競馬

2017年 ジャパンカップ 予想&能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬場状態は内はそこそこ荒れていますが、その分速い馬場になっているのでかなり前が残る感じです。

レース展開はギニョールが引っ張る可能性が高そうですが、ラストインパクトも前回逃げましたし、ここが逃げる可能性もあるかなと。
キタサンブラックはこの2頭がいかないようなら前に行くという感じでしょうか。
キタサンブラックやギニョールが行くようならスロー、ラストインパクトが行くならミドルペースくらいにはなりそうですかね。

本命はレイデオロにしました。
正直3歳馬の評価はここまで上がって欲しくなかったですが、神戸新聞杯から本命候補筆頭でしたしここは素直に本命にします。
ソウルスターリングとどちらを本命にするか悩みどころではありましたが、ソウルスターリングは天皇賞後に参戦を決めたという事でこちらを本命にします。
もともと操作性はかなり良い馬だったかもしれませんが、ダービーからその傾向が顕著に出ています。
神戸新聞杯では今までのような後方待機ではなく、好位ポジションに付けました。
今回もキタサンブラックの後ろに行ける可能性はそれなりに高く、また内枠でコースロスなく走れるのも今の馬場状態なら有利なはずです。
土曜のサトノアレスでの競馬のイメージでいってくれたらいいなという事で本命。

対抗はソウルスターリングです。
オッズ的な事を考えればこちらが本命でも良かったですが、上記の理由から対抗。
毎日王冠や天皇賞で負けてはいるものの個人的には評価が落ちるものではありませんでした。
そして、今回は待望の良馬場。
今回はそれなりに狙い目と見て対抗にします。

単穴にマカヒキにしました。
不安は能力と鞍上です。
天皇賞では復活気配は見せていましたが、個人的にそこまで高く能力を評価している馬ではありません。
サトノダイヤモンドが落鉄していたから勝てたダービー馬という評価です。
それでもこの世代でトップクラスの力がある事には間違いないです。
若い馬の活躍が目立つ為、ここはマカヒキを高く評価しました。

推奨馬にシュヴァルグランです。
内枠という点を評価しました。
先行できれば評価をもう少し高く評価しても良いですが、京都大賞典でも言ったようにこの馬は少し足りないところを福永騎手が工夫して結果を残してきた馬です。
宝塚記念の先行策の影響で、今回も下手したら京都大賞典のように後ろからになりかねません。
ただ、デムーロ騎手は日本の騎手なのでそこらへんの大人の事情に巻き込まれた可能性はありますが、ボウマン騎手は海外の騎手なのでその影響は少ないと見ます。
乗り変わりはプラスだと思うので推奨馬にします。

抑えにキタサンブラックです。
基本前が有利と見ているので抑えない訳にはいかないです。
あと他に狙いたい馬がいなかったというのもあります。
入着アリに候補は3頭で悩みましたがそれより下に評価するのは微妙かなという事でここは抑え。

入着アリにレインボーラインとサトノクラウンにしました。
レインボーラインは天皇賞秋を評価しました。
ただ、展開面はそこまで向かないと思います。
良くても3着までかなという事でこの評価。

サトノクラウンはデムーロ様なので抑えます。

あとはシャケトラを入れたかったですが、ポジションはサトノクラウンより後ろになり外を回るかなという事で評価を下げました。
印は打ってないですが多分買うと思います。

最強競馬ブログランキングではサウンズオブアースについてコメントしています。

能力評価ランキング

1位:キタサンブラック
能力評価:A+

現役最強と言って差し支えない馬であるのは疑いようはない。
何よりどのレースでもそうだが、追い詰めれてから抜かせない走りが強み。

2位:サトノクラウン
能力評価:A

昨年の香港ヴァーズから充実してきた馬。
今年の古馬路線でNO2はこの馬といってもいいと思う。
それくらいには天皇賞で力は見せた。

3位:レイデオロ
能力評価:A

神戸新聞杯ではかなりパフォーマンスが高いと思った馬でもある。
スワーヴリチャードやペルシアンナイトの活躍を見るともう古馬と戦える力はあるとみてもいいかなと。
春の段階ではソウルスターリングの方が上だったがこちらを上にとる。

4位:ソウルスターリング
能力評価:A

毎日王冠では不甲斐ない面を見せた面はあったものの天皇賞では力はあるところは見せた。
ジャパンカップの走りで最終的にこの評価があってるかどうかが分かると思うが、現状は秋最初の評価から変わらず。

5位:マカヒキ
能力評価:A-

京都記念から少しずつ評価が下がっている馬ではあるが、ダービー馬。
天皇賞ではかなりの復調気配は見せている。
ただ、サトノダイヤモンドより上位に評価できるかというできないので評価はここまで。

6位:サウンズオブアース
能力評価:A-

年齢的な部分で差し引く必要はあるかもしれないが、今までの走りを考えるとA-は評価しないといけないかなと思う。
有馬記念は後方でちょっと厳しい部分はあった。とはいえもう少しやれて欲しかったなという部分はあるので過信はできない。
札幌記念では4着に敗れるものの評価を落とすような内容ではないが、京都大賞典は流石に負け過ぎかとは思う。
暑さが影響したらしいが。

7位:シュヴァルグラン
能力評価:A-

天皇賞2着があるが、宝塚記念や有馬記念をみると上位レベルとは言えないかなというのが正直なところ。
宝塚記念にしても有馬記念にしても福永騎手は”普通に乗ったら上位馬と力差がある”と見た上での騎乗だったはず。
何かしら恵まれればG1制覇もあると思うが、現状は厳しいかなという評価。

8位:レインボーライン
能力評価:A-

昨年の札幌記念から評価している馬ではあるが、天皇賞でもその力は見せてくれた。
シュヴァルグランやサウンズオブアースと力はそんなに変わらない力があるところまで来ているかなという事でこの評価。

9位:シャケトラ
能力評価:A-

宝塚記念4着とあるように実力面はそんなに低くない。
展開次第でG1を取れるだけの力はあると思うが。

10位:ヤマカツエース
能力評価:A-

天皇賞秋でも戴冠のチャンスは十分にある。
ただ、札幌記念は少し物足りない。
仕上がっていない面はあったとしてももう少し上位に来てほしかった。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*