競馬

2017年 オールカマー 有力馬能力評価ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

混戦ムードな気はするが、どうだろうね。

有力馬能力評価ランキング

1位:ステファノス
能力評価:A-

大阪杯2着、天皇賞2着を考えればG1タイトルは戴冠してもおかしくない。
常に上位争いができる存在かというとそうでもなく、やはり何かしらの恩恵がないと厳しいと見る為A-。

2位:ルージュバック
能力評価:A-

ヴィクトリアマイルで負けてはいるもののやはり基本的な能力評価は高くなる。
マイルは若干距離が合わなかっただけとしか。
昨年の毎日王冠で優勝したようにステファノス、アンビシャスあたりとは遜色ない。

3位:アルバート
能力評価:A-

少なくとも長距離路線ならG1に届いておかしくはない。
有馬記念など強豪が集まるレースでも十分に上位は争えるはず。
今回の場合は距離の問題か。

4位:タンタアレグリア
能力評価:A-

AJCCでゼーヴィントを破った事は素直に評価したい。
少なくともゼーヴィントはG1でもそこそこ活躍できる馬だと思っている。
あとはどれだけ順調にいけるか。

5位:モンドインテロ
能力評価:B

前走の札幌日経OPは一頭だけ地力が違った。
もともと日経新春杯やステイヤーズSでそこそこの走りをしてるのでG2クラスなら戴冠してもおかしくないはず。

6位:ディサイファ
能力評価:B

昨年のマイルチャンピオンシップは明らかな不利があった。
最近の成績が悪いのは確かだが、チャレンジカップは斤量も問題もあり、大阪杯はメンバーが強い。
安田記念は残り200Mあたりからは追っていない。前走も本気で走っていなかったようで今回からシャドロールを付ける様子。
これで変われば上位進出もあるが…。

7位:ツクバアズマオー
能力評価:B-

G2メンバーなら十分に勝ち負けはできるレベル。
G1だともう少し成長が欲しい。
日経賞は距離が苦しかった、中山記念はメンバーが強かったのが敗因であると思われる。
函館記念は馬場が敗因だった様子。前走は他馬との接触が響いたよう。
ただ、ちょっと大きな負けが続いてるので評価は一段下げ。

8位:デニムアンドルビー
能力評価:B-

長期休養明けからはパッとしないが、宝塚記念くらい走れば、このくらいの力はあるはず。
鳴尾記念も脚質上しょうがないといえ、後ろからではしょうがない。
ある程度復調の兆しはあるように見えるが…。

9位:マイネルミラノ
能力評価:C+

周りの馬に脚を使わせばという条件付きにはなるが、G2でも馬券に絡む可能性は十分にある。
ただ、勝つまではどうかというところで評価はC+。
前回や前々回で評価を下げるような事はない。

10位:ブラックバゴ
能力評価:C

3歳の時にはクラシックでもそこそこ期待されてはいた馬。
ようやく条件戦を脱出。
とはいえ、特段際立った部分もなかったので良くてG3クラスかなというところ。

11位:カフジプリンス
能力評価:C

日経新春杯、神戸新聞杯と掲示板に乗ってはいるもののG2クラスだと壁を感じる。
新潟記念を見る限りでもこのクラスが精一杯かなと。
G3クラスで常に勝ち負けできるレベルかというとそうとも言えないので評価はC。



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*