競馬

2017年 クイーンS 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、クイーンSです。
札幌の馬場状態はかなり前が有利といった感じです。
後ろから行くとどうしても厳しくなるでしょう。

これを踏まえて展開予想。
キーとなるのはノットフォーマル、パールコード、アエロリット、アドマイヤリードだと思います。
まずはノットフォーマル。この馬は内枠にパールコードがいます。
パールコードはスタートが良く、好位につけようとする馬です。またノットフォーマルを素直にいかせると位置取りが悪くなる可能性があるのであります。
なのでスタートからある程度は押していくことが予想されます。
そうなると外枠にいるノットフォーマルはそれよりさらに加速しなければ、前に付ける事はできません。
ここで前に行こうとすればある程度はペースは上がるはずです。

ただ、アエロリット、アドマイヤリードが後ろに控えれば後ろの馬もあまり突かないでしょうし、この2頭がどう出るかにもよります。
アエロリットは内にトーセンビクトリーがいるのでその後ろの3列目、アドマイヤリードは外枠で無理に前にいく事はないでしょうし、素直に後ろに控える形ですかね。
となるとミドルペース~若干ハイペースになる可能性が高いかなと。
逃げ馬は全頭ペースは上げたくないでしょうが、ノットフォーマルが主張するとなるとそこまで緩いペースにはならないと思います。

本命はクロコスミアにしました。
ノットフォーマルが主張すれば3番手、主張しなければ2番手になると思います。
ある程度速いペースになると思ってますが、それでも基本的には馬場状態から見ると前有利です。
前走の1000万条件では高速馬場だったとはいえレコード勝ち。
速い馬場状態なら同じように結果は出せる可能性は高いです。
上位馬とはオッズ程の開きはないと思いますし、ここは本命にします。

対抗にはアエロリットです。
走ってみなければ分からないところもありますが、少なくとも秋になればこの馬が能力的には一番抜けてると思っています。
ただ、今回は控える可能性が高いかなと見てます。
前に行きたい馬が多いですし、この馬まで前にいけばペースは速くなるはずです。
横山騎手がどういうレースプランを描いているかは分かりませんが、前にいったらアドマイヤリードが有利になると思ってもおかしくないかなと。
他にも距離を持たせる騎乗も考えてるはずなので何かしら試す可能性はあります。
桜花賞では負けたにせよ、戦える内容ではありました。今後の為に後ろの競馬を考えてもおかしくありません。
そうなると少し危ういかなと思うので対抗にしました。

単穴にアドマイヤリードです。
よほどの事がない限り後ろからになるはずです。
枠も外なので外に回る可能性は高いです。
とはいえ、ルメール騎手なので大外を積極的には回らないでしょうし、前が有利なのも分かっているはずです。
ある程度は馬群を捌いてくると思うので単穴にします。

推奨馬にクインズミラーグロです。
この馬はどう動くか分かりません。前走後ろからになってしまったとはいえ、それで結果が出てきます。
今回もその可能性はあってもおかしくないかなと。
ただ、前にいけば馬群を捌くのにそこまで苦労しないはずですし、展開的には一番向くはずです。

抑えにトーセンビクトリーにしました。
クインズミラーグロが前から行かなければ一番展開が向くのはこの馬のはずです。
ポジションは4~5番手。さらに内を回ってくるので他の馬よりもコースロスがないはずです。
課題は前に3頭いるはずなのでそこをどう捌くか。
仕掛けはワンテンポ遅く仕掛ける可能性が高いので直線入り口までに進路を確保すれば馬券になる可能性は高いかなと思います。

入着アリはヤマカツグレースとパールコード。
ヤマカツグレースはここで力が足りないと思うのですが、前にいく馬である以上抑えます。
パールコードもトーセンビクトリー同様好位につけるはずなので展開は向くと思います。特にノットフォーマルが主張しなければかなり有利になるはずです。まぁその場合はクロコスミアがもっと有利になると思いますけど。

マキシマムドパリは切りました。
マキシマムドパリは高い可能性で後ろからになると思います。外ぶん回しの可能性も高いのでここは切っていきます。

買い方は◎の単、◎→〇~△の馬連。

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲★△→○▲★△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲★
3着 ○▲★△××

1着 ○▲★
2着 ◎
3着 ○▲★△××
(30点)

最強競馬ブログランキングでクイーンSの希望の枠順をちょっとコメントしています。(80位前後)



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*