競馬

2017年 七夕賞 プロキオンS 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕賞

七夕賞プロキオンSの回覧です。

まずは七夕賞から。
レースはマルターズアポジーが逃げますが、フェイマスエンドに絡まれてペースはハイペースになります。
縦長の展開になり、大きな不利は受け無さそうな展開でした。

1着のゼーヴィントは流石にここでは負けらないといったところですかね。
フェイマスエンドのサポートもありましたが、マイネルフロストも強い競馬をしてましたし、レース後のコメントで調教師が「動きが重く見えて仕上げに失敗した」と言っているように仕上げは万全ではなかったと思います。
おそらく失敗ではなく、目いっぱい仕上げなかっただけでしょう。レース前も「久々がどうかも、コース実績があり頑張ってほしい」というようなコメントだったので仕上げませんでしたというのをストレートに言わない為の言葉だと思います。

2着のマイネルフロストは地力はやっぱりあるかなと言ったところですね。
57kgは流石に重いと思いましたが、これくらいの相手ならといったところでしょうか。

本命のバーディーイーグルはスタート直後でフェイマスエンドにぶつけられましたが、アレで馬がやる気をなくしているとかそういうのでない限りはほぼ関係ないかなと。
レース後コメントを見ると「これだけペースが速いと厳しい。最後は脚が止まってしまった」とあるようなのでスローペースの方がいいんですかね。
そうなると前走のエプソムカップの評価を考えないといけないですかが。

地味に評価したいのはタツゴウゲキ。
直線では大きく進路を変えての6着。ハンデの利はあったにしろもう一つ二つくらいは上の着順でもおかしくはなかったかなという感じです。

マルターズアポジーは絡まれたのも原因だと思いますが、それは人気馬の宿命といったところですかね。
次は人気が落ちると思うので買いたいです。

プロキオンS

次にプロキオンS。
こちらもハイペースの展開になりました。
前崩れの中、ゴーイングプレートが残ったのは評価したいところ。次回これより人気にはなるでしょうが、紐では狙いたい馬です。

トウケイタイガーもトップ斤量+ハイペースで7着に粘ったのは評価して良いかなと。キングズガードやカフジテイクと比べるというところはまだありますが、この2頭がいても積極的に狙っても良い一頭かなと思います。

キングズガードとカフジテイクはコース取りの差かなといったところですね。
斤量の差もありますが、キングズガードは前に壁が出きて追い出しを遅くできた事も結果的によかったかなとは思います。

ブライトラインは強い競馬をしましたが、流石に上位2頭には届かなかったですね。

ベストマッチョは予想通りいけず、そのまま沈んでいきました。砂を被らないならもっとやれていいはずなので次回は積極的に狙いたいです。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*