競馬

2017年 ローズS 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローズSの予想です。
台風でどうなるか分かりませんが、とりあえず予想はします。

まず馬場状態は徐々に外差し傾向になっている感じです。
内が徐々に荒れ、明日はわりと外差し馬場になるかもしれません。
ただ、まぁどうなるかは分からないので重要度は低めに。

展開面はおそらくカワキタエンカが引っ張る形。
そこにヤマカツグレース、ファンディーナ、レーヌミノルと続く形でしょうか。
桜花賞でカワキタエンカがハイペースの逃げをしましたが、今回はそこまで速いペースにしたくないでしょうし、そもそもカワキタエンカ自体が横山騎手が乗ってるので無茶なペースにはしないはずです。
スロー~ミドルペースあたりを想定します。

本命はモズカッチャンにしました。
まずこの馬は和田騎手からデムーロ騎手に乗り替わりです。ルメール騎手がアドマイヤミヤビに乗るという事で(アドマイヤミヤビは結局引退してしまいましたが)、和田騎手からデムーロ騎手に乗り替わりました。
モズカッチャンで和田騎手は特に下手な乗り方はしておらず、むしろ好騎乗をしていたと思います。
そのせいもあって、「乗り替わったモズカッチャンなんて負けてしまえ」というような雰囲気があります。
その影響か分かりませんが、オッズは3頭が横並びです。(今回は前売りがないので予想オッズ)
そもそもオークスはソウルスターリングが抜けすぎていただけで例年のオークス馬並みの評価して良いと思います。
それを考えれば、横並びは逆におかしくない?と見ます。

ただ、一つ不安要素を上げるとしたら馬場状態です。
フローラSは良馬場発表とはいえ、やや雨が残る馬場だったので多少の馬場が悪くなってもこの馬にとっては問題ないはずです。
不良や重までになった時にどうかというところですね。

対抗にはレーヌミノルにしました。
この馬に関しては距離は長いとは見ています。
ただ、展開面と馬場状態についてはこの馬が向くといって良いと思います。
桜花賞同様、中目の枠からすんなり先行し、番手から加速しやすい状態になるはずです。
前述通り距離が長いと思うので対抗です。
ただ、秋華賞はさらに人気が落ちると思うので距離が伸びても多分買います。

単穴にメイショウオワラにしました。
ぶっちゃけた話、単純な過大評価、過小評価で見るならこの馬かハローユニコーンを本命にすべきだと思います。
前走の1000万条件では、馬体の見栄えも良く、内容的にも完勝といって良い内容だと思います。
むしろなぜこんなに人気がないのか不思議なくらいです。

ただ、馬体に関してはオークス時のモズカッチャンと比べてみるとまだモズカッチャンの方が良さそうな馬体にみえ、現段階でも追い付いてない可能性は高いかなと思います。
もちろんオークスの仕上げなので万全を期してはいるのでそこの差し引きは必要だと思いますが、それでも評価は上にはできないかなと。
もともと昨年の3歳牡馬同様、今年の3歳牝馬は上位陣がこの秋の段階でそう変わるとは思えないのでこの評価にしました。

推奨馬にハローユニコーンにしました。
忘れな草賞は圧巻の走りでこれはオークスでも十分に食い込む可能性はあるなと思った馬です。
そのオークスではどうやら膝の状態が悪かったようで度外視して良さそうです。
オークスの時でもソウルスターリングやアドマイヤミヤビと比べると力は劣るかなと思っているので流石に春の実績馬程の評価はできないですが、まともならここでも十分に通用するはずです。

抑えにリスグラシューにしました。
距離短縮はこの馬にとって、良いはずです。
ただ、厩舎コメントで「馬体が大きくなった感じはしませんが」とあるように馬体の成長面があまり見られない感じがします。
もともと能力的にもモズカッチャンと比べると…?という部分はあるので予想オッズとはいえ、横並びになるのは流石に疑問を感じます。
渋った馬場は桜花賞を見てもこの馬にとってプラスのはずですし、距離短縮もプラスのはずなので抑え評価にはしましたが、それ以上の評価はできないです。

入着アリにカワキタエンカとファンディーナにしました。
カワキタエンカは前走は流石に相手が悪かったです。レッドアヴァンセもパフォーマンスも上がってましたし、あれで評価を落とすような事はないです。
横山騎手がヤマカツグレースではなく、カワキタエンカに乗ってきてるのもこの馬に魅力を感じたからかなと思っています。

ファンディーナは抑えても良かったですが押し出された形です。
そもそも皐月賞はタイムが速かったとはいえ、そこまでレベルの高いレースだとは思っていません。
ダービー1,2着のスワーヴリチャードとレイデオロは思う通りのレースができなかったり、どうみても叩き台だったりなのにその馬達には負けています。
位置取り的にももう少し頑張れてよかったレースであの負けは実力通りの負けかなというのが個人的な見解。
他の要因である敗因も見当たりません。
まともにレースをしたと思われる馬達は次走でほとんど凡走していますし、この馬が休養に入ったのも皐月賞でまともに走ってダメージが大きかったからかなと。

牝馬で牡馬に通用すると思っているのはソウルスターリングとアエロリットでこのクラスではないかなと思っています。
もしかしたら見当違いかもしれませんが、少なくともこのオッズでは積極的には狙いたくないかなと。

カラクレナイは距離が長いと見て切ります。
桜花賞では渋った馬場で差し込んできたあたりの適正はあると思いますし、もっと極端な外差し馬場になれば向く可能性はありますが、やはり最後に止まったのがちょっと不満。

ミリッサは過剰評価と見ます。
確かに前走1000万条件を勝ち切ったのは驚きましたし、強い内容ではあります。
かなり成長している可能性もあるとは思いますが、少なくとも前走までのレース振りで5番人気に支持される程の評価はできないかなと。

最強競馬ブログランキングではファンディーナへのコメントがあります。(90位前後)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*