競馬

2017年 レパードS 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳限定のダート戦なので条件馬が多いです。
古馬の条件戦レベルで見た方が分かりやすい気がするのでそういう評価にします。

というより1強状態に見えますね…。ただ不安要素があるのも確かか

能力評価ランキング

1位:エピカリス
能力評価:A(少なくとも古馬重賞でも勝負になるレベル)

アディラートが1000万条件を突破できないのでこの評価はやり過ぎかな?と思わなくないが、ヒヤシンスSは着差以上の勝ちだったと見ている。
10回やれば9回はエピカリスが勝つだろうという内容だった。
また、まだ2歳だったとはいえJDDを勝ったヒガシウィルウィンを北海道2歳優駿で完封。
3歳勢では抜けている。古馬との対戦でも勝ってしまうくらいの実力はあると見てる。

ただ、ベルモントSは右前脚の故障で回避。
この影響がどうでるかといったところ。
あと、UAEダービーや北海道2歳優駿のように逃げた方がパフォーマンスは高いのでどういう戦法でくるか。

2位:イブキ
能力評価:D

白百合Sを勝ったサトノクロニクルに勝っている。
ただ、サトノクロニクルも今後成長がない限りはOP~G3レベルかなと思っているのでこの馬もそんな感じ。
古馬に混じった場合はOPで良い勝負ができるかどうかくらい。
ルーラーシップ産駒のアディラートが活躍してるのでダートで期待は持てるか。

3位:アディラート
能力評価:D

現状は1000万条件で2連敗。
まだ古馬とは力差があるかなといったところ。
ただ、1600万条件くらいは勝ち上がれると見ているし、OPクラスでも掲示板に乗れるくらいは。

4位:タガノディグオ
能力評価:D

3歳重賞を走っているのでどうしても評価は上がるが、タガノカトレアとの評価の差には非常に悩んだ。
どちらを上に取るべきか。
兵庫チャンピオンシップではスタートで躓いてそれでも余裕のある勝ち方。
JDDでは3歳ダート戦線としては上位を示した。
とはいえ、エピカリス以外の3歳ダート馬は正直半信半疑で古馬ダート重賞で戦える力があるかというと疑問。
OPレベルではないかなという気はするが…。

5位:テンザワールド
能力評価:D

距離が伸びてメキメキと力を付けている。
1600万条件でも何戦かするかもしれないが勝ち上がる可能性は高く、上位争いできるだろう。
OPでもなんとかなるのでは…。

6位:サンチェサピーク
能力評価:D

前走の500万条件では圧勝。
3走前の500万条件はレベルが高い。
古馬との対戦に苦しむところもあるだろうが、OPクラスまではいける見込みがある。
ただ、3走前の500万条件は最後の100~200Mは脚が上がっている。
青竜Sも途中あまり強めに追わなくなったので脚がなかったのかもしれない。
1600Mは少し長い可能性も。1800Mで持つかどうかが鍵か。

7位:タガノカトレア
能力評価:D-

前走のユニコーンSでは前が潰れる流れながら粘っての5着。
3歳ダート馬の中では上位に評価して良い存在。
少し評価が甘いかなという気はするが、OPクラスまで上がって地方の牝馬重賞は狙えるのではないだろうか。

8位:ハルクンノテソーロ
能力評価:D-

タガノカトレアより高く評価するわけにはいかないという事でここの評価。
ユニコーンSは前が潰れた面があるのでタガノカトレアよりは上に評価できない。
サンチェサピークには青竜Sで勝っているがサンチェサピークは距離が長かったのでは?という疑惑もある。
レパードSではさらに距離が長くなるのでこの距離ならハルクンノテソーロに軍配は上がるが…。

9位:ノーブルサターン
能力評価:E(1600万クラス)

兵庫チャンピオンシップではタガノディグオに完敗。
JDDも5着に粘ってはいるもののOPでやるのも苦しいんじゃいかなというところ。

10位:タガノグルナ
能力評価:E(1600万クラス)

ダートでは2戦無敗。
まだ底を見せていない感じもするが、あれが底という気もする。
メンバーは決して強いメンバーではなかったのであの勝ちをどう評価するか。
もちろん休み明けという部分もあるのでそこは考慮するが…。
甘めに付けて1600万クラスという位置付けにはしたが成長がないと厳しいのではないかなと見ている。

11位:ローズプリンズダム
能力評価:E(1600万)

