競馬

2017年 ローズS セントライト記念 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはローズSです。
ペースはちょっと速めのミドルペース。
正直、カワキタエンカはもっとペースを落とすと思っていたのでこれは意外でした。
流石横山騎手です。

勝ったラビットランは末脚自体は評価していましたが、ここでも通用するとは思っていませんでした。
もちろん、他の有力馬が緩いというのもあったとは思いますが、このへんは素直に評価しておかないとまずかいかなと。

2着のカワキタエンカは秋2戦目でしたが、まだ余裕残しといった感じです。
それでも2戦目なので他の有力馬よりはアドバンテージはあったとは思います。
秋華賞でも上積みはあると思いますが、横山騎手はアエロリットなのでそのへんがどうなのかといったところ。

3着はリスグラシュー。
相変わらずエンジンの掛かりが遅い馬です。
直線でラビットランに置いていかれなければ、もう少しきわどかったとは思います。
あとは位置取りがもう少し前になるかと思いましたが、思ったより後方でした。
スタートはかなり良くなってるので位置取りはある程度取りにいけそうですが、秋華賞でどのあたりに付けそうになるかもポイントになりそうです。

4着のミリッサは直線度々進路を変えながらの4着。
勢いがあまり落ちたとは思わないので不利とは言い難いですが、本番は賞金の問題もありますが、見直しても良い一頭かなとは。

5着のメイショウオワラはパドックは良く見えましたし、現状はこれが精いっぱいかなという気はします。
位置取り次第では良い所までいきそうとは思いますが、カワキタエンカ、アエロリットを本番で捉えられるかというとそれも微妙です。

6着のファンディーナはまぁこんなもんかなというところ。
状態が良くなかったのは本当だと思いますし、実際に私もパドックはあまり良く見えませんでした。
ただ、怪物と言われる程の馬じゃないかなという見解はさらに深まったといえます。

レーヌミノル、モズカッチャンは明らかに太かっただけだと思います。
特にレーヌミノルは良い感じに負けてくれました。おそらく距離の壁は囁かれると思うので本番はしっかりと人気が落ちるはずです。
桜花賞程のオッズにはならないと思いますがね。

あとは少し注目していた馬に触れます。
カラクレナイは増えた分の体重から太め感はなく、むしろよくみえました。
休み明けの影響はあったと思いますが、こちらはレーヌミノル以上に距離の問題が大きかったかなと思います。

ハローユニコーンも馬体は成長した感じでしたが、ちょっとまだ元気がないなという感じなので状態面の問題があったのかなとは思います。
とはいえ、流石に負け過ぎなので秋華賞に出た場合に買うかどうかはまた考えます。

ただ、今回の結果でアエロリットが一番人気になりそうなはちょっとイヤだなという結果です。
そうでなくても一番人気になる可能性は高かったですが、この結果だとほぼ濃厚になりそうです。
なんとか4倍付いてくれないかなと思ったりするのですが、まぁおそらく良くても3倍台かなという気がします。

続いてセントライト記念。

こちらは大方の予想通りサンデームーティエが引っ張る形。
クリンチャーがも積極的に出していきました。
ペースは落ち着き、スローペース。決めて勝負の展開となりました。

勝ったのはミッキースワロー。
スタートは少し出負けして後方の位置取り。
あ、これはまずいかなと思いましたが、4コーナーではいつも間にか好スタートを切ったアルアインをマークしてました。
横山騎手ぱねぇ。
ミッキースワローの末脚が強烈だった事は確かですが、横山騎手の好騎乗が光ったレースでもあります。
今のところ菊花賞で本命にしたい馬が見当たらないので、この馬になる可能性はそれなりにありそうです。

2着はアルアイン。
まぁ状態面は間違いなくあったと思います。
内容は完敗でしたが、そこまで悲観する内容でもないですね。
距離は長いと思ってますが、今年のメンバーなら菊花賞でもなんとかなりそうな気はします。

3着はサトノクロニクル。
4コーナー、内でスムーズに抜け出せない状態がありながら3着。
状態面は悪く見えなかったので次走で上積みはありそうです。
ただ、長距離のデムーロ騎手は信頼してないので菊花賞に出てきた時はどうでしょうか。
キセキが菊花賞に向かうならデムーロ騎手はそっちにいくのでしょうが…。

4着のスティッフィリオは個人的には面白い存在かなと。
今回負けたのはどちらかというと切れ負けでこの馬自体はそこまで失速していないです。
菊花賞は出れるかどうかがそもそも分かりませんが、面白い存在だとは思います。

5着のプラチナヴォイスは気の悪さが全く改善されていません。
ゲートで立ち上がって体力を消耗します。
また、確かに今回は刺さり癖は確かに見せなかったです。
しかし、どう見ても刺さり癖を心配しているような騎乗でした。
刺さり癖を見せないのならきさらぎ賞やスプリングSのように先行抜け出しを図ってほしいのですが、そういう作戦はしてないです。
好スタートを切りながら後方に下げて、コーナーでじわっとあげて馬で壁を作るようにしています。

刺さり癖がある馬なら確かにこの騎乗で正解なのですが、この馬はそれで差し切れるほどの末脚はないです。
おそらく厩舎の指示なので内田騎手は悪くないと思いますが、正直これだとほぼ狙えないです。
能力はあるのが分かるのに微妙に負け続ける微妙な馬になってしまいそうです。

クリンチャーは9着。
やはり出脚が良くありません。鞭まで打って先頭にでます。
出たなりのアルアインに先手を取られてるのでまぁかなり苦しい形ですね。
大外枠に入った方が狙いやすい馬かもしれません。

今週はまぁまぁ満足な結果ですね。
6倍の単勝が取れるのはやはり嬉しいです。
まぁ本当なら10倍以上の単を取れるようにしておきたいんですけどね
そういう意味ではラビットランは取りたい馬券ではありましたが、穴狙いになってもハローユニコーンやメイショウオワラの方が優先順位が高くなるので私には無理でした。

単勝の的中率も年末までには20%を超えてくれると安定してくれるので嬉しいですがどうなりますかね~。
そうなれば、回収率の方も120%あたりは超えてくれると思うのですが。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*