競馬

2017年 レパードS 小倉記念 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずレパードSです。

エピカリスは直線で馬群に包まれて終了でした。
この想定が甘かったのは反省ですかね。
包まれる危険性はあると思っていましたが、タガノカトレアは控える可能性が高いかなと思っていたのでそのリスクは低いと思っていました。
ただ、能力を発揮できずの負けなのでまぁそこまで悲観する必要はないかなとは思います。
結果論から言えば複勝でいけば良かったですが、複勝では危険だと思っていたのでしょうがないですね。
そもそもハナを無理に主張しなかったのも無理をさせない騎乗のようにも見えたのでこれはしょうがないです。

優勝はローズプリンズダム。
まず、ここで失敗なのは前走は落鉄していたという情報を後で知りました。
ちょっとここは情報収集が甘かったなと思います。
こういうところは特に注視しておきたいところなのでこれは素直に反省です。
それでも本命にしてはいないと思いますが、ここは評価自体が違っていたかなと。

内容的には完勝といって良い内容かと思います。
仮にエピカリスがあのまま抜け出しても接戦だったんじゃないでしょうか。
鳳雛S組の活躍が目立ちますね。

2着にサルサディオーネ。
これは逃げられたのが良かったかなと。
スタートから行き脚が良く、すんなり先頭を奪えました。
平坦コースで前が止まらないというのも大きかったと思います。
これもちょっと甘く見てましたかね。

4着6着のブライトンロックとハルクンノテソーロはそんな中追い込んできての着順。
ブライトンロックは前走なんだったのかと思わなくもないですが、ローズプリンズダムが勝っているところを見るとやはりレースレベル的にはそんなに高くないかな?という気がしないでもありません。

テンザワールドは直線ではなかなか良い位置でしたが、思った以上に伸びず。
掲示板すら確保できませんでした。
レース後のコメントで「流れに乗り切れませんでした」とありますがよくわかりません。
体調が悪かったんでしょうか。

タガノディグオは-14kgが原因でしょうかね。
パドックではそんなに悪くは見えませんでしたが、直線で大きな不利もなく全く伸びなかったところを見ると体調面が悪かったんですかね。

タガノカトレアは見せ場なく失速。
距離が長いという事は言われてましたが、その通りかもしれないです。

やはりエピカリスが抜けてるのかなといった感じですね。
あれくらいの不利があれば、馬券圏外に飛んでしまってもおかしくないのでそれもないとなると他の馬どうした?といった感じにはなります。
そもそも逃げていないのでパフォーマンスも十分ではないので何ともといった感じですかね。

続いて小倉記念。
スタートは予想通り、スピリッツミノル、クランモンタナ、バンドワゴンが押していきます。
それに加え、カフジプリンスとヴォージュも前をうかがう形でした。
しかし残念。スピリッツミノル、クランモンタナ、カフジプリンスはスピードが足りない。
これで前にいけないとなるとわりと絶望的ですね

ペースは少しハイよりのミドルペース。ただ、後半のラップの最速が1200M地点だった事からかなり早めの競馬にはなったかなと。
結果的に仕掛け所を待ったタツゴウゲキ、フィルメッツァと後ろにいたベルーフ、サンマルティン、スタミナお化けのカフジプリンスが上位という結果になりました。

タツゴウゲキはデムーロ騎手が負傷で案の定オッズが下がりました。
それでも前日にそこそこ売れていたので7倍台止まりです。
急な乗り替わりはマイナスではあるので流石に本命を変える事もできませんでした。
ただ、52kgでこのメンバーなら結果は残せるなといった感じですかね。

2着のサンマルティンはごめんなさい。
まぁただ展開が向いた面もあるかなとは思います。
秋の天皇賞を目指すようですが、どうでしょうか。
個人的には足りないとは思っているんですが、評価が間違ってましたからね…。

3着のフィルメッツァはうーんタツゴウゲキとやっぱり力差あったなぁという。
もちろん斤量差あっての結果ではありますが、ちょっと逆転は難しいかなと思える内容でした。

4着のベルーフはまだまだやれるというところは見せてくれましたね。
トップハンデだったので仕方ないところはありますが、それでこの結果ならまぁまぁといったところ。
G2クラスになると流石に難しいかなとなりますが、G3でもなかなか良い条件はないですからね…。
ここが狙い所ではありましたが、次回は狙えるか微妙なところではあります。

ヴォージュはまた速いペースで沈んだといった感じです。
前回ほどではないにしろ今回もそこそこのペース。
そこを2番手で付けて伸びきれずといった感じでした。
もう一回くらいは狙えると思いますがどうでしょうか。

ストロングタイタンはさらに馬体を減らしていたのが微妙だったと思います。
個人的にも良くは見えませんでしたし、見直す価値はあるかなと。

バンドワゴンは逃げての失速でした。
それでもちょっと物足らないといった感じで、重賞では足らないのかもしれません。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*