鳳雛Sは前が潰れる展開でリヴェルティがまともに乗れていればリヴェルティが勝っていたレース。
JDDはリゾネーターに抜かれてやる気をなくした部分もあるので着差は気にしなくてもいいが、前にいたノーブルサターンより早く沈んだのでこの馬はよりは高く評価できない。
一騎打ちなら逆転ができる可能性はあるとは思いますが。

12位:ベスエスメラルダ
能力評価:E(1000万クラス)

前走は出遅れ&落馬で道中スピードを落とす場面があり、度外視。
勝ったダート戦は両方とも脚抜きの良い馬場ではあるが、あの勝ち方ができるなら1000万クラスはクリアできると思う。
骨折明け2走目と距離が課題になるかもしれないが、出れるならレパードSでは警戒しておきたい一頭。

13位:ラユロット
能力評価:E(1000万クラス)

前回はあのペースについていけなかったのか直線で完全に脚が止まった。
直線では少し見せ場はあったので1000万クラスは抜け出せる可能性も。

14位:トラネコ
能力評価:E(1000万クラス)

脚質上しょうがない面もあるが善戦マンになる可能性が高い。
いつかは1000万条件を勝ちがれる可能性もあるが、そのままという可能性も十分。
1600万クラスはどう考えても苦しい。

15位:ビービーガウディ
能力評価:E(1000万クラス)

ラジオNIKKEI賞では少々不利があったにしろ、ちょっと苦しい内容。
500万条件でも内容が良かった勝ち方ではないので、1000万条件で苦しむという評価。

16位:テイエムアンムート
能力評価:E(1000万クラス)

2走前の500万は和田騎手が好騎乗を見せたと思う。
リボン賞は相手が強かった。とはいえ、1000万条件の上位馬とはやっぱり力差はある。
相手に恵まれれば勝ち上がりはあっても良いと思うが、現状1000万で掲示板が精いっぱいというところか。

17位:スターストラック
能力評価:E(1000万クラス)

桧山特別で最軽量を活かしての勝利。ヨシオが全く走らなかった事も幸いした。
ただ、54kgで走るとなると苦しくなるだろうし、1600万では少し力が足りないのではと見る。

18位:サルサディオーネ
能力評価:E(1000万クラス)

前走は牝馬限定戦の500万クラスながら圧勝。
ただ、1000万条件にいくと少し苦しい気もするが展開次第では勝ち上がりがあっても。

19位:ブライトンロック
能力評価:E(1000万クラス)

展開が向けば掲示板に乗るくらいの力はあるだろうが、勝ち上がりとなると少し苦しいか。
500万条件も展開が向いた面もあり。

20位:メイプルブラザー
能力評価:E(1000万クラス)

2走前にホーリーブレイズに負けてはいるが、内容的にはそんなに劣らない。
1000万条件で戦える可能性がまだあるかなと思うのはこっちなのでホーリーブレイズよりは上に取った。
とはいえ、正直ホーリブレイズとどっこいどっこいな気が…。

21位:ホーリーブレイズ
能力評価:E(1000万クラス)

500万くらいでペースが緩むところがあればついていけるが、1000万条件のペースとなるとついていけない模様。
1000万クラスでの勝ち上がりは苦しいか。

22位:ダンサクドゥーロ
能力評価:E(1000万クラス)

前走はスローからの捲りで勝利。
展開が向いた面もあるし、メンバーも弱かったのであまり高く評価はできない。
1000万条件で勝ち上がれるかというと現状は難しいんじゃない?という評価になる。

23位:マンカスカップ
能力評価:E(1000万クラス)

芝のレースで1000万はちょっと苦しい感じ。
ダートで変わり身があれば。

24位:クリノフウジン
能力評価:E(500万クラス)

地方で勝利して1000万クラスにはいるが、現状ちょっと1000万では苦しいかなといったところ。
インディアトロフィーでは前につければ、もう少し着順が上がったかもしれないが、特に大きな不利もなかったのでそれでも掲示板に残ったかどうか。
500万クラスなら展開や相手次第で勝てる力はあると思うが。

25位:シゲルコング
能力評価:E(500万クラス)

ヒヤシンスSくらいの走りならまだ見込みがあったが、最近のレースはちょっとついていけない感じ。
500万クラスでも少し怪しいくらいのレベルじゃないかという評価。

レパードSの注目馬は[最強]競馬ブログランキングへ
流石にエピカリスじゃないです。それじゃ注目馬にする意味ないので



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*