競馬

2017年 エリザベス女王杯 福島記念 デイリー杯2歳S 武蔵野S 回覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エリザベス女王杯はスタートで終わりました。
ただ、これは正直私の予想ミスですね。

ルージュバックはオールカマーこそスタートは良かったのでそのままスムーズに位置取りを取れましたが、基本的にはある程度押して好位に付ける馬です。
ムーア騎手はそのあたりの把握が甘かったように見えます。
スタートが良くなかったのは事実ですが、エテルナミノルの後ろにはせめて付けて欲しかったです。
ミッキークイーンの横にいながら4コーナーではミッキークイーンの後ろにいたのでもうどうしようもなかったですね。
多分スタートがまともでもヴィブロスの後ろに付ける事はなかったんじゃないかと思えるような騎乗だったので、このあたりは乗り代わりで馬の特徴を把握してないリスクを考えておくべきでした。

勝ったのはモズカッチャンでこれはほぼ理想的な競馬です。
5番手あたりにしっかり付けたのを見てこれはまぁ馬券に絡むだろうなと思うようなレース振り。
枠順の利があったにしろやはり3歳牝馬の2番手はこの馬かなと思える内容でした。

2着はクロコスミア。
逃げられなかったのは予想外でしたが、それでも2着に踏ん張ります。
昨年のプリメラアスール同様、展開が向いた事は確かですがこちらは評価して良いかなと。

3着のミッキークイーンは侮ってごめんさない。
位置取りは10番手付近と少し後ろでした。
ただ、直線では外側で伸び始める馬場のところを通って3着まで食い込みます。
もう一列前に入れば普通に勝っていたと思いますが、もう一列前に付けた時に果たしてあの進路を取れたかというと疑問なので枠に泣いたかなとは思います。

4着のマキシマムドパリはまぁこのくらいの実力はあるかなといったところ。
前目に付けた事が好走の要因の一つである事は間違いないですが、例年並みのメンバーなら勝ってもおかしくないくらいの実力がある馬とは思っていたので特に驚く事はないですかね。
前残りの競馬で評価されないようなら次回狙ってみたいです。

5着のヴィブロスは好位につけましたが掛かってしまいます。
また、直線の進路選択もそこはちょっと伸びるのが難しいんじゃないかなという進路でした。
そのあたりは6着のスマートレイアーや4着のマキシマムドパリもそうなんですがそうなると前が残りやすい状態ではあったかなと。

結局、逃げ&内差し&好位から外差しで決まった訳ですが、ルージュバックが的外れ過ぎたので惜しくもなんともないという結果です。

続いて福島記念。
本命のジョルジュサンクはレース前除外で私のレースは終わりました。

レースはウインブライトがスムーズに外に出して差し切り勝ちです。
G1ではもう少し成長が欲しいですが、G3クラスなら上位争いはしてくるでしょう。

2着のスズカデヴィアス、3着のヒストリカル、5着のショウナンバッハもこのクラスなら実力は上位かなというような面子ですね。
マイネルディーンが突っ込んできたように今の福島が差し傾向だったのも向いたと思いますが、この着順は着順通りに評価して良いかなと思います。

15着に大敗したサンマルティンはこんなもんかと言われればこんなもんかですかね。
もともと小倉記念前はそこまで高い評価ができない馬だと思っていましたが、小倉記念で評価を上げました。
大外枠が響いたのもあるとは思いますが、上位陣のほとんどが外を差してきたのでそこまで枠の不利はなかったように思います。
それもあって対抗評価にしましたが、まぁちょっと負け過ぎですね。

デイリー杯2歳Sは対抗のロードイヒラニが出遅れ、単穴のメガリージョンが競争中止でこれは死ねると思いましたが、ジャンダルムとカツジで決まってくれたおかげで耐えました。

ジャンダルムは前評判通り素質はやはり高いかなと。
そこまで悪い競馬ではなかったフロンティアを相手にしなかったので少なくともフロンティアよりは高い能力を持ってると思っていいはずです。

2着のカツジもジャンダルムには及びませんがこちらはフロンティアと違って逆転可能かなと思います。
スタートはそこまでいい方ではない感じですが、スタートからの加速は良いので位置取りには困ら無さそうです。
追い出してからの加速も新馬戦とこのレース、両方とも優秀なので位置取り次第では逆転できるかなと。

3着のケイアイノーテックはフロンティアと比べても直線に入ってからの加速力が見劣っていました。
これが休み明けの分なのか、もともとの脚質なのかは分かりませんがもともとの脚質だとこれから苦労しそうだなとは。
能力的には上位2頭と逆転可能だとは思いますが、もう少し距離が欲しいですかね。

4着のフロンティアはこんなもんかなと。
弱い馬ではないと思いますが、クラシック路線で活躍できるかというとやはりちょっと微妙ですかね。

あと対抗にしたロードイヒラニは鋭い脚が使えるわけではないので出遅れた時点で終了です。
次回も狙ってみたい一頭ではありますかね。

武蔵野Sは想定していた決着と全く逆となりました。

そんな中ノンコノユメがようやく復調気配を見せてきたようです。
うるさい面が戻ってきたというのが良い面が出てきたようですね。
位置取りの差があったとはいえ、カフジテイクを抑えたのは評価したいです。

チャンピンズカップが楽しみになりました。

そして、◎の回収率はそろそろレーヌミノル貯金がなくなります。
まぁ今年は20倍以上の大きい単勝を一回しか取ってないので仕方ない面もあるんですけどね。

とはいえ、昨年に比べて穴狙いの選択が弱くなってる気もするのでちょっと狙い方にブレも出てきているかもしれません。
何とか修正していきたいですねー。

2017年回収率


※3連系は7月23日から集計

3連系の回収率用仮想シミュレーションは
■3連複
【フォーメーション】
◎→○▲☆△→○▲☆△××
(14点)
■3連単
【フォーメーション】
1着 ◎
2着 ○▲☆
3着 ○▲☆△××

1着 ○▲☆
2着 ◎
3着 ○▲☆△××
(30点)

詳しい成績や回収率が100%超えた経緯の記事はこちら



–スポンサードリンク–




コメントを残す

*