競馬

2017年 スプリンターズS 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は思った以上に内が伸びるといった印象。よほど馬群が固まらない限りは外から差すのは厳しそう。

展開はぶっちゃけ読みにくいです。
ダイアナヘイローがハナを切るようなら展開になるならフィドゥーシア、ワンスインナムーン、ネロは控えた形になるのでペースは速くならないはずです。
ネロがハナを切る展開ならフィドゥーシア、ワンスインナムーンが少し行く素振りを見せつつ、ネロがハナを切る形になると思うのでミドルペースあたり。
最後にワンスインナムーン、フィドゥーシアがハナを切る形だとネロが全く競りかけないという事はないと思うのでハイペースになる可能性が高いかな、という感じです。

とりあえず、ワンスインナムーン、ダイアナヘイローは自分から出るとペースが速くなる可能性が高いと踏むはずなので、ここはあまり積極的に出さない可能性がちょっと高め。
別に番手で競馬ができない訳じゃないですしね。
フィドゥーシアも2~3番手の競馬を示唆してるのであまり出していかないかな。
そうなるとハナを切るのはネロ。ただ、ネロも外枠なのであまり積極的にいかないという可能性もあるので、ネロ、ワンスインナムーン、ダイアナヘイローのどれかがハナを切る形でスロー~ミドルあたりが濃厚かなと見ます。

馬場状態は内の方が分があるかなと思うので、逃げ先行馬or内から馬群を捌ける馬が有利と見ます。

本命はラインミーティアにしました。
迷った本命候補は3頭です。ラインミーティアとレッドファルクス、そしてダンスディレクターでした。

ダンスディレクターはセントウルSが終わった時点では最大の本命候補でした。
まず大外枠なのはむしろプラスのはずです。もともと追い込み一手の馬なので包まれる心配のないこの枠はいいでしょう。
ただ、流石に大外捲りの競馬になる可能性が高く、流石にそれでは届かないと見たのでまずこの馬は本命候補から外れました。

あとはレッドファルクスとラインミーティアですが、これは枠順とオッズで決めました。
レッドファルクスの枠は特に有利でもなく不利でもなくといったところです。
ほぼ問題なく、力は発揮できると思います。

対してラインミーティアは内枠で詰まる可能性も高く、スタートも前走のセントウルSのようなスタートが切れなけば厳しいと思います。
ただ、その条件をクリアすれば内から差し込んでくる差し馬はこの馬が筆頭です。
20倍台ならそれに見合うだけのオッズだと思います。

セントウルSでは直線で少し詰まったので追い出す回数が2回になりました。
あれがなければ勝てたかどうかは微妙ですが、きわどい勝負にはなっていたと思います。
末脚が優秀なのは1000直で証明されていますし、好走条件はいくつかありますが本命にしてもいいかなと思っての本命です。

対抗にはレッドファルクスです。
ビッグアーサーの状態が微妙というのならこの馬とダンスディレクターがやはり能力的にはトップクラスかなと思います。
安田記念でも追い出しが遅くなった事が好走した一つの条件であったとは思ってますが、それでも力がなければ3着までは来てないでしょう。
高松宮記念でも予定通りの直行という訳ではなかったのに3着。
今年は昨年同様、予定通りの直行なのであまり逆らう理由がないかなと思います。

単穴にダンスディレクターです。
せめてもう少し外が伸びてくれれば、とは思っていました。
この馬が勝つとしたら馬群が凝縮して、差し追い込み馬でもあまり不利にならない時なので、そういう意味では内からの抜け出しを想定するラインミーティアと組み合わせて買うのはあまり得策ではないかなという気はします。
ただ、能力はある馬だと思うので、ラインミーティアが来る展開でも2、3着くらいなら十分に可能性はあるかなと思います。
人気も思った程ないですし、ここは単穴評価。

推奨馬にワンスインナムーンです。
内から差してくる想定なので前にいる馬はやはり抑えておきたいです。
その中でも筆頭なのがこの馬かなと。
フィドゥーシアはセントウルSでも触れましたが、思った以上に陣営の評価が低く、今まで自分が思っていたより評価はできなさそう。
ネロは状態が万全ではなかったとはいえ、キーンランドCはちょっと負け過ぎ。
ダイアナヘイローは北九州記念はあまり評価できないな、となると自然とこの馬が浮上します。

抑えにセイウンコウセイです。
この馬も展開的には向く馬の一頭かなとは思います。
ただ、能力的にはレッドファルクス、ダンスディレクターには劣ると思っていてわりと人気してるのでここは抑えまでですね。

入着アリにはファインニードルとメラグラーナにしました。
ファインニードルもセイウンコウセイ同様好位置での競馬ができるはずです。
乗り替わりがマイナスですが、人気もないですしこのラインなら抑えてもいいかなと。

メラグラーナは能力的にはここで勝ってもおかしくはないと思います。
ただ、この馬も馬券に絡むなら外を回す必要があると思うのでそうなると少し厳しいかなと。
レッドファルクスをマークしてひょっこり一緒についてくる事はありそうなので一応このラインで抑えます。

レッツゴードンキは切りました。
ここは単純にラインミーティアが来るならこの馬は来ないと踏んだ為です。
内はある程度は凝縮するはずなので、これても一頭だと思います。
ラインミーティアが来るならレッツゴードンキは来ない、レッツゴードンキが来るならラインミーティアは来ないと見て切ります。

ビッグアーサーはやはり出来が微妙なようです。
能力的にはトップのはずですが、抑えるスペースもないので切ります。

シュウジは今までの敗戦はDDSPという喉の問題だったようです。
それで改善される可能性はありますので抑えても良かったですが、来るなら1着に来る可能性の方が高そうですし、今回は後ろポツンの可能性が高いのでダンスディレクターより外を回りそうです。
それなら抑える必要はないかなと思うので切ります。

最強競馬ブログランキングでは香港馬のブリザードへのコメントがあります。(170位前後)



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*