競馬

2017年 セントウルS 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンバー的にはG2という感じはあまりしない。
まぁそもそもスプリント戦線が微妙というところはあるのだが。

能力評価ランキング

1位:ダンスディレクター
能力評価:B-

もともと能力は評価されていた馬だが、シルクロードSでようやくといったところ。
今年のメンバーならスプリンターズSでも勝負になるくらいの力はあると思っていい。

2位:フィドゥーシア
能力評価:B-

目標にされた部分もあるので前回のアイビスSDから評価は変わらず。
前回も言ったようにスプリンターズSではそこそこ勝負になる馬だと思っている。

3位:メラグラーナ
能力評価:C+

雨の影響があったとはいえ、CBC賞は不満が残る内容。
オーシャンSの内容を評価すればG3クラスなら勝ち負けクラスと見てこの評価。

4位:スノードラゴン
能力評価:C+

G1でこの評価というのもなんだがこういう評価になるかな。
CBC賞で見せたようにG3レベルなら常に上位にくる力はあると見ていい。

5位:ファインニードル
能力評価:C

前走は不利があったとはいえ、勝ち切れたかというと疑問。
もともと高い評価はしていなかったのでそのまま据え置きでいいかなという評価。

6位:ラヴァーズポイント
能力評価:C

昨年セントウルSやCBC賞で好走したように能力は低くはない。
展開次第では滑り込みはあっても。

7位:ブレイズエターナル
能力評価:C

肝はスタートを切れるか。
出遅れがある限り、OPクラスでも厳しいとは思うが改善されれば上位にはいけるという評価でC。
北九州記念組は基本評価を下げたいがこの馬は据え置き。

8位:アルティマブラッド
能力評価:C

春雷Sは高く評価しても良いかと思う。
CBC賞は前が壁になっており、最後も十分に追えていなかったので着差ほどの負けではない。
G3クラスなら十分に勝負になると思うが、北九州記念はちょっと不満。
一段階下げての評価。

9位:ラインミーティア
能力評価:C-

末脚は優秀。
前回は西田騎手が巧く乗った事が影響してるもののフィドゥーシアに勝ったのは素直に評価しておきたい。
展開が向けばG3でも勝負になる下地は見せたかなと。

10位:ミッキーラブソング
能力評価:D+

昨年春までのレースを見れば、G3なら十分に勝負になる馬であるはずだが…。
前走も休み明けとはいえ、あの負けなら評価は一段階落とす。

11位:アドマイヤゴッド
能力評価:D

スタート時の出足が鈍い分どうしても着順は上がらないが、UHB賞は上位馬と変わらない評価をしてもいいかなと思う。
展開が向けば重賞クラスで価値は難しくとも掲示板までくらいなら。

12位:ツィンクルソード
能力評価:D-

前走はそこまでレベルの高いレースではなかったはずなので評価を落とさざるを得ない。
0.6差なのでそこまで負けているわけではないが上位に来れるかというと…。

13位:ワキノブレイブ
能力評価:D-

OP戦で着順は大きく負けてるもののタイム的にはまだやれてもおかしくはない。
とはいえ、流石に重賞では厳しいか。

14位:ワキノヒビキ
能力評価:E

馬柱の示す通り条件戦が勝ち上がれるかどうかも少し微妙なレベル。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*