回る方が良いですし、馬群が固まってグランシルクの走ったラインをあたりから追い込むのが理想的でした。それでもデムーロ騎手なら内を突いてくると思ってはいたのでもしかしたら勝てるかなとも思ってましたが、そんな甘くはなかったです。
グランシルクにも負けてますしね。
まぁ脚質的に難しいところがある馬ではあるので評価自体は下げませんが、狙い所は難しいです。

アスカビレンはウインガニオンを除けば、一番理想的だったかなと。
まぁこのくらいの力はあると思いますが、あまり過度の評価はできないところ。

5着のダノンリバティはスタート直後であそこまで下がるのはちょっと意外だったなと。
外からマイネルアウラートやトウショウピストが来たとしても、あそこまで位置取りは下がらないと思っていました。
今回も「マイネルアウラート行かないんやな、じゃあその後ろくらいになるかな」と思ってたらスピードに乗れず、どんどん位置取りが後方になりました。
レース後コメントで「テンが速く置いていかれた」とありましたが、確かに過去のレースを見るとそんな感じです。
ここは素直に失敗ですね。序盤が緩かったり、外に逃げる馬がなければリカバリーできるんでしょうが、押していける状況がなくペースがそこそこ流れるスタートだと一気に後方まで下がってしまうのでしょう。

スーサンジョイは評価を上げてもいいと思います。
直線では馬場中目のちょっと内側を走っていましたが、そこは伸びないところだったと思います。
斤量も斤量なので次回狙える機会があれば狙って見たい一頭かなと。

続いて函館2歳S。

こちらはカシアスはが制し、今年初の2歳重賞ウイナーとなりました。

やっぱり展開が読み辛かったですね。外は概ね想像通りでしたが、ウインジェネベーラやパッセが先手を取りました。
内から押し上げていけばどれが先手を取るかは分からなかったので、意外とは言いませんがやっぱり読めないなと。
ただやはりハイペースになって、1~2列目で直線で内から3~5頭目にいた馬が有利になったかなといったレース。

これに見事にマッチしたのがカシアス。
まぁこれで負けたら流石にといったところですかね。
ただ、この走りだとやはりG2では壁があるかなといったところ。
京王杯2歳Sにいくと思いますがここではどうかなって感じですかね。まぁ馬券に絡む可能性が高いと思いますが。

2着のウインジェネベーラは意外に粘ったなというのが第一感想。
前走では力は十分に出し切れてないとは思ってましたが、上位に残るのはあまり考えてなかったので反省です。
ただ、少しは評価はあげますが、基本的にはこのへんで打ち止めかなという評価ですかね。

3着のアリアはもったいなかったなと。
スタートで出負けして、後方から。新馬戦でのスタートが悪くなかったので道中は2~3列目の位置取りになる可能性が高いと思ってましたが、4列目になってしました。
直線でも3列目で、直線の位置取りも内から6頭目。勝負にならなくはないけど、勝つにはちょっと厳しいといった位置。
それでも3着にきたのは評価して良いかなと。
次回は狙っても良いかなと思います。

デルマキセキはまともに力を発揮するとこんなもんと見れたのは良かったですね。
まぁウインジェネベーラと変わらないくらいの評価ですかね。

6着のナンヨープランタンはあの位置からよく6着まで来たなといったところですね。
ただ、あれでは流石に届かないですし、勝つどころか掲示板も難しいですね。
まぁ1200Mは短いかなと。
次回はどこに出るか分かりませんが、メンバー次第では狙ってみてもいいかなと。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*