競馬

2017年 チャンピオンズカップ チャレンジカップ ステイヤーズS 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンピオンズカップ

展開は概ね予想通り上がり切りませんでした。
ラップを見てもスローよりのミドルといった感じです。

勝ったのはゴールドドリーム。
まぁ正直これが来られたらしょうがないって感じですかね。
オッズ的にはロンドンタウン、ノンコノユメと並んでいたので過少評価ではあったとは思います。
出遅れなければ位置取り的にも中段を付ける可能性があったので買おうと思えば買えなくもなかったですが、他に多くの先行馬がいたのでやはり手が回らなかったかなと思います。
あえて言うならこの馬の能力を自分でも過小評価していたかなという点ですかね。
決め手勝負で分があった事は確かですが、他の後方馬は沈んでますし、G1でも決め手は抜けてるかなといった感じですね。

2着はテイエムジンソクでした。
まぁこの2着はしょうがないかなといった感じですね。
コパノリッキーを早めに捉えにいって、コパノリッキーは交わせる、これは取ったと思いましたがゴールドドリームが予想以上の力を見せてきたという感じです。
もう少し流れたらとは思いますが、それでもゴールドドリームの追随をしのげたかというと少し疑問ですしね。
フェブラリーSのペースでもしっかり結果を出してきていますし。
ペース関係なく、道中でゴールドドリームとの差を付けられるかどうかの勝負だったとは思います。
まぁハイペースの方がその差はつけやすい事は確かですが、ムーア騎手は今回もしっかり位置を取ってきたのでやっぱり厳しいかなぁという結論になります。
テイエムジンソクはぶっちゃけこのレースが一番の狙い所だったと思うのでゴールドドリーム抜けは素直に痛いですね。

3着のコパノリッキーはこの展開なら残るかなといった感じですね。
チャンピオンズカップで2年連続敗退してるから買いたくないというのは分かりますが、JBCスプリントから参戦で買いたくないというのは正直よくわかりませんでした。
むしろ例年チャンピオンズカップではスタートで苦労してるのでプラス要素に見えましたしね。
ただ、まぁ最強競馬ブログランキングでコメントしたように、

ダート上位陣はそろそろ陥落時かなという感じがします。
コパノリッキー、サウンドトゥルー、両馬とも強い馬ですが下の世代の方が力はあるのかなと思います。

後方勢はゴールドリームは別として、評価するのはサウンドトゥルーとミツバだけでいいかなと。
カフジテイクは距離短縮で見直せるかもしれないですが、基本的には外を回して最先着したミツバと内で思うように出せなかったサウンドトゥルーを評価しておけばいいと思います。

チャレンジカップ

予想記事で”朝日”チャレンジカップと書いてしまいました。
もう朝日チャレンジカップではないのに恥ずかしい間違いです。

このレースもほぼほぼ予想通りの展開だったかなと。
内を回ってロスなく運んだデムーロ騎手の勝利です。
展開面で有利に働いていたのでこれで勝てなければ、馬の力がなかっただけという話ですね。
メンバー的にどうかという面はあるものの年明けのAJCCや日経新春杯あたりのG2なら勝負になると思うのでここらあたりでもう一つ重賞制覇できるかどうかといったところでしょうか。
今回もラジオNIKKEI賞の時と同様状態面は決して良くなかったと思うのであまり評価されないなら狙ってみてもいいかなと。

3着のブレスジャーニーはしっかり上位にきたなぁという感想ですね。
今回は手前を変えてなかったそうでこれから良くなる余地は十分にありそうです。
ただ、2歳時に大きな活躍をした馬なのでこの走りで次回以降はかなり人気にはなりそうです。
サトノクロニクルも決して万全ではなかったと思うので一概にこっちを高く評価するという事はできないですかね。

ステイヤーズS

こちらに関しては特にコメントする事がありません。

アルバート強かったでんでんです。
有馬記念のメンバーがまだぼんやりとしていますが、今のところは昨年以上の活躍は期待してもいいのかなと思っています。

まとめ

今週は全て一番人気を本命にしたのでまぁまぁそこそこの結果なのは満足ですが、チャンピオンズカップのハズレがやっぱり痛かったですね。
来週の阪神JFはコーディエライトの予定だったんですが、リリーノーブルが前走なかなか強かったんでどうですかねー。netkeibaの予定騎手を見ると藤岡兄となってるのが若干(かなり)微妙ですが。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*