競馬

2017年 ターコイズS 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の馬場状態は前が止まりにくく、前が残りやすい馬場状態でした。
一応明日もそういう想定で考えます。

本命はエテルナミノルにしました。
この馬を評価しているのは2走前の1600万条件戦での走りです。
メンバーはそこまで弱いメンバーでもない中で完勝でした。
クイーンSでも外を回らなければ馬券圏内はあったかもなという評価はしていましたが、想像以上に強かったというのが2走前の内容です。
スローになりそうなので上がり比べがどうなのかという点と、臨戦態勢がエリザベス女王杯からという事で状態面は前回より明らかに落ちるとは思いますが、オッズ面でこの馬を本命にしました。

対抗はラビットランです。
前走は放馬の影響があったのか道中ですでに手ごたえが悪くなっていました。
それでも4着にきているので、少なくともリスグラシューやディアドラとはそこまで大きな差はないはずです。
臨戦態勢はこの馬が一番良く、厩舎コメントにあるように秋華賞後はここを目標にしてきたんだなというのは分かります。
他の馬は条件戦や重賞からの参戦で間隔が詰まってるか、翌年の愛知杯まで見据えた参戦に見えるのでこの馬以上の臨戦態勢の馬はいないように見えます。
人気ですが、ここは素直に対抗。

単穴にミスパンテールにしました。
前走を評価してのものです。
軽斤量でのものですが、それを差し引いても牝馬重賞なら勝負になるだけの力はあると思います。

推奨馬にフロンティアクイーンにしました。
今年の福島牝馬Sやヴィクトリアマイルを見ても少なくともこのレベルなら実力は上位です。
1600万条件を勝ちあがれていませんが、相手が強かったり前が止まらない状態だったりといつクリアしてもおかしくはないです。
ただ、上位3頭よりは評価できないかなという事でこの評価。

抑えにディープジュエリーにしました。
前々走はトモに違和感があったようです。
前走を見る限りでもフロンティアクイーンとは展開一つで逆転は可能だと思います。
ただ、スローで上がり勝負となるとエテルナミノルにはどうしても負けると思いますし、対抗から推奨馬までの馬達相手でも分が悪いと思うので人気はないですが抑え評価までにしました。

入着アリにバンゴールとデンコウアンジュにしました。
バンゴールは前に行く馬なので抑える形です。
ただ、ディープジュエリーよりさらにチャンスが薄いと思うので3着候補まで。

デンコウアンジュはこのメンバーでは能力はトップクラスのはずです。
人気もないので上位評価をしてもよかったですが、追い込み脚質である上に不利も受けやすいと見てここまでにしました。

ワンブレスアウェイは切ります。
前回府中牝馬Sでは田辺騎手がワンブレスアウェイに乗っているのと馬場が渋っているという面でこちらを上に取りました。
ただ、バンゴールは渋った馬場は苦手なようで今回は馬場状態は大丈夫なはずです。
バンゴール以上は評価できないのと人気になっている面から切りました。

最強競馬ブログランキングではターコイズSについてコメントしています。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*