競馬

2017年 シリウスS 有力馬能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の上位馬が何頭か出てるがそのままって気はあまりしない。

有力馬能力評価ランキング

1位:ミツバ
能力評価:B-

G1上位馬との力差はあるが、川崎記念で一緒に走ったコスモカナディアンとはまだ逆転可能かなというレベル。
ケイティブレイブは帝王賞の走りが一番ポテンシャルを発揮できたレースであると思うので、このレースでは着差程度の能力差ではないという見解。
それでもブリリアントSや昨年のシリウスSを見る限りではG3クラスではトップクラスでジャパンカップダートでも掲示板に乗るくらいの実力はありそうだ。

2位:マスクゾロ
能力評価:C+

昨年のシリウスSで斤量差はあったとはいえ、アポロケンタッキーを破っている事は自体は評価したい。
が、長期休み明けとはいえ、トップディーヴォに後れを取ったのは流石にどうかなという。
シリウスS2着馬のピオネロも思った程といった感じなのでこのくらいの評価かな。

3位:モルトベーネ
能力評価:C+

アンタレスSは完勝と言って良い内容だが、ロワジャルダン、ロンドンタウンは決して有利とは言えず、ミツバも後方からの競馬。
G3クラスでは上位争いできる力だと思うが、それ以上の評価は難しい。

4位:ピオネロ
能力評価:C

前走のマーキュリーSでは少し前が詰まるところがありながら2着。
クリノスターオーと斤量差があったにしろこちらを評価しても良いかなと思う。
未だ重賞未勝利だがG3くらいはいつ勝ってもおかしくないはずだが。

5位:マインシャッツ
能力評価:C-

前走阿蘇Sで4着に負けてはいるものの、出遅れ後方からの捲りで届かずといった感じなので少なくともOPクラスで上位の力があると見る。
展開次第では重賞制覇も可能と見てのC-評価。

6位:トップディーヴォ
能力評価:D+

斤量差があったとはいえ、マスクゾロに勝った事は素直に評価しておきたい。
OPに上がってからも全て6着以内とOPクラスでは上位かなと思える。

7位:ドラゴンバローズ
能力評価:D+

1600万条件をようやく勝ち上がった。
その内容は十分に上のクラスでもやれると感じさせるが、薩摩Sではマインシャッツに完敗。
逆転可能な力差であるとは思うが、上には評価できない。

8位:メイショウスミトモ
能力評価:D+

昨年ケイティブレイブを破っているように能力がない訳ではない。
少なくともOPクラスなら上位に来れる力はあるはず。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*