競馬

2017年 ジャパンカップ 京阪杯 京都2歳S 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパンカップ回覧

ペースはミドルペースですが、若干後半の方が速いスローよりのミドル。
キタサンブラックがレイデオロを封じる為にある程度出していったのが結果的にペースを速くしたといった感じですね。

本命のレイデオロはキタサンブラックがスタートで寄って来たために進路が狭くなり、結果的に後方に下がりました。
んー、レイデオロのスタートは良くないのでポジション取りが巧く行かない可能性はあるかなと思いましたが、実際にそうなってしまったかなというところ。
神戸新聞杯ではそれなりのスタートを決めたので大丈夫かなと思いましたが、駄目でしたね。
それでも道中の進路取りは流石だなとは。
あのまま内にいても内はそこそこ渋滞していたので、直線でのポジションはもっと後ろになっていた可能性が高かったと思います。
内が伸びない事はないといっても外の方が伸びる馬場だったのでまぁ騎乗に文句はないですね。
1コーナーでのポジションが後方過ぎたので、正直3着来れるかどうかと思っていたのでよく持ってきたなというところです。

勝ったシュヴァルグランはレイデオロにいて欲しかったポジションにいました。
今回は素直に先行策を取りましたね。
京都大賞典もあのポジションを取れてたら普通に勝っていたと思います。
キタサンブラックを負かしたのは状態面の差が大きいと思うので京都大賞典からの直行ローテは良かったかなと。

キタサンブラックはまぁこれで負けるならしょうがないですかね。
あえて言うならペースが少し速かったかもしれないというところですが、スタートであの攻防をしなくてもレイデオロに楽をさせるだけで普通に負けていた可能性が高かったと思います。
有馬記念は有終の美という人気があると思うので私はもちろん本命では買いません。(相手には買うと思いますが)
というよりは今のところ私はスワーヴリチャードを本命にする予定です。

めぼしい馬が現在はスワーヴリチャードとアルバートくらいしか見当たりません。
あとほんの少しのサクラアンプールルくらいです。

4着のマカヒキは「うーん、まぁ力の差かなぁ」というところです。
昨年のシュヴァルグランのように少し足りない感じです。
ただ、キタサンブラックがいなくなる来年はそれなりにチャンスだと思うので3歳勢と勝負付けは済んだとは評価したくないですね。

6着のレインボーラインは最後方からだとどうしても厳しいですね。
今回のように前が止まらない馬場だとさらにチャンスは薄かったです。
直線もスムーズではなかったので決して弱い訳ではないんですが、脚質上どうしても狙い辛いですねぇ。

7着のソウルスターリングは掛かっていました。
とはいえ、そこそこ掛かる馬ではあるのでちょっと力は足りないのかなぁと思わざるを得ないですね。
それでもこの着順は十分に立派だと思いますが。
宝塚記念当たりでは人気もないでしょうし、そのあたりは狙うかもしれないですね。

8着のヤマカツエースはあまり伸びない内を通っての着順なのでマカヒキあたりまでとはそう差がないはずです。
この内容だけ見ると有馬記念で狙っていたい気もしますが、秋3戦目となるとどうでしょうか。
少なくともキタサンブラックを逆転するほどの上積みは望めない気がします。

京阪杯回覧

京阪杯はネロが逃げ切り復活Vです。

もともとアイビスSDやセントウルSは出来が微妙というのは言っていたので全くありえない訳ではなかったです。
ただ、セントウルSのテンのスピードがどうも気に入らなかったので能力が落ちたかなという評価をしていまいました。
これは私のミスですね。

しかし、ソルヴェイグ、セイウンコウセイといったあたりが自滅してるのでレースレベルとしては高く評価できないです。
まぁこのへんの自滅は割と考えられたのでもっと思い切って穴を狙うレースでしたね。
ジューヌエコールを本命にしたのはともかく人気ところに流したのは駄目なレースでした。

京都2歳S回覧

武豊騎手は侮ってすいませんm(__)m

ただ、タイムフライヤー、グレイルともにクラシック候補かというとどうですかね。
クラシックに出てくる馬だとは思いますが、ワグネリアン、ヘンリーバローズとは差があるように見えます。
この2頭に割って入るなら、まだジャンダルムの方がチャンスはある気がしますがどうでしょうか。

まとめ

今週はジャパンカップの予想が少し悔いが残ります。
シュヴァルグランとレイデオロはポジションを争う枠だったので2頭をセットで高く評価はできなかったですが、他の馬で狙いたい馬がそう多くはなかったので消去法的に押し上げても良かったかなと思います。
京阪杯はもう少し攻める形に、京都2歳Sはもう少し守る形にしてタイムフライヤーの複勝狙いで良かった気がしますね。
このへんは少し反省が残る週でした。

あとは今日、白菊賞を勝ったリリーノーブルがかなり素質を感じさせる勝ち方を見せましたね。
阪神JFはコーディエライト本命の予定でしたが、ちょっとこれは迷う一頭になりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*