--スポンサードリンク--
----
競馬

2017年 クイーンS アイビスSD 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レースはアエロリットが引っ張ります。
後続を引き離し、そのまま先頭で押し切っての勝利。
ペースはハイペースよりのミドルペース。とは言っても後続は引き離していたので後続は普通のペースでしょう。
直線では少し後続を引き寄せるも直線で引き離し、このメンバーでは力が違うといったような走りでした。

う~ん、能力評価はあっていましたけど、展開読みがダメダメでしたね。
前目に行く馬ではありますが、逃げるという想定はあまりしていませんでした。もちろん横山騎手ならありえるんですが、これだけ前に行く馬が揃ってる中でいくとは思いにくかったですね。
ちょっと後悔の残る結果です。

2着にはトーセンビクトリー。
内ラチ沿いを走ってほぼ理想的な競馬でした。直線ではシャルールを推しのけていますのでそこだけ福永騎手にしては珍しいなという騎乗です。
展開が向いた面があるので高くは評価できないですが、しっかり立ち回れば馬券に絡んできますね。

3着にはクインズミラーグロ。
この馬は後方待機。
後方待機だとちょっと厳しいかなと見ていたんですが、この馬も内枠の利点を活かして馬群を上手く捌いてきましたね。

基本的には内を上手に回ってきた馬が上位に食い込んできたというレース。

4着にクロコスミア。
この馬はコーナーで内から3頭目を回ったのが痛かったかなと。直線でトーセンビクトリーに出し抜かれた時点で勝負ありです。
内枠を取るかすんなり前を取れないとちょっと厳しいですかね。ちょっと評価を改めて置いた方が良さそうです。

5着にエテルナミノル。
この馬は外枠が響いたかなと。
やはり牝馬重賞でもちょっと足りないといったところです。
とはいえあまり人気にはならないでしょうし、何かしらアドバンテージが取れるところなら狙ってみたいです。

6着にアドマイヤリード。
まぁしょうがないですね。この馬も外枠が響きました。
これで評価が大きく落ちる事はないでしょうが、まぁやはり他の牝馬とどっこいどっこいのレベルかなと。

アエロリットは抜けているという評価はしていたのでやってしまったという感じです。
Twitterでも

こんなことを言ってるのですが、後の祭りです。
秋の活躍に期待します。

アイビスSDはラインミーティアをボロクソにいってすいませんでした。
末脚が強烈なのは分かってましたが、いつも後方からになるのでここでもそれは活きないと見ていました。
まぁこれに関してはラインミーティアを甘く見過ぎた結果です。

2着のフィドゥーシアはスタートのトップスピードが完全にアクティブミノルを上回ってました。
この時点でアクティブミノルとの勝負はありでした。
ラインミーティアに負けたのは一頭抜け出して目標にされた部分もあるので評価を落とす必要はないと思います。

3着のレジーナフォルテは3歳牝馬ならこんなものかなといったところですね。
勝ち切るのは厳しいですが、着内にくる可能性はそれなりに見ていたのでまぁそれなりに妥当な結果かなと思います。

4着のアクティブミノルはフィドゥーシアのところでも言いましたが、フィドゥーシアに先手を取られた時点で勝負ありです。
流石にあそこから差し返す力はありませんでした。

ネロは流石に斤量が響いたといった感じですね。
人気が下がる事はあまりないと思いますが、ちょっと負け過ぎかなという気もします。

まぁこれに関してはしょうがないかなという感じです。
そもそもの見立てが甘かったとしか。
個人的にもあまり回収率が見込める買い目ではないなと思っていたので、納得と言えば納得です。
あえていうならフィドゥーシアの複勝が一番良かったかもしれません。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*