競馬

2017年 キーンランドC 能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道短距離戦は3歳勢が強いという感じはあるが?

能力評価ランキング

1位:シュウジ
能力評価:B-
昨年のスプリンターズS、阪神Cから考えるとこのくらいの評価はしてもいいかなと思う。
前走の函館SSは逃げないと思っていたら逃げてハイペース。結局潰れるという競馬。
どういう戦法でくるか次第かなといったところ。

2位:ソルヴェイグ
能力評価:C+
ヴィクトリアマイルはかなり見どころがあった。
アドマイヤリードがC評価だが、牡馬と戦えるという基準でいくとこちらの方が可能性は高いかなと思う。
フィドゥーシアとの評価差は悩んだが現状はフィドゥーシアの方が上という評価。

3位:ネロ
能力評価:C+

スプリンターズSの6着は驚いた。
力を出し切ればG1でも掲示板に届きそうな力はある。
とはいえ、前走のシルクロードSで見せたような脆い面もあるのでG1ではやはり届かないかなという評価。
アイビスSDはトップ斤量では流石に…といった感じなので評価は落とさず。

4位:モンドキャンノ
能力評価:C

近走は大負けが続いているが少なくとも夏の重賞路線なら勝負になる力はあると見る。
1200Mに戻る今回は目途が立つはず。

5位:ナックビーナス
能力評価:C-

高松宮記念ではそこそこ評価していた馬。
とはいえ、オーシャンSは今振り返るとそこまで強いメンバーではなかった。
オーシャンSくらい条件が向けば重賞制覇もあるという事でC-。

6位:エポワス
能力評価;C-

映像では確認できなかったが前走は体をかなりぶつけられてリズムを崩した様子。
見限るのはちょっと早いかなといったところ。
洋芝での成績が良いのでここでもなんとかなる可能性はある。

7位:ブランボヌール
能力評価:C-

近走の負けがどうにもこうにもといった感じでこの評価も甘いのかなという気はする。
とはいえ昨年の覇者である事は確かなので一回使って変わればあるいは。

8位:ノボバカラ
能力評価:C-

前走はポツン走法だったといえ、初芝上がり最速。
芝でも十分に見込みがある事は示したと思う。
未知な部分もあるが現状は重賞でも戦えると見る。

9位:ヒルノデイバロー
能力評価:D+

この馬の評価は難しい。
少なくとも京王杯SCは逃げてさらに伸びにくい内を回ってきて4着にきたのは評価しないといけない。
とはいえ、このメンバーでも若干能力は落ちるようには感じる。
ノボバカラと差のないD+という評価にした。

10位:イッテツ
能力評価:D+

前走の斤量的にもエポワスの走らなかった理由にしてもエポワスより高く評価はできない。
前前走でもエポワスには負けています。
重賞クラスまでは…という評価。

11位:メイソンジュニア
能力評価:D

脚質的には評価したいが、NZTもファルコンSも勝ち競馬に近い形なのでそこから勝ち切れないのはやはり一段落ちるかなと。
CBC賞を見ても古馬と戦うのは少し苦しいように見える。
一応D評価としたが、条件馬クラスでもいいかなという気はする。

12位:フミノムーン
能力評価:D

OP戦を勝ってきているが、メンバー的には条件戦よりちょっとメンバーが高い?くらい。
前走は差されながらも差し返す強い内容ではあったが、重賞では少し厳しいかな?というところ。

13位:ライトフェアリー
能力評価;E

条件馬であり、その条件戦でも特段目立ったところもないのでこの評価にせざるを得ない。
1600万条件くらいは勝ち上がりそうではあるが…。

キーンランドCの注目馬は[最強]競馬ブログランキングへ
(120位前後にあります)



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*