競馬

2017年 チャンピオンズカップ 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のチャンピオンズカップは混戦模様で16番人気まで見てもどこが来てもおかしくないというレースだと思います。
なのである程度決め打っていった方がいいかなと思います。

本命はテイエムジンソクにしました。
前有利の展開と見ての本命です。
おそらく逃げるのコパノリッキーかケイティブレイブですが、コパノリッキーは坂アリスタートの中京1800ではスタートが悪く、ケイティブレイブも逃げなくて結果を出している馬なのでそこまで積極的には前にいきたくないはずです。
ケイティブレイブは調教師が逃げさせたい人なのである程度は前に行くと思いますが、それでも積極的にいくとなるとどうかなと思います。
仮にコパノリッキーがスタートを決めたとしてもケイティブレイブはそこまで突っかからないと思うので、コパノリッキー自体がそれなりのペースを演出したとしても実質のペースはそこまで上がらないかなと。

となると位置取り的におそらく2~3番手につけるであろうテイエムジンソクを本命にするのがいいかなと思います。
エルムSで負けはしたもののどちらかというと早めに捉えに行かなかった結果で負けたからといった内容なので、前走のみやこSの走りが本来の走りだと思います。
人気は一番人気にならないと思ってましたが一番人気になってました(*´Д`)
とはいえ、このオッズなら十分なのでみやこSからの予定通り本命はテイエムジンソクにします。

対抗はケイティブレイブにしました。
前に行く馬が有利と見た以上、この馬を対抗にします。
もともと高い評価はしていなかった馬ですが、帝王賞での走りを見ると流石にトップクラスの実力はあるかなと見ないといけないかなと思います。
素直に考えれば不利を受ける事も少ないはずなので能力を発揮できる可能性も高いと思います。

単穴にコパノリッキーです。
昨年は無印でしたが、今年は印を打ちます。
昨年は中京1800Mダートでは出遅れて能力が発揮できない可能性が高いと見ての切りでした。
今年も出遅れる可能性は高いですが、出遅れてリカバーできないようなメンバー構成ではない感じです。
ケイティブレイブも積極的にいかないとなると意外とスムーズにポジションは取れる可能性が高そうです。
人気もないですし、ここは素直にこの評価にしていいかなと。

推奨馬にアポロケンタッキーにしました。
正直なんでここまで人気がないのかと思う馬ですね。
昨年の東京大賞典の覇者で少なくともグレンツェントあたりよりは人気になっても良いくらいの馬だと思います。
前目に付けられそうなのでこの馬を推奨馬にします。

抑えにロンドンタウンにしました。
エルムSは個人的にテイエムジンソクがポカしたレースだと思っているので、テイエムジンソクに勝ったからといってそれ以上に実力がある馬とは見ていないです。
とはいえ、一番良いポジショニングが取れそうなのはミツバ、モルトベーネ、そしてロンドンタウンです。
モルトベーネはロンドンタウンにシリウスSで勝っていますが、これはロンドンタウンに取って有利ではないレースでした。
なので評価はロンドンタウンの方を上に取りたいです。
ミツバとロンドンタウンは正直悩みましたが、テイエムジンソクを最上位と評価してテイエムジンソクを負かす可能性が高い馬はどちらかという事で一応エルムSで破ってきて切るロンドンタウンを上に取りました。

入着アリには上記で候補に上げたミツバとモルトベーネを入れます。

後方に付ける馬は前述したように全頭切ります。
アウォーディーは前走と帝王賞の内容からケイティブレイブを逆転するのは難しいかなというのと人気も大して落ちてないので切ります。
グレンツェントはミツバ、アポロケンタッキーよりは高く評価できないかなという事でそれなりに人気してるので切っていきます。

最強競馬ブログランキングではチャンピオンズカップの予想の補足があります。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*