競馬

2017年 セントライト記念 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風とは何だったのか。
ローズSは良馬場で行われました。
まぁ良馬場までならモズカッチャン大丈夫やろと思ってたら思った以上に伸びません。
確かに太め残りには見えていましたが、駄目だったようです。
ただ、今回は馬券が外れても清々しかったですね。
「モズカッチャンに負けて欲しい」という風潮を予想に組み込んでモズカッチャンを本命にした奴が何を言ってるんだとなりますが、清々しいものは清々しいのでしょうがありません。
では予想に入ります。

馬場状態は台風の影響は思った程なさそうでそこまで悪くはならなそうです。
今日の馬場を見る限り、内外差はそこまでない感じです。若干内伸び馬場という感じでした。
あとは雨の影響で騎手がどういう進路を取るかですね。
内を避けて外を回るようならスローになりやすいのである程度前の馬が有利とみないといけません。

展開面はサンデームーティエとクリンチャーが出る形。
クリンチャーはダービーの事もあるので今回はそれなりに積極的に出すはずです。
あとは馬場状態の影響ですが、悪くなりすぎると内を避けてスローペースになる傾向があります。
良馬場ならミドル~ハイと予想するところですが、明日の馬場状態ならハイペースにまではならないという事でミドル想定。

今回の予想でポイントは二つでした。
アルアインとプラチナヴォイスの取り捨て。
まず、アルアインは実績面だけで見れば、ここでは最上位なのは間違いないです。
ダービーも位置取りの問題でそれがなければ上位に来てもおかしくはなかったという見解は多いと思います。
ただ、気になるのは距離適性でダービー5着があるものの超スローの展開。
毎日杯と皐月賞は高速馬場の恩恵で距離が持ったのではないかと思っていて、本質的にはスピード性能が高いマイラーではないかなと。
そうなるとある程度流れて、高速馬場じゃなかった時にどうなるかというのはあります。
渋った馬場自体はシンザン記念で十分に適性を見せてると思うので問題ないと思いますが、そこに不安はあるかなと。

プラチナヴォイスについてはこの中ではOP勝利もありますし、サトノクロニクルと同様実績は上位組。
春にスプリングS、皐月賞、NHKマイルと本命を打ったように内に刺さる癖がなければもっと実力は上位だとは思っています。
今回は調教面でその癖はなくなったそうですが、そもそも皐月賞でも片目ブリンカーを仕様して調教ではそこそこ改善されていたはずです。
調教で改善されたからといってレースで改善しているかどうかというと微妙です。
また、きさらぎ賞では馬場が悪かったので脚元を気にしたのも敗因の一つだったはずです。
そうなると今回の馬場状態はどうなのか?とは思います。
内に刺さるというのはおそらく走るのを嫌がってという事なので雨で走るのも嫌がるんじゃない?というのはわりと思います。

という事でこの2頭の評価はこうしました。
アルアインはおそらく2倍前後の人気になるでしょうし、そこまでの信頼感はないと見ます。
少なくともサトノクロニクルとミッキースワロー、クリンチャー、プラチナヴォイスには逆転を許す余地があるかなと。

プラチナヴォイスもオッズ的には魅力十分ですが、渋った馬場では狙う価値は薄いと見て切ります。
来たらごめんさい。

本命はミッキースワローにしました。
前走は明らかに脚を余しての負け。
京都新聞杯も坂の下りで仕掛けていって脚が止まる形です。
今回は乗り替わりで昨日のカワキタエンカ同様、権利取りを目指しての出走のはずです。
サトノクロニクル、クリンチャーよりは本気度が高いと見て本命にします。

対抗にはサトノクロニクルにしました。
ラジオNIKKEI賞は斤量もあるかもしれませんが、おそらく調整ミスの方が濃厚だと思います。
パドックを見てもあまり状態が良さそうには見えませんでした。
おそらくはダービー週の白百合Sで仕上げた為に調整がうまくいかなかったのだと思います。

単穴にはクリンチャーにしました。
ダービーの負け自体は評価を下げる必要はないと思います。
また、今回もアルアインがいるのでスタートで出負けして前が取れない可能性もなくはないですが、前に行きたい馬があまりいないので前にはつけられるはずです。
重馬場がどうかという面がありますので単穴までにします。

推奨馬にサーレンブライトにしました。
ここはスティッフィリオと悩みましたが、スローミドルの上がり勝負ならこちらの方に分があるかなと思います。

そして、抑えにアルアイン。
理由については前述通り。

最後に入着アリにはクレッシェンドラヴとスティッフィリオにしました。
長い距離でそれなりに結果を残してきた2頭です。
クレッシェンドラヴはステイゴールド産駒なので渋った馬場でしぶとく脚が使えれば入着はあっても。

スティッフィリオもステイゴールド産駒。前走負けたバルデスは将来的に十分に出世できそうな馬なので1000万クラスなら十分に卒業できるかなと。
脚も余していた形なので巧く立ち回れば入着はあっても。

最強競馬ブログランキングではwin5でのアルアインの取り捨てのコメントがあります。(230位前後)



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*